4/1000 コルトレーン コルトレーン)@佐賀県鳥栖市190714

佐賀から博多への帰り、絶対行きたいお店、今行っておかないと後悔するお店。

鳥栖駅に着いたのは、21時近く。佐賀の珈茗爾(かなじ)さんで盛り上がってしまったから。駅を降りて線路沿いを歩いていきます。真っ暗。線路の向こうに、サガン鳥栖のホームスタジアムが見えます。

↑鳥栖スタジアム

5分もあるかないうちに、ぼんやり照らし出されてきます。

そう、あのモダンジャズのサックスプレーヤー
ジョンコルト

もっとみる

カフェで仕事をすると集中力が上がる

仕事(資料作成的な業務)をオフィスでしてる方や
ノマドの方なら自宅でしている方は多いと思います。

社内での会話や電話に気が散ってしまったり、
自宅なら無駄にテレビを見てしまったりで

「結局集中出来ない」

という事があるかと思います。

私は完全にそのタイプの人で、
昔からテスト前の勉強などは全く集中出来ず
いつも前日深夜のギリギリにならないと
出来ませんでした。

またオフィスでの見積り作成

もっとみる

感受性が散らかってる

20190715

なにもしてないはずなのに疲れてしまう日がある。小さな頭痛がずっとつづいている。青山からの帰り道、スマートフォンの電源を切った。



傘をさすほどでもない雨が降っていて、冷たい線路のうえにはうすく水が張っていた。水面がホームの白い蛍光灯に反射して、落ちる雨の、一滴一滴の存在がわかる。

不規則に光る一瞬の連続が、なにかに似てると思った。あ、線香花火。線香花火の、「ちっちっ」と

もっとみる

手芸と喫茶店めぐりの話(ただしほっこりしない)

今の私が「趣味は何ですか?」と聞かれたら、「手芸と喫茶店めぐりです」と答えるのがいちばん実状に合っていると思う。でも、この答えを耳にした人がすんなりとイメージするような人物像と自分はかなりかけ離れている気がする。

なので、非常に長くなってもかまわないならこう答えたい。「趣味は手芸と喫茶店めぐりです。あっでもなんかそういう感じじゃなくて… いや、そういう感じってなんだよって話ですけど… なんかゆる

もっとみる

紙のストローとスティックシナモン

あっという間に三連休が終わった。

ふりかえればひたすら奔走した三日間で、朝は仕事の日より早く出ることになり、家に戻るころにはヘトヘトになっていた。

三日間に詰め込んだ予定の中で、隙間時間に喫茶店などに寄った。ジメジメと蒸し暑い体を冷やそうと冷たいコーヒーを頼むと、いくつかのお店では「紙のストロー」で提供された。

プラスチック削減の流れ。店によってはわざわざ、「こちら紙のストローでございます」

もっとみる

3/1000 珈茗爾(かなじ)@佐賀県佐賀市唐人

福岡から足を伸ばしてやって来ました、佐賀市です。博多から特急みどりで40分。

久しぶりの佐賀でコーヒー飲んだ記憶がない。心当たりが全くないので、グーグル先生に頼んで、佐賀の喫茶店を書いたブログにてを頼りに探します。

このブログなかなか詳しい
https://y-ta.net/saga-cafe/

この中から、探そうと見たんですが、日曜休業が多かったり、もう廃業してるとこもちらほら。その中で一

もっとみる

「モチベーター」

2019/0715-02:15 #6

「怒らなそうだよね。」よく言われます。

それは怒ることに労力を使いたくないから。

もちろん、怒ることが大事なことであれば怒ることはすごく稀にある。それはある意味怠惰なことなのかもしれない。

でもそれよりも精神的にプラスに大きく動くことに労力を使いたいと思っている。

もちろん、イライラすることはある。なんならよくしている。それでも僕は自分の中でそれら

もっとみる

コーヒー専門店のベーカリー業進出相次ぐ

パン屋でもイートインがあるところだとコーヒーも売ってたりするのでもともと相性はよかったのだろうけど、コーヒー専門店のベーカリーの相次ぐ進出は注目すべき動きですね。

もっとみる

弾丸!食いっぱなしツアー!

どうもっす!
今日は

嫁ちゃんの誕生日(昨日)ということで!
美味しいモノが食べたいのリクエストに
お答えして
ちょっと長崎まで突撃!
朝、出発して

ちょうどお昼時に
長崎へ到着‼️

まずは
ランチっしょ!ってことで
長崎名物トルコライス
今回は老舗のニッキーアースティン

落ち着いた雰囲気の店内で
めっちゃいっぱいあるメニューの中から
チキンカツのトルコライスを注文

ご飯にかかってる

もっとみる

「学生街の喫茶店」の喫茶店

個人経営の昔ながらの喫茶店のことを書いていて、ふと思い出したことがある。いまでこそ、喫茶店に悪い場所というイメージを持っているひとはいないだろうが、その昔、私たちが高校生のころは、喫茶店に行くことは不良になることだといわれて、禁止されていた。
 いまとなっては、よくわけのわからない話だが、うそではない。1970年初頭、「学生街の喫茶店」という曲が流行ったが、その喫茶店という言葉には、当時の若者たち

もっとみる
私は世界の一部だが、世界は私の一部ではない(「アラフォー女子の厄災」)
108