人口増加

アベノミクスと地域間格差(2017)

アベノミクスと地域間格差
Saven Satow
Dec. 19, 2017

「一極集中か、多極分散かという議論はずっとありましたが、そうではない。多極化しつつ集中する。それぞれの地方に極になるまちがあり、ある程度集約的なものになっている状態が理想です」。
広井良典

 2017年12月19日付『朝日新聞』は「安倍政権の5年、10点満点で評価5.2点 改憲は採点割れる 朝日新聞社世論調査」におい

もっとみる

なんで結婚しない、できないか?って

平成生まれが考えてみます。

(少子高齢化 が もう数十年前から言われております)
私の知り合いにも、相手は欲しいけれどカップルになれないという人がいます。

そういう カップルになりたい・結婚したい人が マッチング できるにはどうしたらいいのだろうか?

そもそも カップル になって結婚まで出来ている人のなれそめを聞いてみると大学生くらいまでに出会っている人が多い。

相手が探せていない人を見る

もっとみる

人工肉と魚介資源の未来

人工肉という主に植物由来成分による肉っぽい食べ物がメディアで目にするようになってきました。

人工肉を作る、そして食べる理由としてよく取り上げられるのが、ヴィーガン的な、人間が動物を食べるのはかわいそうだから、というものです。

【オピニオン】人工肉バーガーと人類の未来
https://jp.wsj.com/articles/SB1231701785743174337390458523767399

もっとみる

【政治】人口増加こそ国家・自治体存続の要

―――――――――――――――――――

前回の記事では、明石市長の辞任問題について記してきました。

明石市長の暴言は許されないものではありますが、その背景を考えると致し方がないものであり、明石市長は、市長として立派な結果を残している、というのが前回の内容です。

今回の記事では、自治体ではなく、政府について考えていこうと思います。

―――――――――――――――――――

【強行採決の数の異

もっとみる

途上国における人口増加を、課題ではなく希望にする方法

先日e-Educationの新プロジェクト「LAMP」のゲスト講師として、一橋大学名誉教授の米倉先生にご登壇いただきました。

"Education is the Key for Success(教育は成功の鍵だ) "

第二次大戦後、敗戦国となった日本が急激な経済成長を遂げたのは、決して天然資源が豊富だったからではありません。

島国で資源も恵まれない日本の最大の資産は「人」であり、その土台とな

もっとみる

虫、食べられますか?

食糧難が全人類的な課題として差し迫る中、虫が貴重なたんぱく源として人類を救うかも?といった内容の記事です。

また、このような記事もあります。

都市部に住む人口が世界的に見ると加速度的に増加していますので、牛肉のような高価な食材は今後益々需要が高まっていくことが予想されます。しかし、上記記事のような不都合な現実があります。

昆虫食の一般化もいよいよ現実味を帯びてきているということでしょうか。

もっとみる

【未来の稼ぎ方】坂本孝則さんの本から「2024年:アフリカ」を考える

未来の稼ぎ方という新書を読んでいました。
すると、ある章が気になりました。

2024年アフリカの富裕層がかなり増加するそうです。国によっては2倍…

具体的に投資するには…
少しだけ調べてみようと思います。

市況に揺れやすいのでタイミングには注意が必要ですが、気長に期待です。
それでは、また。

もっとみる

培養肉を「クリーン・ミート」と呼ぶかどうかはこっちが決めたい(植田かもめ)

植田かもめの「いま世界にいる本たち」第6回
"Clean Meat: How Growing Meat Without Animals Will Revolutionize Dinner and the World"
(クリーン・ミート:動物なき肉はディナーと世界をどう変えるか)
by Paul Shapiro(ポール・シャピーロ)
2018年1月出版 *日本語版は2019年刊行予定 (日経BP社

もっとみる

革命的出来事の連続が人類を救う

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000035-jij_afp-int

人口爆発による食糧不足問題・飢餓問題は200年以上前から危惧され続けてきました。しかし、これまでの歴史を振り返ると、全体的に見れば、それが現実にはならなかったと判断できます。

では、本当にただの杞憂に過ぎなかったのでしょうか?

およそ100年前、ハーバー・ボッシュ

もっとみる

資本主義に飼われる者が最も忘れてはいけないのは子どもへの負の連鎖ではないか

世界経済は伸び続けています。

その成長は人口増加が支えています。

そしてその人口増加は途上国の出生率に伴う伸びで支えられています。

マクロな投資機会をみていくと、特にこの五年はずっとマーケットインでの中国とインドのオポチュニティについて語られることが増えたはずです。

そしてその中国とインドのオポチュニティを支えてるのは人口であり、その出生率は避妊する知識も社会から与えられない貧困層が労働力

もっとみる