女子必見?!の台北ガイドブック全部見せます。

●『女子旅・台湾』は、弾丸旅行?のんびり旅行?グルメ三昧?



近代的なビルの立ち並ぶ都市空間を感じる「台北エリア」。レトロ空間がとても魅力的な「台中エリア」。

そして「台南エリア」は台湾の中でも歴史が長い事から、孔子廟やそのほか清朝時代の建物、日清戦争後の日本の統治時代に建造されたデパートなど、そして近代的な建物と様々な時代の建築物が重なり合っているエリアです。

そんな台湾の位置は、アジ

もっとみる

2泊3日家族台北旅行

こんにちは。やよいです。

留学前に家族で台北に行ってきました。家族で海外に行くのはこれが3回目です。1回目が北京で、2回目がソウル、3回目が台北と、行先はいつも3日間で回れる場所です。

台北は、楽しかった!!MIT(=Made in Taiwan)雑貨を買って、お茶っ葉を買って、美味しいものを食べて、九份や故宮観光もしました。

今回は、楽しかったお気に入りスポットを3つ紹介します!

まずは

もっとみる

台湾へFlyAway!

こんばんは!今日のメッセージテーマは「私のまわりのビッグニュース!」
たくさんメッセージありがとうございました!
偶然にも本日、私にとって…いやカーナビラジオにとっても、
ビッグニュースがついに発表されました。

『カーナビラジオ大忘年会ツアーIn台湾』 実施決定!
毎年実施させていただいていますカーナビツアー、
なんと今回は、海外!台湾!パスポート!FlyAway!
12月6日(金)~9日(月)

もっとみる

きり旅 弾丸台湾その2

きり旅 弾丸台湾編 今回で完結です。

今回もいつものように、 その1 があります。
まだ読んでない方はその1から読んでくださいね。

さて、その2はサクッといきたいところです。
台湾の話を完結させないと、
他に書きたいことが書き始められないのでね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2日目、少し寝すぎてしまって彼女の機嫌を損ねてしまいましたが、
チェックアウトをして向かった先は
ホテルから

もっとみる

きり旅 弾丸台湾1

おはようございます。

早速ですが、いよいよ今回で「きり旅」が海外進出いたしました。
まずは無事に何事もなく今回も旅を終えられたことに感謝です。

海外進出といっても、お隣「台湾」ではありますが。

しかし、台湾にはいろんな思入れがありまして、、

実は今回で台湾に訪れるのはかれこれ、
7回目?8回目? になります。

台湾には以前にしていた仕事で毎月のように訪れていました、
それ以来となるわけで

もっとみる

台湾縦断3泊4日(5) 台湾大学社会科学院図書館見学と九份の夜景 (Taipei, 2019.5)

□Day1(Thu.) NRT発→桃園空港→台南
□Day2(Fri.) 台南→台中
■Day3(Sat.) 台中→九份→台北(本記事)
□Day4(Sun.) 台北→桃園空港→NRT着

この旅の動画はこちらからご覧ください。

午後から台北・九份へ移動。どうしても見たかった、伊東豊雄設計の台湾大学社会科学院の図書館を見てから、九份へ移動。九份の人混みは想像以上だった。

美しき台湾大学社会科学

もっとみる

九份と十份。ふたつの老街を訪ねて。

「老街」。
台湾では主に日本統治時代に作られた古い街並みをそう呼ぶ。台北など大きな都市から少しだけ郊外に足を伸ばすと、いたる所に「◯◯老街」と名前がついた街があり、しばし日常を離れてノスタルジックな気分に浸ることができる。今回の旅では、九份、十份と、ふたつの老街を訪ねることにした。

九份老街は、台湾に興味がある方にはお馴染みの街。「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所?として有名。多くの人が一

もっとみる

台湾九份行き@切符パクられるかと思った2日目

台湾のトイレは、使用済みのトイレットペーパーをトイレに流すことが出来ないことが多い。

海外へ行くと、こんなことは珍しくもないことだが、先月の台湾旅行では、日本での癖でつい、使用済みの紙を便器の中にポイっとしてしまったものだ。

台湾旅行2日目、ホテルでセルフの朝食の包子などを数個袋に詰め、ミルクティーをテイクアウト用のカップに入れ、チェックアウトを済ませた。
(※台湾1日目の旅の様子についてはこ

もっとみる
あなたのスキが励みになります!ありがとうごさいます⭐️
3

台湾旅行 day-2

朝から張り切って、有名な阜杭豆漿へ。地図を頼りに辿り着くも付近で迷う……店はビルの2階に。

6:30前に入店したら、さほど待たずに注文できた。7時頃には階段にも行列が。「ゆるゆる豆乳茶碗蒸し」とでも言えば伝わるだろうか、美味。

一旦宿に戻り、食休みしつつ大まかな行動計画を立て、林華泰茶行を目指し歩く……暑い。

入店するも、量り売りが基本のお茶屋さんなのでどうしてよいかわからず右往左往している

もっとみる