半農

夏野菜 ~ぼくらの農園~

きゅうり、なす、トマト、ピーマン、ししとうなどの夏野菜が収穫してきた。

今年は雨が多いので葉っぱが白くなってしまっているが、人間的にはもう少し日光が欲しい。

人間の都合で考えると自然もコントロール出来ると思いがちになってしまうが、ホタルのエコツアーでも雨が上がればいいなと思っていたら雨がやんだ。

これは偶然にすぎず、参加者の方で日頃の行いが良い人がいると言っていた。

⬆️のようなことも将来

もっとみる

農具について ~体験農園編~

野菜を育てる時に必要なのが農具です。

今は体験農園と市民農園と小さい区画で野菜を作っているので人力で農作業をしています。

体験農園では農具はすべて貸し出しをしてくれるので、手ぶらで行っても農作業をすることが出来ます!

クワ

こちらよく使う道具です!土を耕したり、畝たて(苗や種を撒くベッドを作る)をしたり土をならしたりできる万能道具です。

はじめのうちは慣れないとなかなか使いこなせいですが

もっとみる
ありがとうございます😄よろしければシェアもよろしくお願い致します!
3

飯能エコツアーについて ~半農以外の活動編~

飯能エコツアー

https://www.hanno-eco.net/

埼玉県飯能市ではエコツアーを開催しています。

僕自身、一市民として飯能市を盛り上げていきたいという想いがあり、2019年2月にエコツアーガイド養成講座を受けました。

普段、何気なく通り過ぎていた場所には知らなかったことがたくさんあり、ただ気づいていなかっただけで、ガイドポイントがたくさんあったんです。

社会人になってか

もっとみる
ありがとうございます🇯🇵ขอบคุณ ครับ🇹🇭
4

市民農園 ~芽が出てきた編~

種まきから1週間、種蒔きをした野菜の芽が出てきました!

1週間ぶりに畑を見に行きました(平日は仕事でなかなか見に行けないんです)が、さほど、雑草もまだ生えてなくて、軽く除草したくらいでした。

とうもろこし、枝豆、ラディッシュ、小松菜を撒きましたが、とうもろこし、枝豆、ラディッシュは芽が出てきてましたね。

枝豆の発芽

とうもろこしの発芽

画像 横になっておりますが、ラディッシュの発芽

もっとみる

自然(植物)への関心

写真はニリンソウというお花です。
白い小さなお花です。

20代の頃から山登りにハマり、山によく行っていたのですが、草花にはあまり興味がなくいつも素通りしてしまうことが多かったんです。

この頃は年齢も重ねたためか?草花にも少しづつですが興味が沸いてきております。

この間、埼玉県飯能市にある子の権現という山の上にあるお寺まで行きましたが、『シャガ』の群生がみられていました。最近まで『シャガ』は知

もっとみる

令和 最初のnote

元号が平成から令和に変わり、初めての記事です。

平成と令和、2回も時代の移り変わりに生きていれることに感謝です。

今日は元祖、半農半Xの実践者の紹介をしたいと思います。

元祖、半農半Xの実践者は僕の母方の父、僕からみると祖父になります。

祖父は大正生まれで太平洋戦争では戦地にも行き、何とか生きて日本へ帰ってきました。

祖父の家は農家ではありませんでしたが、農地をもっていて祖父が仕事が休み

もっとみる

アウトプットに対する自分の想い

今回はエモーショナルな部分について書きたいと思います。

僕は1月からTwitterを本格的に始めてnoteも2月から始めました。

もともとコミュニケーションがあまり得意なほうではなく集団に入ると大人しくてほとんど話せない静かになってしまうような性格でしたが、今は少しは話せるようになったかなと思っていますが、苦手です。

今までインプットが多くて、活躍している人のSNSを見ると比較してはいけない

もっとみる

体験農園 ぼくらの農園

体験農園(ぼくらの農園)で農作業をしています。

bokura-farm.jp/index.html

半農半療法士の農の部分を体験農園で野菜を育てています。

農園は僕の住んでいる埼玉県飯能市から車で約30分くらいの埼玉県入間市という場所にあります。

農作業をやってみたいなとインターネットで検索していた時に偶然にヒットして調べると体験農園を行っていることが分かりさっそく園主の方にメールをしまし

もっとみる

My favorite town ~飯能~

僕は埼玉県飯能市という場所で生まれ、そして育ちました。

飯能は東京(池袋、新宿)から電車で1時間弱という距離に位置しながら、山や川もある自然豊かな場所でもあります埼玉都民といわれるように昼間は仕事で東京に通って、夜は寝に帰るようなベッドタウンでもあります。

僕はこの街で生まれ育ちましたが、あまり好きにはなれない時期もありました。その頃は他の市で一人暮らしをしていたり、青年海外協力隊でタイに行っ

もっとみる

畑じまいつれづれ、2018→2019。

秋の気配な綿花畑。

頻繁に畑に行って、こまめに収穫しないと綿が水分を吸って萎んでしまう。

こちらは洋綿。

2018年10月頭。今年も塩害にしてやられた。

こうなってしまう。

Tおじさんが空いた畑にまいたコスモスが開花。

藍の花も開花。
種採り用に放置。

今年もありがとう、綿。

2018年12月頭。
すっかり冬だが、まだ採れる。
ギリギリまで粘る。

2018年12月中旬。
そろそろ

もっとみる