ドン、キホーテ物語 #005

ドン、キホーテはそれを拾つて、

「ああ立派な兜だ。」

といつてよろこんでゐました。

「旦那これは医者の金だらひですぜ。」

 パンザはかういつて笑ひました。

 ある日、二人は馬にのつて進んでゆくと向ふの方から土煙が立ちあがるのを見ました。

「あれはなんだ。軍隊がやつてくるのだ。」

 ドン、キホーテはかういつて大変喜びました。ドン、キホーテは軍隊がこの広い野原で戦ふのだと思ひました。

もっとみる
大変励みになります。

ドン、キホーテ物語 #004



 ドン、キホーテは長いこと家にゐました。家には太つた心のよい下男がゐました。ドン、キホーテはその下男に冒険の話をしてきかせました。

 ドン、キホーテはこの下男を自分の家来にしてある夜そつと家をぬけ出して冒険の旅に上りました。そして下男の家来にサンチヨ、パンザといふ名をつけました。

 ドン、キホーテはロジナンテに乗りました。サンチヨ、パンザはろ馬にのつてついていきました。

 二人はずんず

もっとみる
他の作品もよろしくお願いします。

【今日の一曲】風の詩を聴かせて/桑田佳祐

これは映画「Life 天国で君に逢えたら」の主題歌で知りました。
この映画見たことある方いらっしゃるでしょうか?
38歳でガンで亡くなった世界的なプロウインドサーファー、
飯島夏樹さんの半生を映画化したもの。

人生の幸せ真っ盛りで死に直面し、家族に隠しつつ抱える飯島さんと
それを知ってから変わっていく家族の姿、
後半になると「もしかしたらもうそろそろ…」と思わせる描写が多く
涙の準備というか気持
もっとみる

毎日投稿します、また見てくださいね!
5

巌窟王 #041

それにはジャニナの四人の貴族の手になつた証明書が入つてゐて、フェルナンドオ・モンテゴオ大佐が二億クラウンの金で主人のアリ・テベランと其城とを敵軍に売渡した事件が詳細に認めてあつた。アルベルは卒倒しないばかりに驚いた。その容子を傷ましげに眺めながらポーシヤンは言葉をついで、

『僕はどうかして君の一家の恥辱を打消したいと思つてゐたんだが、却つて斯う云ふ結果になつて了つた。併しアルベル君、もう斯様な秘

もっとみる
大変励みになります。
1

ドン、キホーテ物語 #003

宿の主人はこれを見て大そうこましきした。すこしも早くドン、キホーテをおひ出したいと思ひました。そこでうまくだまして馬に鞍ををき出發のしたくをしてやりました。

 ドン、キホーテは、宿賃もはらはずに出ていつてしまひました。主人はドン、キホーテの後姿を見おくつて大変よろこびました。



 ある朝早く、ドン、キホーテは馬にのつてあるきながら思ひました。「ちよつと家へよつてお金とシヤツとをもつて来よう

もっとみる
大変励みになります。
4

「アルプスの少女ハイジ」でハイジを大切に思っていた人は誰か

わたしは小学生のころ、友達と遊び終えて夕方家に帰ってくると、毎日TVをつけてアニメを見ていた。その中で「アルプスの少女ハイジ」は、何度も何度も再放送をしていて、さらに日曜日の朝にも再放送をしていたので、見たのは1回ではなかったと思う。

 「アルプスの少女ハイジ」といえば、「クララが立った!」でおなじみのアニメ。スイスの山小屋でおじいさんと暮らすハイジが、体の弱いお嬢様(クララ)の遊び相手として、

もっとみる

ドン、キホーテ物語 #002

ドン、キホーテは馬から下りると、主人に向つて、かういひました。

「この馬は世界中で一番よい馬だからどうか大切にとりあつかつてくれ。」

 主人は馬をうまやに入れてかへつてくると、ドン、キホーテは二人の女に、鎧をぬがしました。けれども兜だけは、どうしてもぬぐことは出来ません。自分でむすんだ赤いひもを切りさへすれば、わけもなくぬげるのに、ドン、キホーテはそれをゆるしません。

 仕方がないので一晩そ

もっとみる
他の作品もよろしくお願いします。
3

ドン、キホーテ物語 #001



 今から三四年も前のこと、スペインといふ国に、クイザノといふおぢいさんがすんでゐました。

 このおぢいさんには一人の姪があつて家のことは何でもやつてもらひました。それからも一人下男がゐて畑の仕事をしたり、白い馬の手入をしたりしてゐました。

 クイザノおぢいさんは自分の持つてゐる白い馬をたいそう力のつよい立派な馬だと思つてゐましたが、もうよほど弱つてゐました。

 おぢいさんは何も仕事をす

もっとみる
大変励みになります。
3

出立前の読書タイム。 :)
福田さんの写真絵本、オオサンショウウオ。
俺のだけど、最近は息子の愛読書。
お父さんが子育て中、お母さんはお仕事に行っている、らしい。 笑)

#オオサンショウウオ #福田幸広 #ゆうきえつこ #そうえん社 #写真絵本 #名作

嬉しいです!
8

巌窟王 #040

『宜しい。この報導が誤聞だつたら、僕は決闘でも何でも承知するが、兎に角暫く取調べの時日を與へ給へ。』とポーシヤンは云つた。

 かう云ふ会話を取交はして二人の友達は気拙い思ひをしながら別れた。アルベルはその後毎日苛々して新聞の取消しを待ちながら、父親に対する色々な噂を打消して歩いた。モント・クリスト伯爵はアルベルに向つて−−あの記事に現はれたフェルナンドオが真に彼の父親だと思ふものもあるまいがら打

もっとみる
他の作品もよろしくお願いします。
2