アメリカの子供達が奏でる名盤・珍盤ソウル特集!

【音楽】2019年6月20日
今回は、アメリカの子供達が奏でる名盤・珍盤ソウル特集!
↓↓↓↓PODCAST↓↓↓↓
https://simplecast.com/s/4153a129

【日記】7月1日〜7月7日

7月1日
新しい月の始まり。ということで慌ただしい日。
夜、前日にthat's all folksりょうさんから渡してもらったCDを聴く。これまた凄く良い作品で感動する。最近はりょうさんの音楽的な歴史を辿っている。そしてりょうさんが教えてくれた作品を片っ端から聴いている。

7月2日
日常に生きる
帰り道に新宿で途中下車してCDを大量に購入。さらに自宅近くのアウトレットCDコーナーでエレファントカ

もっとみる

隠れすぎた名盤 | GO AHEAD -僕の描く夢- 第55回

世の中には「隠れた名盤」というモノがたくさん存在する。そのうち、幾らかは数十年経ってから評価されるものも存在している。

だが、ほとんどが世に評価されることもなく、一部ファンにのみ熱狂的な支持を受けているという作品ばかりだ。今日は、そんな「隠れた名盤」を一枚紹介しよう。

そもそも、「和幸」というグループをご存知ないという方も多いかもしれない。だから、今回はちゃんと紹介しよう。

「和幸」という名

もっとみる

音楽世迷い言(仮) その22 SITTIN' UP IN MY ROOM(96)/BRANDY 90年代を代表するスイートソウル

ブランディのレコードデビューは94年。「モイーシャ」というキッズ向けのコメディ番組へ子役として出演していたため、全米での知名度は十分にあったおかげもあり、アルバムは爆発的に売れた。「I WANNA BE DOWN」「BABY」「BROKENHEARTED」「BEST FRIEND」といったシングルもすべてビッグヒット。歌手としては申し分のないスタートだったと思う。

TV出身の子役がノリでデビュー

もっとみる

マイルス・デイヴィス「マイルストーンズ」

マイルス・デイヴィスです。巨人です。ぼくなんかが語るなんて恐れ多いのは承知の上で、個人的な意見を書いてみます。

ぼくはジャズのまったくの初心者です。演奏の細かいことや、音楽的なことはまったくわかりません。ただただ、聴いて気持ちいいかどうか、それだけです。

マイルスはどの年代の作品も一通り聴いてみたけれど、この「マイルストーンズ」はかっこいい、ホントかっこいいアルバムです。大好きです。

世間的

もっとみる

ボブ・ディラン「ローリング・サンダー・レビュー」

ボブ・ディランを何か一枚というのはとても困る。活動歴が長い上に、その時期その時期でやってる事も異なるし、いいアルバムと言っても曲単位ではつまんない曲とか平気で入ってるし。

ぼくは高校生の時に「追憶のハイウェイ61」を聴いたんだけど、ぜんぜんピンと来なかった。当時聴いていたローリング・ストーンズとかレッド・ツェッペリンなんかの方がわかりやすくてカッコよかった。

それが、20歳を過ぎてからボブ・デ

もっとみる

ブルース・スプリングスティーン「明日なき暴走」

このアルバムをいつ聴くか。10代、20代で聴くのと、例えば40代以降で聴くのとでは、大分印象が変わる気がする。

絶対に若いうち、できるだけ早く聴くのがいい。

1975年、ブルース・スプリングスティーンの3作目。全8曲。キーになる曲はA面、B面とも1曲目と4曲目。CDだと1曲目、4曲目、5曲目、8曲目だ。

オープニングの「涙のサンダーロード」。もう、青春の匂いがプンプンだ。美しいピアノから、最

もっとみる

#昭和の10枚 ① 紀元貮阡年

60年代、英米ではフォーク/ロックが目覚ましい進化を遂げカウンターカルチャーがメインストリームに躍り出ていたが、日本では演歌や歌謡曲、それから洋楽がチャートを占拠していた。そんな中、シンガーソングライターとして草分け的存在である加山雄三がブレイクすると、折からのエレキギターブームと相まって若者は熱狂。そうした若者たちは結局、レコード会社の思うがままに利用され"グループサウンズ"という作られたムーブ

もっとみる

もしビートルズが解散しなかったら #1976~1980

シリーズ第三回、そして最終回です。



1975年にジョンの主夫宣言でビートルズは解散してしまう。

しかし、ジョン以外の3人のメンバーの動向は非常に活発になった。



75年12月、ポールは新たなバンドであるウイングスを妻リンダ、元ムーディーブルースのデニーレインを中心に結成。

76年3月の「Venus And Mars」、78年8月の「Water Wings」の二枚のオリジナルアルバ

もっとみる