茶道をする方が着物を仕立てる時は前幅を広めにすると良いですよーというお話と暑さ対策のアイディアについて

6/22(土)のお茶のお稽古で着た着物は、実に着づらくて難儀しました。サイズは全く同じなのに、生地の違いだけで着やすさが変わってくるから不思議です。6月だけどかなり蒸し暑いし、更年期障害による多汗もあるので、私は早くも夏用の薄物を着ています。でも薄物になってから、どうも着るのが下手になったような…

私が自分で買った数少ない着物以外は、母に合わせて仕立てられたか、祖母や叔母に合わせてある(のを譲り

もっとみる

本日の和服

自分で買った着物は2枚しかなく、祖母や叔母からのお下がりが少し、他には母が購入したものを共用させてもらっています。

今日の絽芭蕉の訪問着は初めて自分で買った着物なので、やはり思い入れがあります。これを見た時、無理をしてでも絶対に買わなくては!と思ったんですよね。芭蕉布を模した絽というのも珍しかったです。

帯は私は初めて締めたもので、詳細を母から聞いたのにメモし忘れてしまった為、また後日書き加え

もっとみる

2019.06.22 お茶のお稽古9回目

今日は2回薄茶平点前の練習が出来て、正客を1回、次客を1 回した。

いつもは別の曜日の先輩がいらしていたので、程良い緊張感の中、緊張し過ぎて逆にボーっとしたものの、楽しく真面目にお稽古出来たので良かった。

先輩がいらしていたので、お道具拝見の練習もした。やることが沢山で頭がオーバーヒートしてしまった。

風炉

【掛け軸】
田一枚 植えて立去る 柳かな
芭蕉

前大徳寺迫道老師
(ぜんだいとく

もっとみる

和の歩きで感じること

歩いているときに足の裏を地面に打ちつけるようにしない。
地球の丸みを感じとるかの如く歩をすすめること。

 〜 和の姿生(姿勢)

浴衣は洋服の夏服部門の一種として取り込まれるかも知れませんね

ここ15年ぐらい、洋服メーカーが浴衣を製造し廉価で販売し、上手くいったり行かなかったりなのでしょうが、粘り強く繰り返し販売していた・・かの、ように観えます。

そのお陰で若い人たちが浴衣を着るのに抵抗がなくなり、浴衣着用者が増えた要因になっていると思います。

浴衣には、昔ながらの手間のかかる技法で手作りされた高額なもの、効率的な手仕事で作られたそこそこ高いもの、プリントの廉価なもの(和装の反物幅

もっとみる

今年もやります! 【住吉っさん和のおさんぽ市】!!

今年もやります!
【住吉っさん和のおさんぼ市】
大阪の住吉大社近くの粉浜商店街で和のイベント開催します。

FACEBOOKイベントページ

◆開催日
7/13(土)14(日)15(月)の三日間

まずはカレンダーにチェック!
お願いいたします

@kitsuke.ichigonohana
ワタクシいちごの花は
.
◆ワモノヤトウキョウジョウさんが東京からお持ちくださる素敵な夏着物や浴衣販売のお

もっとみる

最高に無駄で無意味な令和ジャンプ

平日に取るお休みは最高だ。
どこも大概空いているし、働いている人を横目にちょっとした優越感にも浸れる。いい大人が6人も休みを揃えて遊ぶ。先日はそんな最高な日だった。

月に一度は着物を着ようという試みで集まっている友達と、今月はどこに行こうかと話していた時のこと、東京駅大丸の都路里というカフェで紫陽花パフェを食べる企画が持ち上がり、東京駅で他にどんな楽しみがあるかと案出しをしていて、以前に東京駅前

もっとみる

2-3*現代に提案する豊かな装い|  2章 都会の生活で感じた現代の問題点ーなぜ現代の服装は無彩色のコーディネートが多いのか|ニューロマン都会編

季節ごとに身につけたい色について考えるようになってから、四季のある日本で暮らす生活の幸福感が増した。

そもそも日本に洋服が入ってきたのは明治時代であり、たった150年前のことだ。女性にいたっては庶民が洋服を着出したのは戦後なので、わずか70年の歴史。

それ以前の約1400年もの間、日本人は和服を着ていた。
着物には襲の色目(かさねのいろめ)という重ね着をする衣裳の配色の仕方を年齢、季節、行事な

もっとみる

ただの「結婚報告」じゃないゾ!!

ぴよ🐥です!
いつもご覧頂き、本当にありがとうございます(^_^)

さて、今日はタイトルの「結婚報告」についてです。我ながら何とも分かりやすいね(笑) でも、一般人である私のただの結婚報告なんてつまらないから、ひねりを入れてみました( *・ω・)ノ

さて、結婚式の詳細をざーっと!
(※お写真はネットからお借りしたものもあります)

結婚式を挙げる場所は、『ジープ島』

楽園と呼ばれる島で、電

もっとみる