体験型学習

振り返り記事:市川米っ人くらぶに参加した理由と母の振り返り

田植えをしたい。
稲刈りをしたい。
子どもたちと。

そう思い始めたのは息子がまだよちよち歩きの頃。

九州の田舎で育った私は田んぼや畑がすぐ近くにある場所で18年育った。
梅雨の束の間の晴れ間、小学校の帰り道に田んぼがあまりにも楽しそうで長靴を履いたまま飛び込み、長靴が抜けなくなり、通りかかった上級生のスニーカーを借りて帰って母に叱られたことも(叱られた理由は私が田んぼに入ってないっていう謎の嘘

もっとみる

わかるは楽しい  ➖不安だから勉強してきた中年男が、算数で三角形に向き合う小学生の娘から学んだこと

僕には小学生の娘がいる。彼女の歳はまだ一桁である。今回は,40過ぎの中年男が,1桁の歳の娘から学んだ話である。

ある日の夜のことだった。いつものように少しドキドキしながらドアを開けて玄関に入る。

僕は,どんなときでも部屋に入るときにはドキドキする。ドアを開け,身体を半身ほど部屋へ入れたときに感じる皮膚感覚。それで,たいてい部屋の雰囲気を察知する。安心して自然と笑顔になるときもあれば,顔に緊張が

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアお願いします。
7

知識があることと、知恵があることの本質的な違いは何だろうか?

世の中にはとても賢い人と、あまりそうでもない人がいます。そしてその賢さは、学歴とはあまり一致していないことに僕らは薄々と気がついています。作業服を着たその辺の工務店に務める高卒のおっちゃんの方が機転が利いて実に頭の回転が早く、一方で一流企業に勤めている頭がいいはずのエリートサラリーマンがまるで融通が利かないなんてことは、僕らが日常的に体験することです。

しかしそうは言っても少しでもいい学校を卒業

もっとみる
ありがとうございます😊シェアしていただけると最高です!
29

経験から価値観がつくられると思う

逆に言うと、経験していない事で自分の価値観は作れない。それどころか、経験していない事で価値観を作ってはいけないと思う。
自分の「経験」で、自分だけの「価値観」をつくってほしい。

経験について考えてみました…

そこで思い浮かんだ言葉が「疑似体験」。体験はいけるけど「疑似経験」って言葉は無理だよな…
つまり、自分でリアルに思い出せる事が「経験」なのかな?

体験と経験の違いは?

先ほどの「疑似体

もっとみる
やったーーー!
6

東大生と熊本を舞台とした地域学習プログラムを作ってみた! ~蒲島郁夫熊本県知事の「県民幸福量最大化」に魅了されて~

#地域活性化 #熊本地震 #くまモン
#復興 #水俣病 #熊本城 
#体験型学習 #体験活動プログラム

この頃、東大生がフューチャーされることが多くなりました。
クイズ番組やYou Tubeをにぎわす好青年や、才色兼備なメガネっ娘、とてつもないこだわりをもつ突き抜けた変人たち。
センセーショナルなイメージが先行しがちな東大生ですが、当たり前ながら十人十色。
ものすごく純粋で素朴な東大生もおり、地

もっとみる