肩こり・腰痛 職場の解消策 ストレッチで血行良く

#COMEMO #NIKKEI

via
…働く人の肩凝りや腰痛の最大の原因は長時間のパソコン作業だ。「同じ姿勢を続けていると血流が滞り、乳酸などの疲労物質が滞留して凝りや倦怠(けんたい)感を引き起こす。血流量を促進するのが改善策」。日本筋力トレーニング推進協会(横浜市)の佐藤健一代表理事は指摘する。

まず猫背を改善するストレッチを教えてもらった。椅子に浅く座って背筋を伸ばし、小さく「前ならえ」

もっとみる

自律神経の乱れは自分で改善!簡単にできる!セルフケア!

こんにちは!

健康デザイナー さわむーこと澤村凌平です!

今回の記事では『自律神経の乱れ』について書いていきます!

皆さん1度は聞いたことがある自律神経。
どのような役割を果たしているかご存知ですか?

自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経の2種類があります

もっとみる

私はこうして出版することになった! 出版後記その3 ついに完成、目指せ30万部!

原稿執筆で息つく間もなく、早く提出した原稿のデザインが上がってきました。ここからは校正に入ります。

誤字脱字の修正、「です・ます」を整える、わかりやすい表現に改める、といった作業ですが、やってみるとこれらは比較的簡単というか気づきやすいのです。読んで違和感があるからです。

一番やっかいなのは表記ゆれの統一です。

例えば「ひざ」「膝」「ヒザ」を「ひざ」に、「行う」「行なう」「実行する」を「行う

もっとみる

私はこうして出版することになった! 出版後記その2 原稿制作

2月初め、出版決定後、初の打ち合わせでした。なにしろ出版は初めてで知らないことが盛り沢山です。大まかなスケジュールを教えて頂きました。最短で7月に発売できたら理想、ということでした。

2月 台割り作成
3月 ラフ作成
4月 原稿作成 + 写真撮影
5月 原稿作成
6月 校正

まずやることは「台割り」の作成です。台割りは、全160ページの内容を項目だけ一覧表にしたとりあえずの目次です。全体の流れ

もっとみる

ダンベル1話の「BCAAを摂取すると筋肉痛が軽減される」は本当か?

皆さんは『ダンベル何キロ持てる?』見てますか?私は最近1話を見ました。個人的には、筋トレの話はしてほしいけど、紗倉ひびきちゃんには今の体型のままでいてほしいという複雑な気持ちで見ています。

そんな私の趣味思考の話はともかく、気になったのはこのシーン

「体が重い…。こりゃ明日は筋肉痛だなぁ…。」
「初めてなんだから仕方ないわ。次回から
トレーニング前にBCAAを摂取すると筋肉痛が軽減されるわよ。

もっとみる

けんこうノート3/1000:腰痛に効くストレッチの方法

私、20年くらいずっと腰痛に悩まされてきました。腰痛のきっかけはおそらく右膝の半月板損傷。怪我をかばってバランスを崩してカラダのいろんなところにテンションがかかり、結果トリガーが腰に出てきていました。

ただ、ここ数年で腰痛は劇的に改善。1番の理由はストレッチです。

マッサージ、鍼、整体など、様々な治療を試しました。もちろん痛みに効果はあるのですが、ストレッチにかなうものはありませんでした。

もっとみる

開脚180度への道

まだ始めて間もないのだけど、いま「1000日チャレンジ」というのをやっていまして。

その中のひとつが、「1000日開脚180度チャレンジ」なわけです。

とにかく、昔からカラダが固かったワタクシ。

上半身(肩甲骨や肩)はわりと柔らかく、たとえば右手を一周させて右耳を掴む、とか、普通にできた。

ん? わからない?

ええと、右手を上に上げて、後頭部の方から腕を回して左耳は掴めますよね? それを

もっとみる
ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
64

ストレッチと柔軟性にまつわる3つの誤解とは?~神尾健太の15分プチ講座~

『ストレッチをするとトレーニング効率が上がる!』

『ストレッチをすると翌日の疲労が回復する!』

『体は柔らかい方が絶対にいい!』

果たしてこれらストレッチや柔軟性にまつわる、よく知られた情報は正真正銘の事実なのでしょうか?

そうとも言えない事実を、きちんとした根拠を基に詳しく解説しています。

[この講座がオススメな人]

➤現在習慣的にストレッチをしている人
➤トレーニング前に入念なスト

もっとみる

2-4 回診で緊張、リハビリでほっこり

リアル白い巨塔

大学病院といえば、「回診」がつきものだ。教授を先頭に20名くらいの大所帯で病棟内の患者のベッドを回り、問診をしていくあの、白い巨塔のシーンを思い浮かべてほしい。

ちなみに、教授が率いているのは同じ診療科の医師、研修医、医学部生なのでこんなに威圧感のあるオジサマ達が来るわけではない。とはいえ、ベッドをぐるりを囲まれると、それなりの圧迫感はある。

学生たちへの無言のエール

私が

もっとみる