時つ風、バンギャルもゆる夏のバグサミ

8月9日の話。

同じ週に2回もフェスがあるというのは、なかなか厳しいもので、しかもお盆休み前ともなると仕事の調整をする為に簡単には休めない。更に月始めにもライブ遠征で有休取ったばかりとなると余計だ。

なので「渋谷が大変 2019」も行きたかったが、午後休取ってそのまま夏休みに突入出来る「バグサミ」に行くことにした。朝からやらず午後からスタートというのも良心的というか、ヴィジュアル系的というか、

もっとみる

【「黒夢」――それは「真面目すぎる哀しい歴史」】

僕は、市川哲史氏をリスペクトしている。
 それも「既成のプログレ概念を壊す市川哲史」よりも、「V系の理解者にして魅力を解説する翻訳者としての市川哲史」を、だ。実はプログレよりそっちを先に知った僕である。プログレ市川しか知らない人、これわかんないと、てっしー理解できないよーホントに。
 その市川も、ほとんどがV系メインストリームというか、「Xを起点とした流れ」を語っている。そりゃあ多くの人に伝播する

もっとみる

「生きることから逃げないために、あの日、僕らは「生きる意味」を叫んでいた。ライブ演劇集団「生き逃げ」が「囚人博覧会」を開催!!

演劇を軸に据えながらも活動の拠点をライブハウスに置けば、オケ+生演奏というスタイルも組み込み、ミュージカルとは異なる劇中ライブも差し挟む表現姿勢を見せてゆくライブ演劇集団「生き逃げ」こと「生きることから逃げないために、あの日僕らは逃げ出した」。
7月19日(金)、彼らが主戦場としている新宿Live Freakを舞台に、「第一回囚人博覧会〜パンツぐらい履こうぜ、とりあえず〜」を行った。今回は演劇要

もっとみる

「奇跡の40歳」ことPsycho le CémuのYURAサマ、中年(40歳)を目前にして初のソロアルバム『Colorful Life♪』を発売!!。YURAサマ、なんて情けないくらい”いい人”なの?!

昭和の時代ならまだしも、音楽をライフワーク/ライスワークにしていくのも今や珍しいことではない。むしろ、大人になんか理解出来るかと叫んでいた連中が、今や、壮年どころか熟年に差しかかっている時代である。Psycho le Cémuのメンバーとして、麗しき姿でシーンに躍り出たYURAサマも、今年の9月12日で40歳を迎えようとしている。一般的な世の中の視点で捉えたら、立派な「中年」だ。でも、みずから「奇

もっとみる
ありがとうございます。引き続き、よろしくお願い致します。
1

ヴィジュアル系インサイドセールスが行く、イベントレポート【7/24SaaSway】

7月24日に虎ノ門ヒルズで開催された、SaaSwayカンファレンスに参加してきました!今回は、当日の様子をお伝えできればと思います!

まず来場者の多さに驚きました。総勢1300名程の方が参加されたそうです。

「Saas」に対する注目度の高さを感じます。現地は活気に満ち溢れておりました。

華やかなブーススペース

採用メッセージボード

食事も盛りだくさん!

超満員のセッション!

もっとみる

「噫無情」のアンサーソング

また、バンギャ(ヴィジュアル系バンド好きの事)
を発揮しにきました。

怪人二十面奏の「噫無情」のアンサーソングです。
前は返歌なのか、返詩なのか悩んでいたのですが。

ネット上に歌詞が見つからなかったので、
元の歌が貼れませんが…。
あくまで、二次創作のカテゴリだと理解してくださると幸いです。

「噫無情」

夢を見てたわ 貴方の夢を
手を伸ばしておいでって
でもね私は触られ無くて
悲しくて目が

もっとみる

新世紀えぴっくすたぁネ申、令和最初の夏を席巻するサマーチューン「ぼくのなつやすみRPG」をリリース!!この夏1番のサマーチューンをお届け!

毎月20本弱のライブを精力的に行い続けている新世紀えぴっくすたぁネ申。そんな彼らが新たな夏の定番曲になる新曲「ぼくのなつやすみRPG」をリリース!!

チープスリルなイントロが、気持ちをわくわく掻き立てる。そこへ気持ちを熱く高ぶらせるギターの音が重なると同時に、楽曲は熱い衝動を胸に一気に駆けだした。何かが起きそうな、いや、何かを起こしてやろうとするメンバーたちの熱い意気込みが歌声から沸きだす。おも

もっとみる

僕らの居場所はここにある。コドモドラゴン、47都道府県ツアーのファイナル公演の地、マイナビBLITZ赤坂をSold Out!!。新たなリリースやツアーも発表。次は年明けのTSUTAYA O-EAST!!

アルバム『テグラマグラ』を手に3月よりスタートした通算2回目となるコドモドラゴン47都道府県 Oneman Tour「ヘッドバンギング」。同ツアーのファイナル公演を、7月27日(土)にマイナビBLITZ赤坂で行った。赤坂BLITZは、コドモドラゴンにとって縁(因縁?)の深い場所。2014年11月に初めてワンマン公演で立ったときは、会場の規模にバンドの器が追いつかず悔しい思いも。そのリベンジ公演とし

もっとみる

アラフォーからのヴィジュアル系21 <バンギャル、曲も聴いてるよ!!>

<6月7月のわたし>

6月は、ライブも多く、なぜか「もうやらない」と言っていたはずの遠征をし(いや、京都にお参りに行ったついでに大阪遠征したの!ついでなの!友だちにも会いたかったし!)、インストだのトークイベントだの盛りだくさんでして。。。
いやあバンギャル楽しいなあ!!!

7月はちょっと抑え気味に、2マンライブ、トークイベント(前にも行った「最近のV系を語る会」に行ってきたよ!楽しかった!)

もっとみる

ヴィジュアル系インサイドセールスが書く「ホッとする」ノート:泥だらけの就職活動〜壱〜

このnoteは、2019年7月23日に配信した「ホットリンクのメルマガ」のバックナンバーです。メルマガ講読フォームはこちらhttps://service.hottolink.co.jp/mailmag/

こんにちは。ホットリンクのインサイドセールス担当、堤です。

今回は就職活動についてお話しします。

就職という多くの人が通る道。そこにはそれぞれのドラマがあると思います。

みなさんには、ど

もっとみる