関西旅日記(109):6日目も終わり、いよいよ残すところあと1日

こんにちはこんばんは、ナオティです。この関西旅の話も今回で6日目のパートが終わるところまでやって来ました。7月あたりから書き続けているこの関西旅日記シリーズですが、もう終わりが近づいてきています。

めっちゃ長かったですけど、ここまで読んできていただいた皆さんには心からお礼を申し上げますm(_ _"m)

6日目は堺に行ってきたお話でしたね。振り返りますと、まず朝食を食べてから道頓堀を歩き、阪堺電

もっとみる

関西旅日記(104):昔々の自由都市堺をぶらぶら⑩-昔ながらの堺にお邪魔します

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回までは妙国寺を回りまして、今回で堺編も最後ということになりそうです。堺の北側を通って住吉大社まで歩いていきます。

にしても、相変わらずぶらぶら歩きまくりです。関西旅では特に後半が歩きまくっていた気がします。まあ歩くのは健康にもメンタルにもいいようですので、またまた歩いていきますよ~~~。歩け歩け~~~~(笑)

この地図に書いてある通りに歩いたのですが、や

もっとみる

関西旅日記(103):昔々の自由都市堺をぶらぶら⑨-妙国寺にあった資料はリアルさそのものでした

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回も妙国寺の中をガイドさんに案内していただいた回です。

前回では大ソテツや本能寺の変の話までしたところですが、実は妙国寺見学のポイントは本堂の奥にある資料室です。ここも写真撮影禁止となっています。

そして資料室の入口は、なんと自動ドアでした。「ウィーン」って音はしなくて、そこはさすがお寺だな~という気がしました。

資料室の中に陳列されている資料は、レプリ

もっとみる

関西旅日記(102):昔々の自由都市堺をぶらぶら⑧-妙国寺には戦国時代の香りが

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回も堺市にある妙国寺のお話です。

妙国寺の中も、やはり赤と白が目立つ建物が多かったのがなかなか印象的でした。あとはなぜかソテツがすごく多い…。

ちなみに妙国寺が建てられたのは、南宗寺と同じく戦国時代の真っただ中、1562年のことです。しかも建てた人物は南宗寺を整備した三好長慶の弟・実休(じっきゅう)と、ここも三好家つながりでした。本当に三好家と堺のつながり

もっとみる

関西旅日記(101):昔々の自由都市堺をぶらぶら⑦-堺が味わった激動の時代を象徴するお寺へ

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は大通りで与謝野晶子の生家跡に行ってきました。今回はさらに北の方へ進んでいきます。

大通りから一度脇の商店街を通ってというルートを通ったのですが、日曜のせいなのか商店街の中は妙に静かでした。そのまま商店街から一般道へ抜けて、途中でまた右折していきました。こんなルートです。

我ながらくねくね歩いてる(笑)

そして今回向かったのが、妙国寺というお寺です。こ

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
1

関西旅日記(100):昔々の自由都市堺をぶらぶら⑥-堺はあの歌人にもゆかりがあるのです

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回も堺の街中のてくてく旅です。前回見た環濠南側から北の方へと歩いていきます。来るときに乗ったチンチン電車が走っている大通り沿いに北へ向かうルートです。

うーむ、我ながらまたずいぶんと歩くな…(笑)

こんな感じで朝来た時に降りた宿院駅まで戻ってきました。実は午後はさらに北の方へ向かうことになっていたので、さらに進んでいきます。

そして宿院駅を通り過ぎたとこ

もっとみる

関西旅日記(99):昔々の自由都市堺をぶらぶら⑤-昔の濠をのぞいてみました

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回まで千利休や古田織部、三好一門にゆかりのあった南宗寺を見てきました。今回はやや地味ですが、堺へ来たらぜひ見ておきたいと思うところに行きます。

それが、「濠(ほり)」です。実は古くから堺には街の周りに濠が掘られていました。街をぐるっと囲む形で濠があり、さらに塀と門を巡らして防御施設ができていました。何かあったときは、潤沢な経済力で兵を雇って街を守る体制でした

もっとみる

関西旅日記(98):昔々の自由都市堺をぶらぶら④-仏殿で龍がにらんでました

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回も南宗寺の境内をガイドさんの案内で回っていきます(境内が写真撮影禁止だったので、前回と同じくイメージ画像なども使っていきますね)。

前回は南宗寺が誇る枯山水まで見ました。

南宗寺の枯山水((株)日本石材HPより)

実は枯山水のすぐとなり、というか向かいには本堂があります。毎週日曜にはこの本堂で座禅会を行っているとのことです。京都の竜安寺の石庭を前に座禅

もっとみる

関西旅日記(97):昔々の自由都市堺をぶらぶら③-えっ、家康がここで死んだって?

こんにちはこんばんは、ナオティです。今回も南宗寺のお話をお届けします。

南宗寺の拝観受付は境内の一番奥にありまして、拝観自体は地元のボランティアガイドに案内してもらうというものです。ただ僕が受付を済ませたときはガイドさんが別の方を案内していましたので、僕も追う形に。

追って着いたのが、いろいろとお墓のある区域でした。ここからはガイドさんと一緒に進みます。写真撮影できなかった(というか禁止)ので

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
4

関西旅日記(96):昔々の自由都市堺をぶらぶら②-昔の「天下人」が建てた南宗寺へ

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は堺市に入り千利休の屋敷跡などを見てきました。

今回は千利休が子供のころに修行に打ち込んだお寺である南宗寺に行きます。

なぜまたこんな遠回りチックなことになっているのかといえば、また迷子になったからです(某国民的大人気漫画に出てくる剣士みたいだ…)。

ただ曇っていたのでそこまで暑くならなくて良かったです。

そしてようやく南宗寺に到着しました。

南宗

もっとみる