女性建築士

お父さんたち!偉いよ、そして応援してる!子育てファミリー向けの家づくり。

日曜日の朝。連休だし天気も良くないと聞いていたので、おとなしく仕事をしていようと出勤すると、平日と少し変わった光景に気づいた。

道路を歩く親子、ほとんどが「お父さんと子ども」の組み合わせだった。

自宅から事務所までの距離は徒歩15分ほどで、その間にスイミングスクールのあるスポーツジムが2か所。このスイミングスクールに行くお父さんと子どもが多かったのだけど、スーパーのビニール袋に食料品をもって歩

もっとみる

#建設現場の見えない仕事〜ブラックよりのラテ?『センスと才能』誰が為に使うのか

こんにちわ。建築士×〇〇 arisa です。
海が似合う真夏の太陽・サンサンとしていたらしいお盆シーズンも終了し♡
もう9月‼︎…風が少し変わって過ごしやすくなりましたね〜♫いかがお過ごしでしたか?(^^)

今回は、海にも旅にも行けずに半泣きした、飛込み件名。300m2超えのオフィス改良工事で感じた、見えない漢気チームプレーと、働き方について。思ったことをか〜な〜り偏った、わたし主観と偏見で書い

もっとみる

017:daita2019/山田紗子(2019)

庭を抱く家

住宅街の三叉路の角地に建つ設計者の自宅兼事務所。多角形の敷地を2分するように、北東側に住居、南西側に庭を配置。庭は、φ=48~60mmの細い鉄管で樹木とバランスを取りながら組み上げ、可能な限り小断面のH鋼のテラスを外部階段で繋いで立体的につくっている。テラスや階段、それら支える鉄骨部材、樹木、自転車などによって庭の密度を上げ、住居と街のバッファーをつくっている。(新建築online)

もっとみる

016:ハウスM/乾久美子(2016)

斜めスラブの連なり

新しく建設された都道によって削られた、奥行きが浅く間口が広い敷地に建つ。勾配を設けた3枚のコンクリート片流れ屋根が架かり、その隙間が住まいになっている。水回りや個室を配し道路側からプライバシーを確保したい1階、3階の屋根は庇を下げ、間に挟まれた2階の庇は上げて、家族にとってのパブリックであるリビング、ダイニング、キッチンを配し、街に開いている。(新建築online)

区まで

もっとみる

013:house H/大西麻貴+百田有希(2018)

外部がまとわりつく家

3方を道路に囲まれた敷地に建つ家。道路から連続するように、屋外の居場所が螺旋状に巻き付き、玄関から屋上まで立体的に展開する。(新建築online)

あまりヒントはなかったんですが、背景に写り込んでいる建物が多いので、それを手掛かりに見つけだしました。ただ、どこにでもあるような建物(というかビル)が多く、難航しました。見に行ってから気づいたのですが、これまでに紹介している建

もっとみる

012:二重螺旋の家/大西麻貴+百田有希(2011)

階段が巻きつきながら登る家

旗竿状敷地に建つ、地上3階建ての住宅。竿にあたる路地から続くアプローチが鉄筋コンクリート造のコアに螺旋状に巻きつく構成。アプローチおよび螺旋階段の外壁はスギ板羽目板貼り。中央の白いコアの外側を木調の壁が取り巻く。コアの内側の壁は左官仕上げで滑らかな表面とし、廊下空間は荒いコンクリート打ち放しの上、塗装のみとするなど仕上げの変化をつけている。(新建築online)

もっとみる

011:小屋と塔の家/大西麻貴+百田有希(2015)

頭ひとつ高い塔のある家

前面道路から奥に向かい、ギャラリーやカフェなどへの展開も考えた半地下の平屋、浴室やシャワー室を修めた3階建ての水回り棟、5階建ての居室棟が並ぶ。室内動線としての階段だけではなく、外壁と一体化した屋外階段も建物に巡らし、上に行くに従って、内外を行き来しながら周囲の風景が変化する体験を生み出している。(新建築online)

これは雑誌に掲載されていた写真の背景に、非常に有名

もっとみる

#建築士。資格が私にもたらしたモノーVol.3 〜彩音

こんにちわ。建築士×〇〇 arisa です。
間が空いてしまいました…前回記事
vol.2〜出逢い  からの続きです。

何事も「覚悟」って結果に大きく響くとわかっていても。自分がどれだけ覚悟を決めていると思っても、ちゃんと動けているかって、意外と分かりづらいと思いませんか。

わたしはすぐ自分にフォーカスし過ぎてしまうクセが未だに取ず…自己満で終わって、結果が出ないことが多すぎるので。
周りに良

もっとみる

003:小さな家/妹島和世(2000)

スラブのズレが生む浮遊感

都心に建つ4層の住宅。水平力を受けている真ん中の階段に対して各階の床が少しずつずれていて、それに合わせ外壁の傾斜も階により違うため、居る場所により四角四面の空間とは違った視線が生まれる。(新建築増刊 住宅10年)

20年近く前の住宅にも関わらず、今でも斬新に見えるその建ち姿はさすが妹島さんです。竣工から時間が経っていることもあり、ネットで探せば色々情報が出てきます。た

もっとみる

リフォームで劇的改善!家事の悩みや不満の原因は「家」?それとも「自分」?

片付けがうまくできない!洗濯をもっと楽にしたい!!
家事が機械化されて楽になったとはいえ、家事の悩みや不満を持っていない主婦の方に出会ったことはありません。

でも、家を建てる時、リフォームするときに工夫を盛り込むことで
・家事が好きになった
・家事を苦痛に感じなくなった
・家事負担が減って自由な時間が作りやすくなった
という変化が生まれます(当社比)。

そもそも、家事の何に不満を感じていますか

もっとみる