宗教学ってなんやねん

宗教学ってなんやねん、ミナト、大学入ってオカルト目覚めたの??と思ってる方へ

たぶんだけど、みんなが「宗教学」っていう単語から想像するような学問の本当の名前は「神学」

宗教学勉強してるのって言うと、何の宗教を勉強してるの?ってよく聞かれる。

私が毎回言う答えは「全部だよ」

キリスト教の創造論がどうこうとか、イスラム教の教典読解とかそういうのはキリスト教神学・イスラム教神学を勉強してる人がや

もっとみる

Libra

FBも参加する暗号通貨LibraをめぐるG7財務相・中央銀行総裁会議、どんな議論になるかとても注目しています。

インターネットが爆発的に広まった時の「国境を超えて一瞬にして情報が伝達される」ことに感じたワクワク感に似たものを感じています。

「銀行がなくなるのかな」とか「円の価値はどうなるんだろう」という漠然とした不安感はありますが、もしLibraが世界経済で一定の地位を占めるようになれば、イン

もっとみる
こんなヲタクにスキを下さり、ありがとうございました!
1

風邪をひいて

「何か身体がだるいなぁ…」

そう思って熱を測ったら37度を超えていた。低体温の私からすると、結構しんどい。

とはいえ、寝てれば熱は下がるだろうと思っていたら、熱は下がらず、持病の副鼻腔炎は悪化と散々なことに。

ここ2週間ほど、住まいのことや仕事でバタバタしていたので、その疲れが一気に出たんだろう。かかりつけの病院で薬をもらい、できるだけ体力を温存しながら様子を見ているところです。

風邪の普

もっとみる
こんなヲタクにスキを下さり、ありがとうございました!
3

テーラワーダ仏教(『日本宗教史のキーワード』より)

佐藤哲朗

布教伝道の現場から

近現代の日本で断続的に試みられてきたテーラワーダ仏教(上座仏教)受容の歴史は井上ウィマラ[井上 二〇一六]、藤本晃[藤本 二〇一六]、青野貴芳[青野 二〇一四]に詳しい。本稿では、布教伝道にたずさわる当事者の視点から所見を述べたい。学生や研究者の皆さんが考えるヒントにしてもらえれば幸いである。筆者は二〇〇三年の春から宗教法人 日本テーラワーダ仏教協会(一九九四年

もっとみる

https://amzn.to/2LH5xgb宗教の入門書。このジャンルを良く読む人がおさらいするのにも向いています。柔らかい文体で一般の用語を多く使用。アニメ・漫画での題材のされ方にも注目して身近に説明してる。一神教⇔多神教の違いを整理⇔未整理と捉えていたのが私には違った角度からの理解に役立ちました。

「誰が為に鐘は鳴る」"For Whom the Bell Tolls"

アメリカの小説家アーネスト・ヘミングウェーの代表作の一つ。 1940年刊。スペイン内乱に義勇軍の一員として参加したアメリカ青年ロバート・ジョーダンの反ファシスト・ゲリラの娘との恋と英雄的な死を描いた長編小説。荒々しい行動の世界を描きながら,個人の無力と連帯責任を主張した作品で,身を丁して反ファシスト軍救援に参加した作者の体験が生かされている。

- コトバンクの引用をメモ。

イギリスの詩人・聖職

もっとみる

在野研究一歩前(32)「読書論の系譜(第十七回):加藤熊一郎『普通學獨修指針 一名 普通學大意』(國母社、1895)④」

「此の外に熟といふこと尤も肝要なり朱子曰く凡そ文字を看る熟讀精思之を久うせば正文邊に自ら細字註解露出し來る方に是れ自家得力の處とジョンロック曰く他人の説を理解せんと欲せは其言句を離れて其意義趣意を審にし其議論の根據とする所及ひ其の關係する所を明かに領知するを要すと讀書百遍意自ら通ず熟は讀書の要あり學者決して怠るべからす。ステワルドも亦た曰く思考することなく唯だ廣く且つ多く書を讀むときは反て智力を弱

もっとみる

スティーブライヒ再考

今年の5月ころ、スティーブライヒをよく聞いていました。
特に繰り返しきいたのが、

Different trains

という曲。

ライヒはユダヤ人です。そして、Different trainsというこの曲はホロコーストを題材にした曲です。Trainsというのは、ユダヤ人を絶滅収容所に運ぶ電車のことを指しており、Differentというのは「運命がもし違っていたら」という仮定のことをいっています

もっとみる