下半身強化

下半身強化【スクワット】

鍛えられる部位は下半身です!
下半身でも今回はもも裏やお尻に
効かせるようなスクワットを行いました♪

①足幅は肩幅に開き、つま先はやや外に向けます。

②↑のポジションから少しかかとに体重を乗せながら下に沈んでいきます。

注意点は頭からお尻までが1直線になるようしっかり胸を張りお腹を締めます!

簡単なようで奥が深いスクワットです。足の幅を変えるだけで効かせるポイントが変わります⭐️ 美脚、

もっとみる

みんなで一緒にうんこ座り

こんばんは!店長伊藤です。

店長業務もしつつ研究員としての勉強の時間もなんとか見つけております!

自分でも言うのもなんですが、結構な読書好きでして…(身になってるかはさておき)

蔵書はいま数えましたら(電子書籍派です)

「2716冊」ありましたwww

結構読めてない本も多いのですが、次から次へと読みたい本が出てくるものだからつい買ってしまうんですよね。。

もっぱら今はこちら!

AV男

もっとみる

高重量を扱うためのスクワットメソッド〜腹圧を制して高重量を制する〜

過去2つのnote記事にて『踏み圧』と『担ぎ』についてまとめさせていただきました。 

ご購読いただいた方より『踏み圧』を意識することで地面を踏みしめる力が安定する。

『担ぎ』を意識することでバーベルを無駄な力を必要とせずラックから持ち上げることができる。

というのを体感できた。というお声をいただきとても嬉しく思います^ ^

そして今回の記事は『腹圧』です。正確に書くと『腹腔内圧』です。これ

もっとみる

気になるお尻太ももを引き締める4日間プログラム

お尻と太ももの境目が・・・

お尻が垂れてきたような・・・

太ももがたるんできたような・・・

でも、なかなかダイエットやエクササイズに取り組めない

そんなあなたのために、1日1エクササイズ4日間なら続けれそうだと思いませんか?

4日間だけでも頑張って最初の1歩を踏み出してみましょう!

さぁ1日目!

回数は自分の体力に合わせて、4日間続けれるように取り組んでみましょう!

2日目

ここ

もっとみる

30代からの下半身の体型くずれを解消!

30代から下半身の崩れを気にする女性も多いです

崩れてきた下半身を引き締めるためのエクササイズ

もっとみる

きんぴらのがんばらない教室~筋トレしたよ編~

今日も残業。

午前様回避。

さっそく下半身筋トレメニューこなす。

もちろん、ネコさまあいさつがさきに。

「フロントスクワット ノンウェイト10キロバー20回

 シングルレッグデッドリフト ノンウェイト10キロバー8回

以上をアップにして

フロントスクワット 12.5キロ  15回

          25キロ    10回

レスト3分

初めてやるのもあって軽めから。バランス取る

もっとみる

高重量を扱うためのスクワットメソッド〜グリップと担ぎ〜

前回の記事では踏み圧を意識した床からの反発を最大限に活かすために大切なポイントをご紹介しました。簡単に言うと身体を脚で支えて立つためのポイント(地面との接点と方向)をまとめた内容になっています。

今回はその脚で発生させた力をバーベルに伝える為にはどうすれば良いのか⁉︎というバーベルと身体の接点ついてのポイントを記事にまとめていきたいと思います💡

バーベルの芯を捉えることが重要。

ゴルフやサ

もっとみる

高重量を扱うためのスクワットメソッド〜踏み圧と床反力〜

スクワットとイメージすると『脚力』のイメージがとても強いと思います。その為に脚で地面を押すということを考える人がとても多いです。

これ自体は全く間違えはなく正解です。
しかし、高重量を扱う為にいかに楽をするかを突き詰めていくこともとても重要でスクワットを単純に強くするだけを考えれば筋量を増やし、筋肉の発揮できる力を増やすことでスクワットの扱う重量が増えていくでしょう。
しかし、パワーリフティング

もっとみる

パワーリフティング初心者の為のスクワットメソッド〜正しくスクワットをする為に〜

スクワットとは[squat=しゃがむ]
トレーニング動作になるとしゃがんだ後に立ち上がる『立つ』というところに目が行きがちだがしゃがむという動作を適切に行うことで適切な立つという動作を行えるのである。
パワーリフティング競技もしゃがんで立つことで成功となる。その際に膝よりも股関節が下がるところまで深くしゃがまなくてはならないというルールがあります。

今回は初心者にありがちなうまくいかないパターン

もっとみる