【ちょっと気持ち悪いくらいがちょうど良い】

あ、なんか独自の視点で突き抜けてるなこの人!って人は、やっぱりちょっとどこか変。

僕もそうでありたいので、すごくプラスの意味で、そういう人はある種の「気持ち悪さ」がある。

なぜ、それにそこまで熱くなれるの??(笑)
え!そんなところまでこだわるか普通!(笑)
それ話してる時の尋常じゃない笑顔なんなの!(笑)

最後に必ず(笑)が付くのが特徴で、その人自身のめり込み過ぎちゃって、熱すぎちゃって、

もっとみる

いつも見かける変な人だけど変じゃないのかな?

長かった梅雨が明けて、急に暑くなった土曜の午後。涼みがてら、近所の本屋へ入る。

まずは、汗が引くまで店内をブラブラ。すると、そこに青やんが。一冊の本を手に取り、読んでいた、と思う。固まってしまった。

青やんは、ずっと歩いている人だ。雨の日も風の日も、暑い時も寒い時も。ひたすら、歩いている。

五〇近いだろうか白髪交じり。おじさんだ。

青い帽子に青いTシャツ、デニムのパンツにスニーカー。寒くな

もっとみる

みんなそうだと思ってたこと

目をつぶって無になった時に、目の前に色んな色とか柄とか身体がふわっと浮く感じとか、みんなそうだと思ってたけど違うねんな。

この前、相方さんに言われたんだけど

夢って起きる前の2分くらいで成立してるらしいで。

は!?わいのあの長い夢2分間なん!?ありえん!!マジで。それも毎日。2分間ワークか!

私の見る夢はめっちゃ長い&カラーだし、出てくる人もお前誰?な事が多いし、脳科学的に夢に出てくる人は

もっとみる

一人暮らしの終わり。

頭が痛い。

きっと海外ドラマの見過ぎだ。

忙しい仕事が終わり、帰ってくると何もする気が起きない。こういう時は一人で過ごしたいと思う。

でも、前から気づいてた。

私は一人暮らしがそんなに好きではない。

ある程度綺麗な部屋を保っているし、食器はすぐに洗って、溜めたくない。休日は掃除洗濯を終わらせてから、1日がはじまる。それが気持ちのいい休日のはじまり。

家事は面倒だけど嫌いじゃない。仕事み

もっとみる

変わってる、は褒め言葉

あなたは「変わってるね」と

言われたことはありますか?

「変わってるね」と言われると

どんな気持ちになりましたか?

私は昔から

「変わってるね」と言われることが

とっても嬉しかったのです。

もちろん、周りとの違いが

ハッキリと分かってしまって

疎外感や孤独を味わったこともありました。

ですが、それ以上に

変わってるって素敵やん!嬉しいやん!

だって、個性的ってことやろ?!

もっとみる

変な人

「ゆきちゃんって変な人だよね」

私はそう言われるのがとても好きである。
なぜなら「変」と思ってもらえるのは他と違って見られているということだからだ。
少しでも人に印象が与えられているということ、それは何も印象がないよりはよっぽどいいと思う。
人に覚えてもらうには印象に残ることをするしかない。
悪い印象を残してしまうのはあまりよろしくないけれど、「変な子」くらいの印象が私は欲しい。
幸い私はどうも

もっとみる

常に自分に問いかける、いぶし銀のファシリテーター 香取一昭さん

組織と個人の良い関係を創るために自然体で動かれ、社会全体が毎日ワールドカフェになることを目指していらっしゃる香取一昭さんにお話を伺いました。

香取一昭さんプロフィール
活動地域:地球
経歴:東京大学経済学部を卒業後、1967年に日本電信電話公社(現在のNTT)に入社。米国ウイスコンシン大学経営大学院でMBA取得。ニューヨーク事務所担当部長、NTT国際部担当部長、NTT仙台支店長、NTTラーニング

もっとみる

他人にあれこれ言いたくなるとき(コミュニケーションのヒント)

他人に対して批判的なことを言いたくなるのは誰にでもあることです。

「あなたは、何でまた、そんなとんでもないことをするの?」

そんなふうに言いたくなる状況のことです。

少なくとも自分の常識では考えられないような行動をする人、まったく想像のつかないような理由を行動基準にしている人、あるいは自分が何回命じても(お願いしても)その行動をとってくれない人。

大昔、結城が会社に勤めていた頃も、そんな思

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
27

蝉が賑やかになってきた7月20日

私は友達が少ない。

というか友達というジャンルはあまり作らないかもしれないなと、ふと気づいた深夜一時。

大好きなコーヒーをたくさん飲んだため、眠たくても眠れない。これも明日が日曜日だから許されることだと思うと嬉しい。

友達というジャンルが少ない話にもどす。

あまり友達は作らない質で、大切な人というカテゴリーがある。

友達というと、悪く言ってしまえば嘘の自分として話したほうが楽な人だ。丁度

もっとみる