他者評価

『他者評価』だけを求め続けると、息苦しくなってしまう。という話。

現代を生きる私たちにとって、
正しく扱えば「喜び」を、
しかし誤って用いると「不幸」を、もたらすモノがある。
それって、なーんだ?
 
 
・・・私は『評価』なのではないか、と思う。

人間の社会はとても複雑に絡み合っていて、自分一人だけで完結することは極めて少ない。
だから、他者からの『評価』を大切にして営みを続けてきた。
つまり、他者から『(良い)評価』をされることは正しくて、自分に利益をもた

もっとみる
ありがとうございます!「ひとこと」感想もらえると最高に嬉しいです
6

会社の人事や評価って家族関係とちょっと似てるなと個人的に思ったお話し。

とある方と先日お会いしまして、会社の人事や評価についてのお話を伺ったのですが、お話を伺っていて思ったのが、

「これ、育児と夫婦関係、家族関係に似てる気が・・・?(笑)」

とふと思ったのでしたw
上司と部下の育成とかちょっとばかし育児に近い感じ(あくまでも感じね!)がするし、評価制度とか夫婦での生活のあり方について結構似ているところがあるのかもしれないなぁと。

うちの会社は私一人だけなので、社

もっとみる

自己観察、他者観察の後に分析と選択がある

Ryo kurita(栗田涼 くりたろう)

00:00 | 00:30

自己観察と自己分析
他者観察と他者分析

についての解説です。

観察とは「それをただ見つめること」、「善悪、好き嫌いなどの判断を一切しないこと」

その先に、分析の視点と自分としての「選択」があるということです。


すぐに感情的になったり、結論を出してはいけません。

なぜなら、思考が働かないまま、条件反射的に行動してしまうだけだからです。

その結果、その時の感覚、感情だけに頼った思考の止ま

もっとみる
リアクションいただきまして、誠にありがとうございます!
18

自分が踏み出している一歩を認めてあげると、周りの目から離れられる。

相談内容

私の悩みは、周りの目線、評価が怖い。
とにかく自分に自信がない。自分が苦手なところです。
中学生の頃から周りの目線を気にして周りに合わせすぎる性格になってしまって、自分の事がよく分からなくなってしまいました。自分の事を知ろう、駄目な自分を受け入れようとしているんですが自分があまり好きではなくて気持ちが下がっていくばかりです。
どうしたら周りを気にせず、自分を取り戻せますか?
今、好きな

もっとみる

「ありがとう」を素直に受け取れない人

「ありがとう」を素直に受け取れない人っていませんか?

例えば何か仕事をお願いしたとして、やってもらったお礼に「ありがとう」という言葉を返すと、

いやいや、僕なんて何にもやってないっすよ

こんなもん仕事したうちに入んないっすよ、だれでもできるっす

みたいな。

ネガティブというか、自己評価が低いというかなんなんでしょうね。照れ隠しですかね。不器用なんですかね?

多分これ、言っている本人には

もっとみる

自分を認めることから

私は4人兄弟の末っ子。男1人女3人の4人兄弟。兄は重度の知的障害・自閉症。私が小学校の頃、父は農業はしなくてもいいと言っていた。でも、父が購入した機械・父が廃材をもらってきて自力でたてたハウスが8棟・父が植えた柿や梅は数百本。なかには、借金して購入して何十年かけてはらったはたけもあった。私は農業が好きだった。小学校でも中学校でもいつも文集では農業を語っていた。私が農業をしたいと言ったとき、とても喜

もっとみる

おこってるの?ほんとうのわたしとは。

「怒ってるの?」
「機嫌悪いの?」

とよく言われます。

全く怒っていないし、
不機嫌でもありません。

どうやら、表情と感情が伴っていないようなのです。

この言葉は特に男性から言われます。

自分的にはこんな感じで

仕事をしているつもりなのですが、

他者から見ると

こんな感じなのでしょうか。

確かに小さい頃は

寄らば殺す。

という気持ちで生きていました。
とにかく家族以外の人間が

もっとみる

星五段階評価。される側の気持ち。この合理性の裏側にあるまだかろうじて残る“人”としての気持ち。

星の五段回評価という世界。自分がされて初めてこの奇妙な気持ちを知る。

最近のサービスには必ずついてるこの評価制度。

相対評価の世界は嫌だなとか、大衆に迎合するその基点が統一されてく感じ苦手だなって。

その結果わたしは大衆に迎合したちょっと滑稽な人物像になるの(なれるの)か、とか色々考えた。

サービス業とか、他者というか万人に如実に評価される世界の「仕事」は嫌だなって思った。

もっとみる

自分で判断することを忘れがち。

ー2つの評価軸ー

僕は、人と話すときに2つの評価軸を大切にしています。

1.自己評価(自分がどう思うか)

2.他者評価(他人がどう思うか)

実際の社会は、他者評価でほとんど占めています。
(ビジネス=他者評価です)

社会では自分がどう思うかよりも他者がどう思うかがとても重要なんです。

自分が良くないと思っているモノでも、「お金」(みんなが求める価値が数字となったモノ)がたくさん支払われ

もっとみる

「大きな失敗」を起こさない方法

みなさんは
大きな失敗をすることはありますか?
あるかも!
と思った人はぜひ
この記事に目を通してください。

1:29:300の法則

をご存知でしょうか?

これは1件の重大災害の裏には
29件のかすり傷の軽災害があり、
その裏には300件もの
「ヒヤリ」とした
障害のない災害が
発生していたことが明らかになりました。

この法則を
1:29:300の法則
と言います。

要するに
1件の重大

もっとみる