思わぬ発見

自分の身の上の話を会話の流れから話すと、思わぬ反応が返ってきた

僕の実家はお坊さんなのだが、話し相手が年配の経営者ということもあってか、「今の時代に即した宗教を作ってみては」と冗談とも本気とも取れない言葉をいただいた

僕はずっと実家の家業を心のどこかで敬遠していた

父親の振る舞いが許せなかったのもあるし、そもそも宗教なんて胡散臭いなーと思っていたから

まあでも宗教に対する考え方自体は学生の

もっとみる

人類の運命と万物の運命は創造主による統治と不可分である

あなたがたは皆、成人である。あなたがたの中には、中年の者もいれば、高齢者もいる。未信者から信者となるまでの間、そして神への信仰を持ち始めてから神の言葉を受け入れ、神の業を体験するまでの間に、あなたがたには神による統治に関する認識がどの程度あったであろうか。人間の運命について、どのような識見を得たであろうか。人間は、生涯のなかで望みを全て叶えられるであろうか。あなたがたは、数十年の生活のなかで、自分

もっとみる

自分の信仰

自分の信仰に自信をもっているならば、

イエス・キリストを信じる信仰はない。

インターネット時代の「心の余裕」の重要性

いきなり聖書の御言葉、心に「平和」がないとダメですよね。

ピースフルマインド。重要ですよね。

NHK サイエンスZERO - デフォルトモードネットワーク をどうぞ。

今の時代、老若男女みんな忙しすぎますよね。完全にインターネットを遮断する時間を持つべきです。安藤美冬さんなんて、ほとんどネットをやめてしまっていらっしゃる感じだし。僕もネットやりすぎ。「新しい働き方改革」が求められますよね。

もっとみる

僕と母と宗教と

始めに

岩代ゆいさんありがとう、あなたの一昨日のTwitterがキッカケです。
あなたのように上手くは書けなかったけどようやく想いを吐き出せました。

以前何処かで書いたけど父は横須賀生まれでゴリゴリの理系、会社勤めしながら博士号をとったひと。

母は神田生まれ渋谷育ちの典型的な都会のお嬢様で熱心なプロテスタント。

社会に出てしばらくは幼稚園の先生をやってたらしい。

この日常生活では全く接

もっとみる

日本の宗教って?

数日前、タイの大学生の作品
ウルトラマンをモチーフにした仏陀の絵
「ウルトラブッダ」が

仏教をバカにしている!
ブッダをディスるな!と非難殺到し
挙げ句の果てには高僧のところに
大学職員まで出向いて謝罪する事態になった
というニュースを見て、

「日本の宗教者に生まれてよかった」

と思った。

よく話題に上がる事で、

1年を通しての行事ごとで

「いったい日本の宗教は?」

と疑問に思われる

もっとみる

それは「飴ちゃんあげよ」でもよかったのかもしれない

イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。 イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。 二人はすぐに網を捨てて従った。(マルコによる福音書 1:16-18 新共同訳)

この箇所を読むたびに、いつも考える。イエスと最初に出遭った、いわゆる使徒たちは、どうしてイエスについていった

もっとみる

祈り

私はカトリックだ。

私は前回で50本記事を書いた。
50。
飽き性の私にしては頑張ったと思う。

私はなんでも書いた(つもりだ)。人に迷惑をかけない範囲で。

でも私が書かなかった、否、書けなかったものがある。
私の信仰についてだ。

私はLGBT当事者にしてカトリックである。

私は幸運なことに周りに恵まれ、直接的な差別や何かバッシングのようなものを受けたことはない。

私は、LGBT当事者で

もっとみる

ゆる神道

※最新の記事を無料でお読みいただけます

その1『ゆるっと信じててもいいじゃない』

みなさんは日々どのような思いを抱いて生きていますか?

幸せですか?辛いですか?

このような文章を書かれると身構えませんか?

別に毎日決まった事をしろ!ということではありません。

もちろん特定の団体に所属したり、何かの像や偉い人を崇めたりする必要もありません。

お金を取られることもありません。

こんなウ

もっとみる

私たちは何を信じているのか

こんばんは、よりです。毎日投稿が途絶えてしまって悔しい気持ちでしたが、思ったことを書いていこうと思います。

今回の話については、今日ふと思ったことでもなくて割とずっとぽやぽやと頭の中で思っていたことになります。

私たちの信仰対象ってなに?

ということです。世界では、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教など多くの宗教がポピュラーになっています。

私は高校時代に仏教を信仰している学校に通

もっとみる