参院選2019

政治家の個人演説会に参加して学んだこと

※【注】参院選前ということで珍しく特定政党に寄ったガチ政治ネタを書いてみますが、「noteで政治の話はちょっと…」という方はぜひそっ閉じしてください。明日から日常系に戻します。

7月14日土曜18時、京都マンガミュージアム(旧 龍池小学校 講堂)で行われた、立憲民主党公認・増原ひろこ候補の個人演説会に参加した。政治系の集まりに行くのは2回目で慣れないけれど、色々面白い発見があったのでメモを書く。

もっとみる

ヤジの現場に現れたやばいおじさん(wanted)

「アベやめろヤジ」の現場についての記事は、思った以上の反響があり、正直なところ驚いている。民主主義国家を標榜する日本が、あのようなことになっていることに、みんな新鮮な驚きを感じたということなのだろうなと思った。もちろん、アベ政権になる前から、警察というのはひどい組織であると相場が決まっている。しかし、アベ政権が何年も続くことで、より癒着が進み、自民党の私兵のようになってきているのかもしれないと思う

もっとみる

【4】4つのグループが戦う参院選2019

「人生の選択肢を広げる政治の役割」
「複合遊具の政策ってなに?」
「負担をさせられることが当たり前になっていませんか?」
上の3つの投稿も併せて読んで頂けたら嬉しいです。

=================

7月4日に公示された参議院選挙もいよいよ終盤に突入しました。
そもそも政治に興味がなく投票に行かないという人。
もうすでに期日前投票で投票をした人。
誰に投票するか悩んでいる人。
たくさん

もっとみる

Twitterと私とMMTと

昨日のこゆるぎ岬さんのTwitterは自我のゲップってのはなるほどたしかになあと思ったのだ。僕も10年以上も続けてしまっていて、くだらないと思うことはよくあるものの自分の一部になっていることは否定しがたい。前みたいにむきになってあれこれ書くことはなくなったし、大事なことはnoteの有料エリアに書いてるけどね。

 いま僕のTLで話題なのはなんといってもMMTとそれに付随して消費税増税反対とかだ。本

もっとみる

駒崎弘樹が激推しする、尊すぎる参院選女性候補7人

28歳から国の審議会に参加し、永田町と霞が関をまたーりとウォッチし続けてきた、政治ヲタの駒崎です。

 参院選真っ最中の中、「誰に投票すれば良いの!?」と分からない新規の皆さんも結構いるんじゃないかと思います。

 人によっては、俺は「自民党」、私は「立憲民主党」みたいな「箱推し」(グループで支持すること)の方もいるかと思いますが、僕は党がどこだろうと、ちゃんとやっている政治家を推しています。

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければTwitter等フォロー下さい!
17

とにかく党の戦いの比例代表制:参院選2019

国分寺の池上彰を目指してます。ちょっと本当です。
選挙をとっつきやすいものにするべく、がんばってます。

今回の参院選、選挙区についてはこちらにまとめています。

今日は残りの比例代表について!
さー、いってみよー!!

選挙制度のメリットデメリット

例えば、真剣に考えて選んだ候補者が、ギリギリのところで落選してしまったりすると、とても悔しい気持ちになりますよね。
地域の中で決められた数だけ代表

もっとみる

れいわ新選組支持者の方に聞いてみたいこと

先に述べておきますが、私は今回の参院選の投票先をとてもとても悩んでいるだけの、ただの一市民です。そしてこの記事は「れいわ新選組の支持なんてやめなよ!」と、呼びかける意図もありません。ただちょっと「れいわ新選組を支持できないとする人々の背景には、こういう事情もあるのです」ということを知っておいて頂けるとありがたいな、というだけの話です。

私は、消費税増税とかマジ困っちゃうし、年金は今のままだと受け

もっとみる

【note7. そもそもお金ってなんなんだろう? について、バカなりに考えてみた その2】

←前回

Q.お金ってなんですか?
A1.「中央銀行」という民間銀行が発行する、「信用」との兌換物(だかんぶつ)です。
A2.ただの数字です。

 今回は【A2】について考えてみましょう。

【数字としてのお金】

 銀行でもゆうちょ銀行でもネット銀行でもいいんですけど、通帳(or残高)って今みれます?
 でろでろーっと数字が並んでますよね。
 給与なりなんなりでお金が入ってきたり、家賃やら公共料

もっとみる

【参議院選挙世論調査】生数字 後半戦

参議院選挙も後半戦に入った。
マスコミなどの世論調査、期日前出口調査もほぼ出揃いつつ
ある。
今回は、後半の世論調査の数字をお伝えする。

お届けするのは、全国の接戦区とされる、
選挙区。ここにない、選挙区は
「ほぼ大勢が決している」
(自民党幹部)
「最後は、接戦区に重点的に幹部などの応援を入れる」
(野党の党三役)

もっとみる