360°UN convoy passing waypoint1

running on the desert by 4 wheel drive.
zinder,Niger roads are slippy by sand but running good.also you can find many many seeding holes of mirrett.
UNICEF Convoy going for their mission.
this 360°mov

もっとみる

ハッキリ言って、地元の労働環境は良いとは言えません。

ブラックバイト・ボランティアも当たり前。
セクハラも日時茶飯事。
サービス準備&残業も疑問を持ったり意見を持つだけで
裏切り者扱いされて叩かれます。

この環境を良しとする限り、若い人が出ていくのは避けられないでしょうね。

日本の未来教育と少子化問題

ゆとり教育で"なぜ、理数を3割削減したのか?"
(理数科目のみなら、1970年代から少しずつ削減してきたらしいが)は、私の想像なのだが、アメリカからの強い影響で、日本の政府がそれに答えた形が理数教育の削減になったのでは?と思った。

"理数力は、お金になる"学問だと私は思っている。何か意見を通すにしても経済力や社会的な地位がないと意見は通りにくい。

国にたとえれば・・・、経済力を失った国ほど他国

もっとみる
ありがとう♥ \(^o^)/ これからも、( `・∀・´)ノヨロシク

今週の健康ワンポイントアドバイス

今週は下半身のツボ
八りょう穴(はちりょうけつ)

場所
背骨と尾てい骨(腸骨)に挟まれた
お尻の中心にある平らな骨(仙骨)の
左右4っずつのくぼみの部分

合わせて8っあることから語源になったとも。

効能
男女問わず生殖機能に効果があるツボ
特に男性は必見かな。(精力増強)

副交感神経を刺激し気分を落ち着かせる効果も
あるわよ。

押し方
指のほか拳等で押してもO.K.です。

私のお友達が

もっとみる

7月14日 日曜Nスタ放送リンク

オンエア分については上記リンクでごらんいただけます。よろしければご覧くださいませ。前回お知らせしましたが、伝え切れなかった内容や視点は、ザ・フォーカスでお伝えする予定です。詳細決まり次第またお知らせいたします。よろしく御願いします。

もっとみる

30代未婚子無し女でも書ける!歌える!日本の少子化がとにかく止まらない理由「少子化対策狩りにいこうよ」

参考:幼児におすすめ手遊び歌「もうじゅうがりにいこうよ」動画&歌詞
https://feature.cozre.jp/60074

国:しゅっさんこそだてしようよ しゅっさんこそだてしようよ
女:出産なんてしたくない 出産なんてしたくない
女:生活だってあるんだし 貯金だってないんだし
女:出世だってしたいもん 昇給だってしたいもん
女:あっ あっ 安倍 安倍 おー

国:しゅっさんこ

もっとみる

20歳からの10年で人生を決められるか?

「子供を最低3人くらい産むように」
この言葉が問題になった。
けれど、これは非常に単純で分りやすい少子化対策法だとも私は思う。

35歳あたりを境に妊娠・出産のリスクが急上昇することが知られています。
そこで、国は20代のうちに妊娠・出産・子育てを行うべきという指針を出しています。

まぁ、私もその20代です。今は大学3年生、学部卒で22歳、修士卒で24歳、もし博士課程まですすめば27歳

えっ、

もっとみる

入社前の産休申請

大阪府立病院機構・大阪急性期・総合医療センターに内定していた女性医師が、就業前に産休申請をした件が物議をかもしている。

1日も勤務していない状態で産休申請をしたことについて批判が集まる一方で、産休に難色を示したセンター側職員に対しては、マタハラにあたるとして(懲戒ではない)厳重注意がなされたという。
件の女性医師は内定を辞退したそうだ。

センターの対応を含め、批判の根底にあるのは「産休の前提と

もっとみる

中堅B2B企業にブランディングは必要なのか?

B2B企業って何?

まずはおさらいから。B2BはBusiness to Businessの略ですから、個人ではなく企業に対してモノを売る商売のことです。B2B企業と一口に言っても、すべての企業を対象とする、コンサルティング会社や広告代理店のような商売もありますし、部品メーカーのように、ある特定の業界でしか使われない部品を提供するような商売もあります。

今回は、後者のようなB2B企業について考え

もっとみる

私が子どもをつくる選択をしなかった理由

私には子どもはいない。結婚は絶対しなくちゃ!と思っていたけれど、高校生くらいの時から子どもは産みたくないな、と漠然と思っていた。

実際に結婚はしたけれど、やはり気持ちは変わらない。どうしても子どもを産む条件として、

私が働かなくても充分なお金があること。

なぜなら教育費に困りたくなかったし、普通に家族で海外旅行もできないと嫌だった。何より働きながら保育園に子どもを預けて家事もするなんて、体力

もっとみる