幻の光

宮本輝の小説で 映画化された作品。
本はあまり読まないが これは映画観てから
小説も読んだ。
「 なぜ自殺したのか? 」 というテーマの物語。

世の人は関心無いだろうが
人間には心があり
私は今
それを解く試みをしている。

これは
とってもとっても~難しい。

更には
天才でも解らないレベルを
中学生でも解るよう
どう表現するか?
というオマケ付き。

文法とかよく知らない私には
ほんとにホン

もっとみる
超感激!あなたは自身の魅力をどう思ってますか?( ^ . ^ )
15

椎名林檎の「俺の女感」は異常

椎名林檎に出会ったのは中学校1年生の時。それまでは宇多田ヒカルに心酔しきっていた私に、ある友達が勧めてくれたのがきっかけで聴くようになった。はじめのうちはその表現手法のクセと、これまで宇多田ヒカルを至高の存在として愛聴してきたプライドみたいなものが邪魔してすんなり聴けなかったものだが、今ではすっかり私の中の2大歌姫として君臨している。
いや、歌姫どころの騒ぎじゃない。もはや私の中では、この二人が日

もっとみる

2時間40分のライブをYoutubeで見たの初めてだ

中村佳穂という人がいて、今日、新宿リキッドルームというライブハウスでのライブをYoutubeで生配信してた。

昨日、かな。

Twitterで中村佳穂さんがそのことを宣伝してるの見てたから、そんで生配信だけじゃなくて「夜中に一人でゆっくり見たい人もいるだろうから」ってことで24時間は配信するってことを言ってたから、その通り、夜中に一人で見ちゃったよ。

この人、ほんとにすごいんだよ。

たぶん、

もっとみる

2019年の宇多田ヒカル

ここ最近、宇多田ヒカルをずっと聴いている。
若かりし頃、「Automatic」「Can You Keep A Secret?」「travelling」くらいまでは聴いていたが、それ以降、季節を飛び、40になった今また聴いている。

「花束を君に」「Stay Gold」「FINAL DISTANCE」「Flavor Of Life」・・・どれも好きだ。通常、同じ歌手でも、曲によってその印象は変わる。

もっとみる
ありがとうございます!「スキ」っていう言葉、好きです
3

宇多田ヒカルへの愛を語りたい ~ ヘッドホンで私の曲を聴いているいつかの誰かのために

1年前の番組の感想だけど。

私にとって、たった4年後に宇多田ヒカルが生まれてくれて、これまで(休止期間含めて)20年も活動してくれている幸せは言葉にできないほど。昔からずっと変わらず、いやもっと大好きだ!

今さらだけど、相次いで放送された『SONGSスペシャル』、『プロフェッショナル仕事の流儀』の宇多田ヒカルの回は、昨年のNHKドキュメンタリーのベストの1つ(2つかw)だと思う。

彼女の詞に

もっとみる

人生100歳時代と言われているなかで(そこまで長生きは正直したくはないが)、自分はまだ四半世紀ちょっとしか生きていないが、人生の10曲を選べと言われたらこの先も変わらずに選ぶであろう1曲がある

宇多田ヒカルの「COLORS」を聴いた時から、"色"に対する意識が特別なものへと変わった。

自己を表現する為に色を用いること

感情を色によって表現すること

この2つが自分の暮らしのベースになっている

もっとみる
ありがとうございます!まだ梅雨ですが、私の心は晴れました!
7

ライブって何で大事なんだ? /  連載 : タイライム

先日、the peggiesのライブに行ってきた。
熱の入った演奏、オーディエンスとのコール&レスポンス、ほんわかしたMC、2回のアンコール… 彼女達のあたたかな愛を感じるライブだった。
正直な話し、事前に数曲しか聞いていなく、知らない曲がほとんどだったのだけども、最後には思いっきりファンになっていた。
帰り道、ライブで演奏していた曲を何度も何度も聴いて、家に着くまでライブの興奮は続いていた。

もっとみる

久々にJ-R&Bラジオ、配信します!
まとまりつかない点・若干テンション低そうに聞こえる点はご容赦ください(一応これでもノリノリでやってます 笑)。

ランキングは以下の通り。
ラジオでは解説付きでご紹介しています。

20位 赤西仁「Candy Flava Girl」
https://music.apple.com/jp/album/thank-you/1461083766

19位 SARA-

もっとみる

私らしく生きる?

ガラスの中で目を覚ます

四方をひとしきり眺め、触れてみて、それを認識する

今日も目が覚めた、そして同じ場所にいた

血豆が手のひらにできて、毎日血が出る。

それほど強く、何度もガラスの箱の中に置かれた木の杭でそのガラスを打つ

ガラスの割れる音は聞こえるけれど、けっして割れてはいない

だれかがどこかでガシャンとガラスの割れる音をたてているだけ

毎日新しい杭は新しい朝とともに私のそばにある

もっとみる