無駄な時間をなくせ

みなさんこんばんは。
Takuと申します。

日々忙しい生活をしている日本人にとって大切なのは「時間」です。

日々「時間がない」「タイミングがない」という言葉を発することがあると思います。そして私もつい「時間がない」と言ってしまいがちです。

私たちがするべきことはスケジュール管理です。

単にスケジュール管理といえば簡単ですが、スケジュール管理にもピンキリです。

今日これとこれをやります、と

もっとみる

初めまして「たかごん」です

みなさん、初めまして!

「たかごん」と言います!

元ホテルマンで現在、マーケティングを学びながら次のステップへ挑戦中。

2018年10月から「働くこと」や「仕事術」「効率化」「マーケティング」などをブログで書いてます

https://takagon.com/

 夢は『誰かの役に立つ本を出版する』ことです。

また現在、Twitterで「1万人の方と繋がってその景色を見てみたい!」に挑戦中

もっとみる

時間活用 朝時間の効用

ここのところ、時間、週間に纏わる本を読んでいます。

読んだ本の一覧
・朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!
・脳を最高に活かせる日の朝時間
・自分の時間ー1日24時間でどう生きるか
・「続ける」週間
・「朝30分」続けなさい!
・脳が冴える勉強法
・脳が冴える15の週間  
・1440分の使い方ー成功者たちの時間管理15の秘訣
・「1日30分」を続けなさい!

4月から放送大学に入学して久しぶ

もっとみる

僕が勉強になった「一枚メモ主義」な方法を紹介します。

皆さんは一日の中でメモを取ることをしていますか?僕は仕事柄メモを取ることが多く、とくに忘れないためのメモを取ることが多くあります。

どんなメモかと言いますと、一つ一つが必ず実行しなければ仕事が終わらないようなメモが多いいです。

誰かに頼んだり、伝えなければならい事、お客様の連絡事など多種多様です。

そんな時に出会ったのが、一枚メモ主義です。

通常はメモ帳などのノートに記入をしますが、一枚メ

もっとみる

とりあえず強い心で宣言する。

これはたとえ話なんですけど、弊社住み慣れた場所を離れて、あたらしいおうちを与えられたものの微妙に欲しいものがなくてめちゃくちゃ困ってるんだけど、ここにあるものでどうにかしなくてはいけないという現状で、大小急ぐ急がない今は大丈夫だけどゆくゆくは急ぐタスクが山ほどある。

なので最近は「今日は最低これだけはやる」リストを作ったり、「わたし今日中にこれはする!!!」って宣言している今日この頃。
アホほど

もっとみる

「時間があったらできるのに」と考えているうちは一生無理かもしれない

最近、細かいタスクに忙殺されているし、長期的にやっておかなければいけないことに手を付けられていない。その理由は「時間がないから」だと思っていた。

「時間があったらこれやれるのにな」「いずれやりたいと思ってます」

そんなことをつい言ってしまう一方で、そんなことを言っている自分超ダサいなとも思っていた。

そんなとき、キリンビールさんとのトークイベントで登壇していたサクちゃんさんがこんなことを言っ

もっとみる

時間に制限を設ける

みなさんこんにちは。
Takuです。

日々何気ない生活を送るのか、
日々向上心を持って行動するのか、

日々の行動が、日々の意識が自分の人生を大きく変える可能性があります。

限られた時間

恵まれた日本に生まれた私たちにとっても、できることには限度があります。

私たちには共通して1日に24時間を与えられています。1日にどれだけの予定を詰め込んでも1日に24時間以上かかる成果を求めても実現しま

もっとみる

アジアスーパーでの心の声を聞いてほしい

昨日の夕方お散歩がてらに近所の
とあるアジアスーパーに行ったのだけれど

その時の心の声を聞いてほしい

まず、カートではなく

かごにころころが付いていて、スーツケースを引っ張る感覚で買い物した。

前に押す系じゃなくて、
後ろから引っ張る系、だ。

斬新だなあと思いながらカートを引っ張っていた。

すると、私の後ろから大きなクラクションが鳴った。

大量の水を運ぶお兄さんが颯爽と通り過ぎてい

もっとみる

中年の働き方

今日も結論から。。。

「新人教育、離職率低下には、なんでもマニュアル化しちゃえ!」

という話です。

ある日、私は3ヶ月のベテランでした。

はい。そうです。

離職率が非常に高い職場。

「やけに人やめるなぁ。。。」

と思ってたら、3ヶ月くらいで、

半分くらい人が入れ替わって、

「教えて下さい」

と言われるようになりました。

そりゃわかる範囲で答えますけど。。。
まだ気持ちは自分だ

もっとみる

トロント2日目 友達を作りに行く

トロント2日目はとにかく新しい町を冒険したいという衝動に駆られて、歩いて、歩いて、歩き尽くした。

異国の地で、繋がりもなく、仕事もなく、これから住む場所を探すような、本当にまっさらな状態でスタートを切るのは人生で初めてで

これからの環境を1から自分で手配していくスリル感に、ふつふつとワクワクを感じている。

正直このビザはU30で、お金を払って手順に従えばよっぽどじゃない限り誰でも申し込めてし

もっとみる