割り切れない

我が子の運動会のことを書くつもりだったのに、あれれ??な内容の記事を投稿してみたっていう。

週末は、末っ子の通う保育園の運動会。家族みんなで楽しみました。

娘がちょうど一歳になった頃から現在までお世話になっている保育園ですが、とにかく、とってもアットホーム。
 先生たちは皆、愛情たっぷり、おおらかに子供達と私たち家族のことを包んでくれるような保育園です。
 また、園長先生の人柄がとても素敵。私たちだけでなく、働くスタッフに対してもとっても優しい様子が垣間見れるところなんかも、本当に素敵

もっとみる

「考えるな」だけど「考えろ」でもやっぱ「考えるな」どっち?

「お前考えすぎなんだよ」だからうまくいかないんだよ。そうか考えすぎるからうまくいかないのか、考えないでやってみよう。ホントだ。なんか考えないほうがうまくいく気がする。

あれ?なんかうまくいかないことが出てきた。「お前少しは考えろ、考えて動け」。え~~~どっち?どれが正解?

こんな経験ないだろうか。なんかコントみたいだが実体験に少しフィクションをまじえた話。

こんな体験を通して、なんか不思議だ

もっとみる

「高地トレーニング」と「気象病」が【気学】を証明している

気学というのがあります。方位をとって開運に導くという占いです。そんなの当たるの?何でそれで運がよくなるんだと思ったことはありませんか?自分はかつてそういう風に思ったことがあります。

ですが、それが当たるかもしれない、効果があるかもしれないという話です。それを裏付けてくれたのが、何の関係もないように思える「高地トレーニング」と「気象病」です。

スポーツ選手が練習の為に高地でトレーニングをするとい

もっとみる

【易の魅力】いろんな知識や情報の「整理」と「体系化」に役立つ

いろんなことを学んだり、知識や情報を詰め込んでも、整理できなかったり、すぐ使えない、思い出せなくなるということはないでしょうか。

人の記憶は感情と結びついてるというのを聞いたことがあります。自分の感覚としても、感情をともなった記憶はよく覚えてるような気がします。

もっとみる

【過ぎる】が付くだけで意味が変わって逆効果になる不思議

真面目過ぎる、丁寧過ぎる、頑張り過ぎる、優し過ぎる、世話し過ぎる、素直過ぎる、愛し過ぎる、謙遜し過ぎる、自信があり過ぎる、正直過ぎる、(過保護、過干渉)

~「過ぎる」がつくと意味が急に変わってしまうことがあるような気がする。

頑張るのはいいことかもしれないけど、頑張り過ぎるとなんか急に「無理しないで」と言いたくなるような、ニュアンスが変わってしまうような気がする。なんか急に重たい感じになる。

もっとみる

【片付けと思考整理】「混ぜる」と「分けて組み合わせる」

「この部屋のどこかには必ずあるはずなんだけど、どこに置いたかな」「この部屋にあることは間違いない」

「この前これ覚えたんだけど、忘れたな」「ノートには書いてあるはず」

たくさんいろんな知識を詰め込んでも、それがいざ必要な時に使えない。道具が必要でもどこにおいてあるか忘れてしまって使えない。そんなことはないだろうか。

「混ぜる」と「分けて組合す」という違いがある。最初はあまり違いがないように思

もっとみる

【体幹トレーニング】と【思考整理】バラバラだとうまくいかない

まとまってると強いけど、まとまってないと弱い、バラバラだと弱いけど一つになると強いという話。

部分部分の筋肉が強くても、全体としてのバランスが悪いと使えないことがある。

断片的な知識をたくさん知っていても、全体としてつながってないと実際の生活を変えることには使えないことがある。もとまってる知識は使えるけど、まとまってない知識は使えない。

部分部分を分ける力と、部分部分を結び付ける力、この両方

もっとみる

【フォームとスタイル】一般性と特殊性どういう風になりたいか

竹と松と梅と桜、これらの木はどれがいいか。どれが優れているか。

「みんな違ってみんないい」こんな詩があったような気がする。

一度出来上がってしまったフォームを治すのは難しい。それは一度できた習慣を変えるのが難しいのに似ている。

どういう風になりたいか決まらないとダメなことがあるのかもしれない。

スポーツでも何でも自分のやってることがうまくいくどうかを試すためにはある程度積み重ねることをしな

もっとみる

【龍(Dragon)】とは何か 太陽とのつながりから考察してみた

龍やドラゴンという言葉をよく聞く。実在しないのに何の生き物なのか。考えた結果、結論から言うと「水に関係する何か」ではないかという話です。

気のせいかもしれないが、龍宮、龍神、瀧など、水があるところに龍という字があるような気がする。

そして水に関係するのものを考えていくと太陽に行きあたる。太陽の熱が地球に降り注ぎ、地球上の水分が蒸発して、雲になりそして雨になって降ってくる。

昔は太陽の働きは光

もっとみる