バケツ稲の移植完了!

今日は2週間前から始めた予備実験の近況報告。

あれから順調に育って、地上部は30cmほどに。徐々に肥料切れのような症状が出てきたので、移植を今日は行った。とはいえ田んぼはまだ見つかってないので、バケツ稲で育てようと思う。

ここでいくつか問題がある。以前にも紹介したように「土」がない。いや、あるんだけどどれが良いかを見極めないといけないし、自分でスコップを使って採掘しないといけない。日本

もっとみる
7

土土子

わたしの名前は圭子です

名前に土が2つもついてます

人の役に立つ子になるようにと父が考えたそうで

土は人が歩いたり、建物が建ったり、食べのもを育てるのに

絶対必要なもの

でもお前は土ではいけない

わたしが皆さんを支えてますなんて人間になってはダメだ

土の下の土になれ

皆が必要とする土の下の土になれと

ん。。。

地味だ



でも名前を頂いてから48年経った今

わたしは畑が大

もっとみる

脱臭剤にしてたコーヒー粉ひいて接着剤で固めてたら壁が汚くなってしまった。けどなんか植物感出てきた。

励みになります!
7

2019年10月2日の土いじり

夜中に突然キッパリと目覚めた。
手探りでスマホを探す。
画面を見たら1時半…
うそーん 朝じゃないよーと
心の中で文句言いつつガックリする。

昔は一度眠りについたら
朝までぐっすりだったのに
ここひと月くらいいつも夜中に目が覚めて
そのまま暫く眠れない。
困ったときのSNS…
起きている人がたくさんいて
ほんの少しだけ安心する。
いつの間にか再び夢の中へ
気づいたら空は明るくなり始めていた。

もっとみる
スキ❤️ありがとうございます!嬉しいです😊
5

陶器の箸置きづくりに挑戦!

日曜日の朝10時過ぎ。JRの社内。「人が踏切内に入り、安否確認のため出発を見合わせている」というアナウンスが何度も繰り返される。なかなか動く気配がない。だんだんと気持ちが焦ってくる。

せっかく早起きしたのに。

焦りがピークに達しようとしたころ、ようやく運転が再開された。すでに15分の遅刻だ。

駅に到着し、改札を抜け、目的地に速足で向かう。今日は陶器の箸置きづくりワークショップに参加申し込みを

もっとみる

1. 土について。(19/09/10-16)

第一回目は火曜日始まり。これから毎週、なんかして記録する。

https://twitter.com/NortonSam1/status/1171218288673607682

19/09/10-19/09/16

とりあえず2日間、光文社新書の『土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて』(藤井 一至)を読む(まだ読んでる)。

著者の藤井さんは、「100億人を養う肥沃な土を探す」をテー

もっとみる

農作業のお手伝いしてくれて

ありがとう。

普段は1人で行っている体験農園の農作業。
前回は青年海外協力隊の友人が手伝ってくれた。

やっぱり人手があると農作業ははやく終わる。
昔から農繁期には猫の手も借りたいと言われていたことが少しだけ実感できた気がする。

葉物野菜の種まきを行い、各野菜に追肥を行った。

やっぱり自分の区画のニンジンはあんまり芽が出てこなくて、仕方ないので端のほうにニンジンを移植して、葉物野菜の種を蒔い

もっとみる
ありがとうございます🌽🍅🍆
8

やまねからアドバイス

こんにちは!
今日のカーナビラジオは、ファイターズがデーゲームのため短縮放送!
お付き合いいただきありがとうございました!

早速ですが、やまねからアドバイス。
今日のこの日記、
生き物系(特に爬虫類)が苦手な方はこの先ご遠慮下さい。スミマセン。。

では、昨日撮った写真をご覧ください。

この中に「カエル」がいます。どこにいるかわかりますか?
簡単ですかね!

カエルはカエルでも、緑色じゃありま

もっとみる

20円の実験

活動の一つである「良い種子の選抜と種子消毒」に関する予備実験を行いました。

具体的には日本の塩水選のドミ共バージョンを検討しようと思っています。日本では水10Lに対し約2.5kgの塩の塩水に浸けて、その比重によって選抜をします。しかし比重は温度や気圧などで変化するため、日本では生卵を浮かべて塩の量を調節しています。

日本のお米はそれで選抜ができますが、ドミ共のお米に対しては、品種やその

もっとみる

透ける粘土を求めて

僕が3年ほどの期間で試した『透光粘土』についてご紹介。

1.磁器との違い

 そもそも透ける焼き物として磁器があります。僕は透光粘土を作るにあたって、磁器との差別化のために二つの条件を課しました。

条件1:基本成分の大部分が粘土(土物)である
条件2:厚さ5mm以上でも透光性がある

これらの特性を持つ透光粘土は象嵌や練り込み技法による製品化が容易であり、複雑な形のオブジェ等にも応用できると

もっとみる