私がNHKから国民を守る党(N国党)を支持するまで

巷を賑わせるNHKから国民を守る党。

大した内容ではありませんが、N国党の支持者も、そうでない人も、N国党のアンチも、「どのような流れでN国党を支持するようになったのか」「N国党の支持者は何を考えているのか」についての一つのサンプルとして、ご一読頂ければ幸いです。

私がはじめて、N国党および立花孝志氏を知ったのは、2016年の東京都知事選挙です。東京都民で、当時すでに選挙権を持っていたため、都

もっとみる

東大生向け参院選比例代表アンケート結果

更新情報
 今後、このnoteは追記していきます。その場合、ここにその旨を記します。また、その際、誤植等を除いて基本的にすでに書いてある内容や趣旨は変更せず、内容の追加にとどめます。

 みなさんこんにちは、Angel*(@angelic_UOT)です。
 ここでは、私が先日の参院選投開票日にTwitter上で行った、東大生の投票行動などに関するアンケートの結果を公表します。

アンケート概要

もっとみる

港区は勘違いされている

麻布などというと高級住宅街、芸能人がいっぱいいてなんとなくファッショナブルでセレブな街・・・こういった側面はよく知られていると思います。トップ画像もウチの近所の天皇皇后、上皇夫妻など皇族方がメンバーになっているテニスしたクラブです。

空は青く、コンデジにしてはまぁまぁの写真だと思います。また、こう言った華のある社会があるのも確かに港区であり、麻布というイメージであると思うとともに、『読者の皆さん

もっとみる

投票所に行って入院した。

あるおばあちゃんの話です。
政治参加しようとしてしまったばっかりに、「悲しい結末」を迎えてしまいました。

現実の話です。

参議院選が終わり、各ニュースではまだまだ賑わいが終わらない雰囲気ですね。
投票率の低かった割には話題になる政党や政治家さんの言動が注目を集めました。

華やかな政治の表舞台の裏側。

いや、「主役」であるはずの国民が、「選挙」という仕組みの中の”いちシステム”によって「大損

もっとみる

希望分断社会の到来

参院選2019の結果を分析したnoteを見て、なるほどなぁと思いました。

左右ではない、上下のイデオロギー

この参議院議員選挙で注目を集めたれいわ新選組とNHKから国民を守る党、泡沫候補と言われながらあれよという間に政党要件を満たし、国会議員を送り出すまでになりました。どちらも反体制的なスタンスは共通していましたが、それが故に大手メディアや新聞で目にする機会もなく、主張は過激かつ現実味の薄い印

もっとみる

意識低い系投票に行く

この前の参議院選挙、投票行った?

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
はっとりんのターンです。

わたしは18歳に選挙権の年齢下がったとき、18歳やったと思うんですけど、その時から一応毎度選挙には行っております。
国政選挙も市議会議員選挙とかもたぶんほとんどは。

でも、いわゆる意識高い系にはなれてない。
(ここでの"意識高い系"は揶揄じゃなくてみんなが感覚的にわかりやすいかなと思って

もっとみる

主権者としての選択を誤ったのだろうか懺悔録

秘密選挙なので公開するべきでもないし、きちんと記録をとっているわけではないので誤りもあると思います

東京選挙区です(全国から見れば選択肢が多く幸せな方かもしれない)

ただ同じような苦悩をかかえた選択をしてきた方と共感できればと思います

衆議院選挙

○:当選、△:比例復活、×:落選

選挙区は候補者名略し所属する政党

下記で任期途中で議員辞職1回

2017年 第48回 選挙区:○民主党 

もっとみる

「選挙に参加しようよ」クラスタと、選挙に無関心な自分との感覚の差異について

※note の先達と比べ拙い文章かも知れません。ご了承ください。

先日、参院選が終わった。

「選挙に無関心」クラスタに分類される自分は、Twitter のタイムラインにながれる「NHKから国民を守る党」関連のtweetから間接的に参院選の終了を知ることになった。
N国という、分かりやすく(自分にとっては)身近な issue をもった政党が誕生したこともあって政治関連の投稿を流し読みする。

もっとみる

ポストロックが好きなんだが

音楽で特に好きなグループを見ると、ジャンルはどれも、「ポストロック」だ。

蓮實重彦という人の「「ポスト」をめぐって-「後期印象派」から「ポスト・トゥルース」まで」というタイトルが目に「ばーん!」と飛び込んで手にした「新潮」2019年2月号。

美術に詳しくは無いけれども、「後期印象派」という呼称の「後期」は、ポストという単語の意味を考えると、ちょっとおかしくないかと思うのだけれども、本屋でこの稿

もっとみる

民意無視の特定枠は廃止しよう

参議院選挙があけ、新しい国会が開かれました。当選された議員さんには国民のため職務をまっとうしてほしいなと思います。

しかし今回の選挙、不公正なものだと感じませんでしたか?そう、他候補より簡単に比例で当選できる特定枠の存在です。

考案した自民党は言います。「地域の声を拾うための措置だ」

確かに厳格な一票の格差是正のための合区は地方無視と言えるかもしれません。しかしそれを是正する方法はあります。

もっとみる