大リーグ

映画を見ない私のAmazon Prime Video鑑賞記「Field of Dreams」

あれ、こんなに泣ける映画でしたっけ。

アメリカの夢と家族愛を描いた名作ということで、映画を見ない私でも映画館やテレビ放映で観たことがある作品。

映画で描いた夢を現実にしてしまうところがアメリカらしいというかなんというか。

このニュースを見て、改めて作品を観たわけですが、10代さいば少年にはオカルトにしか感じられなかった主人公の行動が今は受け入れられます。

自分の中のモヤモヤがふっと具象化し

もっとみる

青葉真司容疑者と宮崎勤元死刑囚の共通項

#青葉真司 容疑者と  #宮崎勤 元死刑囚に共通項がいくつか見えており、

改元直後の夏にヲタクに影響を受ける大事件を起こした犯罪者であること

が判明した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無職の埼玉県出没者

宮崎元死刑囚と青葉容疑者は事件当時は無職で埼玉県に出没していたことから、

事件以前に埼玉県のイメージが悪いことは周知のことであり、事件の影響で住みづらくなった感が

もっとみる

突きつけられた現実(下)

相次ぎ落選

大谷翔平がMLBオールターゲームだけでなく、ホームラン競争のメンバーから落選したことについて、野球専門メディア「フルカウント(Full-Count)」は米スポーツジャーナリストの見解を掲載。それによると、ホームラン競争で獲得できる賞金が増え、選手の参加希望率が一気に高まったからだという。こうした面子の中に入ったら、大谷の長打力など高が知れているとでも言いたげで、実に忌々しい。

関連

もっとみる

今となっては、実況より先に言ってしまう
「ビックフライ オータニサン!」

#つぶやき #大リーグ #エンジェルス #大谷翔平 #ホームラン #あるある

25歳のバースデー弾、素晴らしい(^∇^)
おめでとうございます!

突きつけられた現実(上)

胸のすく特大"大谷弾"

米大リーグ・エンゼルスの"二刀流"大谷翔平は、7月9日に開かれるMLBオールスターゲームのメンバーに選ばれなかった。ホームラン競争のメンバーとしても選外。これで2019年の球宴で大谷の姿を見ることはほぼなくなり、残念で言葉がない。それだけに大谷が5日(日本時間6日)に好投手・バーランダーから放ったバックスクリーンへの特大13号を見て胸のすく気分だ。

関連リンク:「It'

もっとみる

ひょいと海を越えていく

金曜日の夕飯です。
りこちゃんと こざる達は、いつものように 皆で一緒に夜のニュースを見ながら、わいわい 賑やかに食べています。

「りこちゃん、大谷君だよ!!」
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手のニュースをやっています。
現地、13日の試合で、サイクルヒットを達成したのです。

「大リーグで、日本人選手がサイクルヒットを達成するのは初めてだったんだね。」
「うん、サイクルヒットは とても難し

もっとみる
ありがとうございます! コーヒーのおかわり、サービスです(^_^)
4

It's "SHOWTIME"

大谷翔平の大記録

米大リーグ・エンゼルスの14日のレイズ戦は、文字通り、大谷翔平の"SHOWTIME(ショータイム)"だった。大谷は先発出場し、一試合に本塁打、三塁打、二塁打、一塁打のすべてを記録するサイクルヒットを達成した。日本人選手としては初めての快挙だ。イチローが引退会見で語った「(大谷は)世界一の選手にならなきゃいけないですよ」との言葉を裏づける高い潜在力の片鱗を見せつけた。今後、イチロ

もっとみる

読売新聞

メジャー初対決、大谷が先輩・菊池から6号ソロ

米大リーグは8日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は本拠地でのマリナーズ戦に「3番・指名打者」で先発し、メジャー初対戦となった花巻東高(岩手)の先輩、菊池から四回の第3打席に6号ソロを放った。初球のカーブを力強く振り抜き、左中間スタンドに運んだ。第1打席は二塁内野安打、第2打席は一塁ゴロで、菊池との対戦は計3打数2安打、1本塁打、1打点。菊池は大谷のソ

もっとみる

ダルビッシュ有「最大の敵」は"薄毛(ハゲ)"

大リーガーのダルビッシュ有・投手、最近は不調気味ですね。
その原因は「薄毛(ハゲ)」の悩みかも(汗)

 ダルビッシュ有・投手のツィッターの書き込みが注目を浴びています。

 ダルビッシュ有投手が自身のTwitterで「最大の敵」を明かし話題になっています。バッターなのかピッチャーなのか、それとも審判なのか?

「20代後半から押されては押してを繰り返してきた。やっと勝ったわと気抜いたらまた強く押

もっとみる

"ちょっと痛い子"疑惑!?

心の一人相撲でグッタリ

奥さんが"ちょっと痛い子"を見るような生暖かい眼差しを向けている。辛辣な言葉を浴びせられる恐れがあるので、敢えて気づかない振りをして逃げ切りたい。原因に思い当たる節がないわけでもない。イチロー引退に一人で落ち込み、その後、今度はサッカー日本代表の生き生きした姿に一人ではしゃぎ、結果、気持ちの大きな振れ幅に耐え切れず、グッタリしていたためだろう。個人的には、こうした"ひとり

もっとみる