子連れ再婚

子どもを3人産んでほしい=3回死ぬ目に会え,ということだとわかっていますか…?

昨今,出産はそんなに危ないことじゃないですよって思いますよね.

私もそうでした.

ただの幸せな出来事でしかないと思っていました.けれど,30を過ぎて産んだ3人目,何度も命の危険を感じました.というか,このまま私がいなくなるのがいいのかなぁって思ったんです.今でもフラッシュバックするので,ちょっとだけ吐き出してみようかなって思っていた時に,3人は産め,とか,たくさん産むことが良いことだ,みたいに

もっとみる

家までの坂道

私を育ててくれた継母は、よく「この家族には私と血の繋がった人間が一人もいない 私は孤独だ」と言って泣いていた。

これが正直な後妻に入った女性の気持ちなのだと思う。

別に彼女は、特別な悪女なのではなかった。

継子がいる家に後妻に入った全ての女性が、きっと1度や2度は、いや何百回も何千回もそう思って後悔することがあるような一般的な気持ちなんじゃないだろうか。

彼女は、38歳で49歳の父と結婚

もっとみる

勇者シングルマザー。

こんにちは!

長女が小学校に入学して、毎日なにかしらの忘れ物をしている占い師、恋愛アドバイザーのDJラジ子です。

今日のテーマは勇者シングルマザー。

私も一度離婚を経験していまして(俺の事を一番に考えてくれなきゃ離婚するという理由でした)(クソが)(よしこ風)シングルマザーの期間がありました。

私の経験を聞いて、たくさんのお客様が毎日相談に来てくれるのですが、離婚の相談も1日に数件はあるわ

もっとみる

婚活するから結婚できない

39歳、コンプレックスだらけの私が15歳の娘を引き連れ再婚した。

9歳年下、年収は約700万。身長は180センチ以上あり、顔も声も好きすぎる。そんな彼が私の夫となったのだ。

再婚を目指して35歳からおこなった婚活を37歳で辞めた私が、38歳で今の夫と自然に出会い恋をした。

結婚できないで悩んでいた間、私が間違ってしてしまったことと言えば婚活しかない。今ならそう断言できる。

婚活したから結婚

もっとみる

交際や結婚を諦めなくていい社会を ~「プラトニック交際」の確立をめざして~

社会には、交際や結婚がしたくても諦めることを余儀なくされている人がいます。
出会いがないなどの理由の人もいるでしょう。しかし、それだけではありません。

出会いがないという個人的な事情ではなく、交際観や結婚観といった壮大なテーマを前に、交際や結婚を諦める気持ちになる人が多いのではないかと考えています。

その中で私が着目したのは、一般的な交際や結婚が恋愛関係や性愛関係ありきだからという課題です。

もっとみる