忘れてはいけない

忘れてはいけない日2

2011年3月11日14:46に起こった東日本大震災から、はや8年の月日が流れました。あの日を経験した日本人の一人として、忘れてはいけない日だと改めて気持ちを新たにしました。

あの日の地震と津波で犠牲になった2万人以上の方々がおり、あの日負った身体や心の疵が癒えていない方々がいて、いまだ復興途上の街があります。直接的な被災をしていない私が、普段の日常生活の中で、常に思いを馳せ続けることは難しいの

もっとみる
ありがとうございます。素晴らしい一日になりますように。
4

3.11から8年

本日、平成31年3月11日は、平成23年3月11日(14時46分)に発生した東北地方太平洋沖地震からちょうど8年の時が経った日です。

東京都千代田区の国立劇場では、秋篠宮同妃両殿下ご臨席の下、政府主催の「東日本大震災八周年追悼式」が執り行われます。

M(マグニチュード)9.0、最大震度7という我が国の観測史上最大の規模と揺れに加え、東北地方の太平洋沿岸を中心に甚大な被害をもたらした巨大津波

もっとみる

検索は応援になる。

あれから8年になります。

私は当時、仕事の都合で北関東にいました。

海沿いでは無く内地にいた為、それほどの直接的影響は受けませんでしたが、それでも道路は封鎖、ライフラインはもちろんストップ、夜は街灯も無く真っ暗で、とても静かだった事を覚えています。 ですが、夜は暖房が唯一効く車内にいた為、エンジン音はそこら中から。 ガソリンも手に入らない為、極力ガソリンが減らないよう知人達と車を共有し、1台の

もっとみる

【偽りの安心感】

いい流れやタイミングが来ていても

幸せな環境や仲間に囲まれていても

2つの考え方をしている限り
 

「偽りの安心感」に惑わされて

自分の居心地の良い
場所や環境に居座ってしまう。
 

その2つの考え方とは
 

1)「しょせん、私の人生は、こんなものでしかない」

 というあきらめと失望。
 
2)「私って、〜だから」という決めつけ。
 

「偽りの安心感」から開放されなければ
 

もっとみる

「幸福度」と「充実度」の罠

どんなに仕事で成功して結果を出しても

どんなにお金や名声を得ても

どんなに周りから認めらたとしても
 

大切な人との関係や仲が悪かったり

一緒に歩んでいける仲間がいないと
 

どこか虚しく、空虚で

何かが違う…

すべて「自分には関係ない」
と感じてしまう。

 
まさに地獄の始まりである。

逆に言えば
 

大切な人や
仲間と良い関係を築くことや

一緒に前を向いて
進んでいける仲

もっとみる