8月23日(金)のJAGAT Summer Fes特別講演に代表・加藤が登壇します。

8月22日、23日に日本印刷技術協会・本社(杉並区和田)で開催される「JAGAT Summer Fes 2019(夏フェス2019)」は、「デジタル」と「紙」を融合させた「マーケティング」施策でビジネスを創る事を提案するイベントです。

本イベント最終枠の8月23日17時から行われる、特別講演に代表・加藤が登壇します。事前申込制(有料)のため、参加を希望される方は、以下からお申し込みください。

もっとみる

プロ棋士・大橋拓文さんイベント「はじめての囲碁を楽しむナイト」に参加

囲碁は全然わからないのですが、note自体は好きだしピースオブケイク本社に行くこと自体テンション上がるので幸せな体験。イベントに当選してから本を買う!という状態です。(書籍の感想は昨日書いた)

01.入場

前回来たときは土日だったからか?正面玄関があいてなくて担当のスタッフが「こちらからどうぞ」と脇の扉を案内してくれたのを思い出した。4階に上がるとスタッフがいたので名前を言って中に入らせていた

もっとみる
01「小さな商店で買い物することは社会貢献でもある」ジャスパーモリソン
5

【26人目】インフルエンサー人気つぶやきランキングTOP10【加藤貞顕編】

つまづいたり、すっ転んだりしながらでも前に進む人が尊敬される世の中にしたい。近ごろは、少しコケただけで全否定される傾向が強くなってるけど、それだとだれもなにもしなくなっちゃう。そうなると、全員が損するからね。

インフルエンサーのTwitterを解析してみよう企画。
今回はピースオブケイク代表・加藤貞顕(@sadaaki)さんをとりあげてみたいと思います。

下記期間のつぶやきの中で、likeとR

もっとみる
夏目漱石はI live youを「月が綺麗ですね」と訳したそうです
2

ミスiDフェス2019を写真と言葉で振り返る <後編>

※前編(https://note.mu/mztk_ktkr_ko/n/nd182b52351d3)からの続きです

…ミスiD2019ファイナリストお披露目(自己紹介タイム)と選考委員の紹介が終わり、いよいよ受賞者の発表が始まった。

【各賞の発表です。】

>> C-Channel賞 <<
詩島萌々
新海さや
頓知気さきな

>> note賞 <<
芋如来メイ

>> voicy賞 <<
青山麻

もっとみる

noteの使い方を朝渋で学んできたからnoteに書く

こんにちは、ともです。(100日チャレンジ 32日目)

最近、早起きは習慣化してきている私ですが、
今日ついに「朝渋」のイベントに参加してきました。

メディアと語る朝渋〜個人の時代到来!noteを使ったセルフブランディングと起業の形について〜
ゲスト
加藤 貞顕 株式会社ピースオブケイク 代表
菅原健一(すがけん)株式会社Moonshot 代表取締役 CEO
りょかち 

司会は5時こーじさん

もっとみる

クリエイターの住む街づくり~ note.muの加藤貞顕さん @sadaaki #CXDIVE コンテンツと読者をつなぎコンテンツが流通する世界を創る

元編集者である加藤貞顕氏が訴えるのは出版業界、特に「取次店」が持っていたファイナンス/ディストリビューションの機能がインターネットおよびオンライン書店の台頭により失われつつある。この機能はクリエイターのためのエコシステムとなっていた。

そこで作った株式会社ピースオブケイクとそのサービス/プロダクトであるnote.muについて熱く語ったセッション。

「誰でも創作をはじめ続ける」

「クリエイター

もっとみる

クリエイターと読者をつなぎ、コンテンツが流通する世界を創る【#cxdive #cxdive_x】

登壇者

加藤 貞顕
株式会社ピースオブケイク
新潟県生まれ、大阪大学出身。
アスキー、ダイヤモンド社に編集者として勤務。
出版社をやめたあとも、年に1冊は編集を担当している。

ピースオブケイクのミッション
だれもが創作をはじめ、続けられるようにする

メディアビジネスのエコシステム(これまで)
著者→出版社→取次/書店→読者(一次利用)
    ↓
テレビ、映画、イベント、グッズ(二次利用)

もっとみる

note×日経電子版で「個人の前向きな発信を促し、デジタルメディアの明るい未来を築く」

2018年8月3日、noteとcakesを運営する株式会社ピースオブケイクは、日本経済新聞社と資本業務提携を発表しました。今回の提携を受けて、日本経済新聞社の常務取締役 デジタル事業担当の渡辺洋之さんと、ピースオブケイクの代表取締役CEO・加藤貞顕と、CXO深津貴之で鼎談を実施。後編は、今後一緒に実現したいこと、デジタルメディアの未来について語り合いました。

違う視点が交わる、クリエイティブなコ

もっとみる

cakesとnoteを運営するピースオブケイクと日本経済新聞社が業務提携!「クリエイターが活躍する場所を広げたい」

2018年7月、cakesとnoteを運営する株式会社ピースオブケイクは、日本経済新聞社と資本業務提携を結びました。今回の提携を受けて、日本経済新聞社の常務取締役 デジタル事業担当の渡辺洋之さんと、ピースオブケイクの代表取締役CEO・加藤貞顕とCXO深津貴之で鼎談を実施。その内容をお届けします! 前編は、業務提携に至った経緯とその目的について。

日経電子版×noteでシナジーを生み、新しい価値を

もっとみる

平成最後の夏、襲来

平成最後の夏だとかなんだとか、そんなことを言っていられたのは平成最後の夏がやって来るまえだけだった。平成最後の夏がnoteにやってきたとき、noteが使用しているサーバーは暑さによって溶けてしまった。

「まさか溶けるわけがないだろ」CEOの加藤氏は言った。
「それが溶けたんです」サーバーを見張っている男は言った。「これが証拠です」

サーバーはでろんでろんに溶かしておいた。
だからもうビュー数の

もっとみる