両立支援

"仕事と家庭の両立"ガイドブックを作りました

こんにちは。ワーキングマザーの「健康で幸せな両立」を目指して活動している、あやこです。

今までオンライン・オフラインの両方で両立座談会などを企画してきましたが、私が復職後にも継続的にワーキングマザーや育休中ママの両立をサポートするために、"仕事と家庭の両立"ガイドブックを作りました。

“仕事と家庭の両立”ガイドブックとは?

育休中の復職準備や復職後の両立に役立つ、先輩ママのノウハウを濃縮した

もっとみる

京都お役立ち情報③ 子連れ参加できる講座・学び・コミュニティ

京都で子連れまたはオンライン参加可能な講座・学び・コミュニティについてまとめました。

【行政講座】

①京都市男女共同参画センター ウイングス京都(四条烏丸)

・復職準備イベントが年数回開催される。

・託児(1回1000円)して参加できる運動講座もあり。

②女性活躍拠点 ウィメンズベース(烏丸御池)

・「イベントカレンダー」に女性活躍系の各種イベントがまとめられている。

【民間講座】

もっとみる

「ワーママや育休中ママが求めるサードプレイスとは?」アンケート結果

皆さんは、職場と家庭以外にサードプレイスを持っているでしょうか?

私は、第一子出産〜復職後は育児・家事・仕事に追われ、サードプレイスをほとんど持てず、孤独な気持ちで過ごしていました。

そこで、今回の第二子の育休では、サードプレイスを持つことを意識して過ごしています。

孤独になりがちなワーママや育休中ママにとって、職場でも家庭でもない場所を持つことが必要ではないか?と考え、私が所属している複数

もっとみる

リケジョの両立座談会(in京都)を開催しました

6/30(日)に京都にて"リケジョの両立座談会 キックオフ"を開催しました。

京都近郊に住む理系職の女性9名(と夫1名)が集まり、仕事と家庭におけるモヤモヤを書き出し、現状や解決策について話し合いました。

1. 仕事のモヤモヤ

課題① 時間がない!

・実験に時間がかかり、限られた時間に終わらない。

・実験や会社にある機械を使った業務が多いため、在宅勤務制度があっても使えない。在宅勤務制度

もっとみる

ワーママの「健康で幸せな両立」は可能?④自分のごきげんを保つ

こんにちは。共働き家庭の"健康で幸せな両立"を応援したい、あやこです。

皆さんは、子供や夫にイライラしてしまうことはありますか?私も子供がイヤイヤ期に入った2歳前後から急にイライラすらことが増えて悩みました。

イライラ事例(対 子供)

・保育園に行く前、朝食時にコップに手が当たってお茶がこぼれてしまう。

・食事をダラダラ食べて1時間近くかかる。自分1人で食べられるはずなのに、食べさせてもら

もっとみる

京都お役立ち情報②家事代行・託児

こんにちは。共働き家庭の”健康で幸せな両立”を応援したい、あやこです。

皆さんは家事代行や託児サービスを利用したことはありますか?

私は一人目の育休中は、一度も家事代行や託児サービスを利用しませんでした。その存在は知っていたものの、育休中ということもあり家事代行にお金を払うより自分でやろうと思い、子供がお昼寝中やご機嫌な時に家事をしていました。

しかし、復職後は子供の病気が続き、私も子供の看

もっとみる

京都お役立ち情報①食材宅配

こんにちは。皆さんは食材宅配サービスを活用していますか?

私は復職当初は赤ちゃんをベビーカーに乗せて近所のスーパーに平日1回と週末1回、買い物に行っていました。

しかし、悪天候や赤ちゃんの病気時など、自分の行きたいタイミングでスーパーに行けなかったり、子供が大人しくベビーカーに乗ってくれなくなったりして買い物が大変になり、食材宅配を検討し始めました。

口コミも参考にしたいと思い、インターネッ

もっとみる

「家庭に仕事を持ち込む」「仕事に家庭を持ち込む」

家庭に仕事を持ち込む

リモート社労士に10連休は関係なく、普段できない長期スパンや優先順位が低めな仕事に取り組んでいます。

とはいえ、1日のうち数時間ですが。

しかし、家庭に仕事を持ち込んでいるので、肩身が狭く。(ビジュアル的や音量的に家の人の休みモードを阻害する)

ゆえに、子ども部屋に引きこもっておりました。

とはいえ、我が家はそれなりに子どもが成長しているからまだ良いのですが。たとえ

もっとみる

ワーママの「健康で幸せな両立」は可能? ③ 仕事と家庭以外に2つ以上の居場所を持つ

こんにちは。「仕事と家庭の両立研究者」のあやこです。

皆さんは「仕事と家庭の両立」にどんなイメージを持っているでしょうか?

家電やアウトソースを活用しつつ、限られた時間で「仕事」と「家庭」(家事・育児)をいかに効率的に回すか?ということでしょうか。

しかし、私はワーママが健康で幸せな両立をしていくには、仕事と家庭の最適化だけでは不十分だと考えています。

仕事では、時間に制約があり子供の病気

もっとみる

ワーママが"人生のMISSION"を見つけるまで

こんにちは。「仕事と家庭の両立研究者」のあやこです。

ワーママとして仕事と家庭を両立していく中で、私は「子供を保育園に預けて働くからには、意義のある仕事がしたい」と願うようになりました。

そして、「何のために働くのか?」「私が社会に提供したい(提供できる)ことは?」と自問するようになりました。

就職して会社員となり、結婚して妻となり、更に子供が生まれ母となり、次々と役割が増えていく中、気付け

もっとみる