反緊縮

NHKから国民を守る党の党勢拡大、理由は反緊縮説

NHKから国民を守る党が党勢を拡大しています。
堺市長選挙の結果から見ると、共産党、公明党の支持層を立花氏が多く奪っています。
公明党、共産党は低所得の方が多く、このことから仮説としてNHKから国民を守る党はNHK受信料の不払いという行為が、結果的に減税と同様の主張で反緊縮政策を掲げている為に党勢拡大していると考えます。
以下説明致します。

NHKの受信料は口座振替の場合、2ヶ月間で2,520円

もっとみる

左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議

松尾先生献本御礼。

松尾先生と松尾先生も発起人となったひとびとの経済政策研究会の共著として出版されています。

本の内容は、松尾先生のこれまでの主張と同様で松尾先生の著書を拝読された方は最新の海外事例を論述しながら、御自身の議論を展開される点は読みどころになっていると考えます。

p97からのレフト3.0の解説で、英国で喩えると、労働党アトリー政権の国有化や労働組合の強化がレフト1.0、労働党ブ

もっとみる

税のベスト・ミックスの最適解はないのです

実売部数から言えば全く採算の取れない高価な電車の中吊り広告を、野党批判オンパレードの右派雑誌が大量に出しています。同時に、特定枠に2名の障害者を立候補させ、数百万の票を集めるとも予想されている反緊縮を訴える小集団は、テレビ局によってほぼ無視されています。不思議なことが連日続く参議院選挙たけなわです。

<「消費税=悪」なのか?>

 ネットの世界で多くの人たちから喝采を浴びている反緊縮派の「消費税

もっとみる

反緊縮オススメ資料(マンガ)など(その1)

反緊縮の活動を続けて行くにあたり。

やはり、理論武装といいますか、「知識」「理屈」があるとご家族ご友人ご同僚、通りすがりの猫さん達を説得するのが楽になるかと思います。

そこで、厨房スタッフ(リフレねこ)の独断と偏見で、反緊縮のための知識を身につけるのにオススメな入門用のマンガ等をご紹介いたします(いきなり新書や教科書はハードルが高いと思いますので…)。

紹介順序に特に意味はございません。

もっとみる

なぜ、#豚バラ巻ーく運動なのか🐽

さて。

2019年に入って

・薔薇マーク運動

・令和ピボット

など、「反緊縮」の運動が左右上下各所で立ち上がりました。

であれば、それらの運動にコミットして参加すれば良いのですが…。どうしても

・薔薇マーク運動さんは、左派系や倒閣に偏りすぎているような…

・令和ピボットさんは、過去の「いわゆるリフレ派」との確執や人的コミットの経緯から、今さらノコノコと参加できない…

と悩む、何とい

もっとみる

🐽豚バラ巻ーく運動の台所

ようこそ、ネット有志によって自然発生した #豚バラ巻ーく運動 の台所へ。

2019年6月ごろに始まった、反緊縮に賛同するネット有志のゆる~い連帯である「豚バラ巻ーく運動」について、活動内容等を共有するサイトがあった方が良いよね、ということで開設いたしました。

いったい、どんな活動なの??

デフレや緊縮財政が20年も30年も続き、2019年10月の消費増税でいよいよ「失われた40年」に突入しか

もっとみる

MMT~正しい理解をするために

「MMT」について何回かここnoteに書いて来ましたが、数が増えてきたし、投稿の時系列がバラバラで辿りにくいので、一目で今までの記事を辿れるリンクをつくりました。この記事を辿って、一人でも多くの方に「MMT」について正しい理解をして貰えれば幸いです。

※↑ こちらは「MMT」には直接は関係ないイントロですので、読みとばして頂いても結構ですが、ご参考までに…

※こちらは今までの「MMT」について

もっとみる

国債の返済で、一般会計から額面返済は基本なされない。借換債で取り替えの正しい理解を。

ひろく誤解されている「借換」というのは、我が国事例で言うと、「消化先:日銀乗換」という一般会計発行新発債を日銀が直買いするケースに限ります。毎年度公表されている以下の国債発行計画表の右「消化先表」です。財政法5条但し書きを根拠としていて、多い歳で10兆、今年度は2.5兆。
左表「発行根拠法」により表示の「借換債」とおいうのは、特別会計「国債整理基金」(他にいまでは東北復興特別会計から)が発行して、

もっとみる

MMT~それは何と戦っているのか

昨日、「MMT」と、それに基づくオカシオコルテスや山本太郎の政策が袋叩きになっている、と書いたが、正確には米国と日本では全く状況が違う。

    米国では2008年のリーマンショックと、その後の金融機関への政府の支援などに対する不満をきっかけに、2011年に格差の拡大と富裕層への優遇に抗議する「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)」運動が発生した。

"We are th

もっとみる