茨の道

声を上げることの出来ない時間があった。

言いたいことは伝えられず澱のように言葉は降り積もっていった。

本音に上塗りした訴えは届かず、いつしか諦め閉ざすようになった。

こじ開けられても開けず、周りを攻撃するようになった。

いつしか、自分も。

足に絡みついた鉛の重さにも気づけず、進む方向も見失っていた。

差し伸べられた手を見つけることもその手をとる方法も分からなくなった。

分かろうとしな

もっとみる
ありがとうございます!励みになります❤️
5

私が、消えそう。

自分の書いたブログのタイトルを ずらっ と見ると、凄い。
今にも自殺しそうだな。とか
よく自殺しないな。とか
あまりにも痛々しくて辛そうだな。とか

普段はそんなふうに思わない。

そんなに辛くないのに。
他にも辛い人はいる。
何がそんなに辛いのか。
辛いと思ってるだけじゃないのか。

人からそう言い聞かされて来ただけだ。
そう言われて私の心が消されてきたんだ。
まだまだ私は私とちゃんと繋が

もっとみる

闇は闇となって、解き放って

崩れ落ちた涙から
聞こえてくるのは
魂の叫び

哀しい悲鳴を聞いた
懐かしい陽だまりの中で

脊髄が否と叫ぶ
そこにいては駄目だと
今すぐ帰って来いと
精一杯の声で

思いがけず切れてしまった
線の先に
あなたの闇が
見え隠れして

こわいよ
心配だよ
大丈夫なの

心の叫びを
わたしにすべてぶつけて
壊れてしまわないで
かっこつけなくていいから
泣いていいから
何も恐れることはないから

全部、

もっとみる
読んでくれてありがとう❤️
7

#06 流産した話①

夏をすっ飛ばして秋がやってきたんじゃないかと思うくらい、
今年の夏の記憶がない。

―――

妊娠が分かったのは7月の上旬だった。
妊娠検査薬に見本と同じ線が出たのを見て、
とても幸福な気持ちに包まれた。

診察を受け、子宮の中に赤ちゃんの袋となる胎嚢をエコー越しに見て、
これが赤ちゃんになるんだ、と胸が高鳴った。

ドラマで見るようなエコー写真をもらって、
色々なことをネットで検索した。
職場に

もっとみる
いいことがありますように!♡
1

『叫びに気が付いただけ』

君はいつも笑っていた

面倒なことを押し付けられても

笑っていた

でも、知っているんだ

放課後、ひとり空き部屋で叫んでいたことを

「なんでもかんでも俺にまわすなよ!」
「俺にも自分の時間が必要なんだ!」
「勝手に【優等生】の印をつけるな!」

泣いていた

私は教室の引戸をあけた

呆然とする君

「ほら、ジュース」
「あ、ありがとう」

「私もやる」

ふたりで黙々と

親しいわけではな

もっとみる
ありがとうございます(о´∀`о)ニコニコ
4

共鳴を呼ぶ音

悲痛な叫びは

鈍い刃でも突き破ってしまいそうに

何を想って考えて悩んで

生み出した答が

どうやって、どんな風にか

誰かの胸に届く

生まれ出てしまったからには

きっと誰かには届く

名も知らぬあの人やぼやけてる自分

幸せの真っ只中にいて嘆きなど叫びなど

無縁と想ってる人かもしれない

わたしにも届いたよ

痛くて、息苦しくて

あなたの叫びがリンクする

あの時の自分と

痛いほど

もっとみる
読んでくれてありがとう❤️
4
中国語、興味がある?
5

「可哀想に。どうして神様はこんな試練を……」と号泣された話

昨日、エステの店長に最近不妊治療の初診を受けた話、他病院の説明会に参加した話をしたら突然号泣し始めた。

「あのう、なんかすみません。そんなつもりではなかったのですが……」と言ったが、店長の号泣は止まらない。

実のところ、悲劇のヒロイン気取りで話した覚えはない。ただ、淡々と今の状況を説明したまでだ。その理由は、体の状況や現状を伝えることにより、それに向けた施術をしてもらおうと思った程度。まさか、

もっとみる

証明

夢を抱く人。夢を叶えてあげる人。今の自分に満足する人。
いろんな人がいていいはずだ。全員が全員夢見がちな人間なら、国なんてとっくに滅んでる。夢や目標を持っているのがそんなに偉いのか。
ただ毎日を歯車のように生きる人はつまらない人なのか。
たまたま夢を持てていないだけ。まだ目標を見つけられていないだけ。
なのに、こんなにも自分がちっぽけでくだらない人間に見えてしまうんだ。何も出来ないような気がしてく

もっとみる
ラッキーカラーは【黄】!金運高いよシャチョサン
25

noteさん、私たちのことも見てくれていますか

こんな真夜中に少し暗く、拘りの強い話をする。

こちらを読んで、泣きかけた。

もやもやが募っておかしくなりそうだった。

わけがわからないまま、筆を走らせ、どうしようもないのに書いていた。

どうか、この声が誰かに届きますように。

私は今日明日もnoteを書きます。

ですが、多分、このままだとnoteを書けなくなる日が来るかもしれません。

ある街の片隅のカフェ。カウンターがあって、マスター

もっとみる
伸びしろ③小説が書けます!
52