師匠と出会って。

「師匠」

<weblio辞書>
① 学問・武芸・芸術などを教える人。先生。
② 稽古事を教える人。 「生け花の-」
③ 落語家など寄席芸人に対する敬称。

<Wikipedia概要>(師弟)
経験によって培った知識・技能などを伝授する関係で、伝授する側が師、伝授される側が弟子となる。広い分野にわたって見られ、学問の世界ではソクラテス・プラトン・アリストテレスの師弟関係が著名であり、宗教でも

もっとみる

最近、より丁寧な日本語を心がけている相方。昨日、「チケット1枚ください」という言い方を、より丁寧に。。。と考えに考えた末、絞り出した答えが【チケット1枚、お願いしますでござる。。。】(汗)その時、私は心の中で反射的に【ニンニン】と小さく唱えたのでした。©︎忍者ハットリくん

久しぶりに日本語モードの我が相方(通称:師匠(フランス人))。【Dans 3 jours】を日本語で何と言うのか、一生懸命絞り出し、何とか、正解にたどり着けたのだが、ここで名言が。。。「3日後の【ご】は、ゴリラの【ゴ】だね。。。」って。。あのぉ。。。そこから放り込んできます?

藤岡幹大という心優しいギタリストとの想い出

「おい、なかやー。」
「おい、なかやー。」
何度も何度も名前を呼んで懐かしがってくれた15年越しの再会から約2年。
17才の時に初めて出会ってからどれくらい月日が流れたのか。
自分がバンドに夢中になり、高校にいきながら親に通わせてもらったMI JAPAN大阪校、イカツイ先輩が多いなか、いつも冗談言いながら面白おかしくギターを教えてくれた幹大さん。

今じゃ、Yahoo!トップだけじゃなく海外のメ

もっとみる

はな の 日舞修行 ➁

余白LOVER はな です。

たまに日舞のお稽古をつけてもらっています。

日舞師匠は70歳をゆうに越えていらっしゃり

人生の達人 生き方の師匠でもあります。

日舞に 出遭って ますます

日本の文化LOVEな気持がいっぱい。

日舞のお陰で 和楽器の響きも

最近 興味深々。

なにより 日舞師匠の 言葉の数々は

日本の綺麗 で 満ち溢れています。

そんな言葉の数々を 覚え書きもかねて

もっとみる

ムキ・キム島袋なおみさんが考える!師匠の存在が脱・没個性には必要不可欠!?

師匠という存在。

こんにちは。
ムキ・キム島袋なおみです。
最近、色々な分野において、
今まで、右向け右で、右を向いてきた人たちが、
少しずつ、奇抜、個性的、人とは違ったものを表現してきているように思えます。

「大衆」から「個」の時代に変革してきている時代。
というよりも、その時代に既に突入していることに気付かなくてはならない。

そこには、大衆に受けるものではなく、
そのごく一部に深く共感を

もっとみる

それでも師匠!その背中追いかけますから私。

1人目、2人目と終えて3人目。
いつかカタチとして残したかった
我が恩師3部作。今回が最終章。

3人目:シドーさん

前回紹介させて頂いた
コトーさんのブログを遡って眺めていると
たまーに登場していたのがシドーさんだった。
写真から伝わる迫力と絵力が半端ない。
会ってみたいけど…なんか怖そう。笑

シドーさんのブログもこっそり読み漁る。
言葉の使い方や写真、文章がゴリゴリ刺さる。
もちろんシンノ

もっとみる

写真には物語を

写真の師匠は、「写真には物語がある」とよく言っていました。

写真を撮り始めたとき、いい写真をたくさん撮りたいという気持ちが溢れていたので、時間があれば写真を撮りに出かけていました。

撮った写真を友人や師匠に見せて、感想を聞いて次の撮影に活かそうと取り組んでもいたなぁと思いながら、いまnoteに書いています。

今でも、師匠の言葉を思い出しながら写真を撮ることが多く、撮るときに理由を考えなが

もっとみる

それでも師匠!その背中追いかけますから私。

整体の仕事を続けていくうちに
開業したいという気持ちが強くなる。
そもそもそういう事を考えたうえで
この世界に足を踏み入れたわけじゃない。
同時に鍼灸という世界にも興味を持ち始めた。

鍼灸か…
3年間専門学校へ行くことになる。
国家試験受けないとダメなんだな。
30歳からの3年かぁ…勇気いるよなぁ。
学費の高さもぶっ飛んでんな。おい。

2人目:コトーさん

結局、鍼灸の学校へ通いだす。
学校→

もっとみる

それでも師匠!その背中追いかけますから私。

「憧れ」という感情はこんな事を教えてくれた。
どれだけ憧れたとしてもその人にはなれやしないよ。
真似しても結局あんた、猿真似にしかならないよ。
ということはさ、そういうことだろ?
それはそれは大切な事に気付かせて頂いた。

業界に足を踏み入れて15年。
その道中で出会い私が勝手に師と仰ぐ人が3人。
バイブスもええ感じに上がっているので
真剣に紹介させて頂きたい。なぜなら、
私の生きてきたセラピスト

もっとみる