女性のASD

異文化コミュニケーション

「0か100かじゃないから!」とか
「答えは1つじゃないから!」とか
「TPOを考えて!」とか「臨機応変!」とか
「空気読んで」とか
今まで散々言われてきましたけどねぇ

支援者になって
これがASDの特徴ではないことに気づきました。
だってこの私が非当事者の支援者に対して全く同じことを思うんですもん笑

多分、自分と感覚の違う相手に対しては‥
誰もがそうなってしまうのだと思う。

考えてもわから

もっとみる

“聞く”ということ

プリント学習中、ASDの子が考え込んでいたので
先生が声をかけてヒントを出してあげたのに‥
「なぜかキレられたー!なんでーーー?!」                      って話がありましたが‥私もそんな子供でしたw

その子のことはわかりませんけど
私の場合は人の話を聞く時、頭の中でその言葉をおうむ返ししてるんです。
だから何かを考えている最中に話しかけられたりすると最悪なんですよね。聞くっ

もっとみる

26歳にしてADHD並びにASDグレーゾーンと診断されました。
日々の備忘録としてブログでやろうと思ったのですが、ブログだと続かない気がしたのでnoteに登録しました。
衝動性だけで生きているので忘れることもあるかもしれませんがゆっくり書いていきます

休むのヘタクソ芸人

突然ですが

「明日は休んでいいよ」「のんびりしてね」
と 余暇を与えられたら皆さんはどうしますか?
また
「今日は目一杯のんびりと羽を伸ばすぞ!」
と思ったら何をしますか?

というのも シーナさんは
「休む」「のんびりする」という行為が
具体的に何をすることを指しているのかが
全く分からないので 結果的に
休むのがとてもヘタクソです

どれくらいヘタクソかと言うと
メインで抱えているタスクAが

もっとみる

ファイルケースバッグ

そういえばこの前、今まで使っていたメーカーのファイルケースバッグが販売終了になったので仕方なく違うメーカーの物を購入しました。

定型の皆さんは購入後、すぐに使えるんでしょうけど
私の場合は2.3日かけて開け閉めと出し入れの練習します。

立った状態、椅子に座った状態、床に座った状態 ‥バッグが左右どちらにあっても出来るように全6パターンです。主人にお手本を見せてもらいそれを動画で撮って紙に書いて

もっとみる

Q.人の気持ちが想像できないのはどうしてですか?

A.人というか定型発達(TD)の気持ちですよね?
TDの気持ちを想像できないのはTDではないからですかねぇ。
一応、人の形をしているので人の仲間にいれてもらってますが結構、違う生き物ですよ。
同じと思うからなんでわからないんだーってなると思うので違う生き物だと思って接してもらった方が楽だったりしますw

他の人は知りませんけど私の場合、定型発達の方と同じ感情でいることが少ないので余計そう感じますよ

もっとみる

Q.ASDの人はどうして他人のアドバイスを聞かないのですか?

A.他人の意見を取り入れたのに上手くいかなかった‥って経験を死ぬほどしてるからです笑

他のASDの方々は知りませんけど、私は1から10まで説明されないとわからない系なのでそもそも理解もしていないのだと思いますw

そんなら質問しろよ!って思われるのかもしれませんが‥質問が多すぎてうざがられたり
質問の内容がおかしいので理解していないことが
ばれて怒られたり呆れられたりするので
“質問すると余計怒

もっとみる

お風呂あがりのドライヤー

以前はリビングで乾かしてたんですけど
他の刺激に囚われてなかなか進まず
変な自然乾燥になり翌日の寝癖が酷くなる‥

ってことで刺激の少ない洗面所でドライヤーするようにしたんですね。それで問題なく乾かせてたんですけど‥最近暑くなってきたのでめっちゃ汗をかくようになった。お風呂入ったのに意味ない‥(^^;;

っで旦那に相談してみたら
「リビングの扇風機もっていけばいいじゃん!」
って。さすが定型様!

もっとみる

自己物件のご紹介 -ABOUT ME-

お名前:唯の言葉(ゆいのことのは)
    都内でフリーの脚本屋してます。来年あたりで10年目の専業。
中 身:ADHDをメインにASDと、若干のLD(暗算と筆記)
    ただ、筆記はメモ癖をつけたので若干マシ……でしょ?
趣 味:水耕栽培、ステーショナリー収集。手芸とインク沼温かい。
    料理全般(常備菜と手ごねパン)、創作技術、ヲタ活(二次)
猫同僚:かわいい毛玉たちがスタッフとして在籍

もっとみる

希死念慮のトモダチ①

1991年。幼稚園に入園した。

基本的に一人でいるのが好きだ。絵本を読んだり自分のペースで出来る事を黙々と行う方が得意だった.

もっと得意なのは空想することだ。それは夜見た夢の続きだったり、普段見ているアニメの延長を自ら考える二次創作のようなものが多かった。

現実よりも空想の方が自分にとってリアルだった。頭の中に広がる映像は色鮮やかなカラーで、現実は味気ないセピア色をしている。

それなのに

もっとみる