【英日対訳+訳者あとがき】地元で重要な話題である慰安婦の窮状を伝えるNY発祥のミュージカル、グレンデール訴訟の地元ロスで無事開演|LAタイムズ(2019.8.16)

はじめに

終戦74年目を迎える今年。世界各地では、戦争の犠牲者の数々が年々減るなかで、昨年から世界に広がった #MeToo 運動などに後押しされて、現代の性暴力被害者だけでなく戦時の性暴力被害者にも光が当てられるようになりました。

4月には、オーストラリアで『バンカ島の虐殺』と呼ばれる日本帝国軍兵士らによる集団殺害事件の年次追悼集会の報とともに、現地BBCにより特集記事が組まれました。(拙訳)

もっとみる

【英日対訳】大戦時の日本軍による性的奴隷化を証明した文書 訳者の母校の蔵書に加わる|LJ-World(2016.1.17)完全版

はじめに

以下は、2016年1月17日に米ミズーリ州カンザス市のローカル紙が報じた内容を著者の公式アカウントからキャッチし、著者の許諾を得て翻訳した内容です。同20日には要約を完了し同26日には全訳を完了していたのですが、当時はnoteのようなものがなくて、evernoteというWebクリップアプリで直接記事を翻訳していました。昨今、「あいちトリエンナーレ2019」での『表現の不自由・その後』展

もっとみる

今の日韓関係について正しく理解したい

愛知トリエンナーレの「表現の不自由展」、韓国のホワイト国除外、連日報道される日韓関係の冷え込みについて、本質的な理解をしたかった。

私のこのnoteを書くきっかけだ。

私の考えはとりあえず置いておいて、基本的な知識すらなかった自分を恥じつつ、まとめてみようと思う。

韓国側の主張は「従軍慰安婦問題」「強制徴用工問題」に対する謝罪がなされていないことへの抗議、日本による「韓国のホワイト国除外」に

もっとみる

アンチ慰安婦としてライダイハンを持ち出すのは冒涜的では

短い記事なので是非読んでください。

ライダイハンという存在をご存知でしょうか。

ベトナム戦争時、韓国軍兵が派遣されたベトナムで現地の女性を凌辱した結果生まれたのが「ライダイハン」と呼ばれる混血の子供(人々)です。イギリスで「ライダイハンのための正義」という団体が活動を始めたのをきっかけに世界でも有名になってきた印象があります。この活動団体は数年前に「ライダイハン像」を制作しました。在ベトナム韓

もっとみる

「表現の不自由展・その後」を滑り込みで見ていろいろ考えた

今回のあいちトリエンナーレは津田大介が芸術監督を務めていることや、参加アーティストを男女均等に揃えたことなど、開催前から話題が豊富で、賛否はあったが、アート自体好きな私は興味を持っていた。本当は夏休みが過ぎて人出も気温も落ち着いた頃に行くつもりだったが、トリエンナーレ内のいち企画展「表現の不自由展・その後(以下:不自由展)」のなかの「平和の少女像」や、天皇の写真を焼くシーンのある映像作品「遠近を抱

もっとみる

反日を非難しながら嫌韓を煽るダブスタ

「#好きです韓国」が話題だと聞いて複雑な思いで見に行ったら「#嫌いです韓国」が一緒にトレンド入りしていました。凄い状況ですね、嫌韓勢力vs親韓勢力の全面戦争。K-POPアイドルのニュースと輸出規制のニュースでそれぞれ棲み分けていた勢力がとうとう、という思いです。嫌な空気ですね。

わたしの立場としては嫌韓です。ただし誤解のないように言いますが、嫌いなのは韓国の対日的な立場であり、その政府であり、そ

もっとみる

お前ら本当は気付いてんだろ−慰安婦問題と現代の日本の性暴力−

腹が立っているので簡潔に、ツイッターに書いたことほぼそのまま書きます。

同意のない性行為、女だから仕方ない?

同意のない性行為をしてはいけないということを知らない人が多すぎる。

同意というのは「するしかないからする」ではない。そんなの同意じゃない。それは「心理的強制」だ。

抵抗すると怒られるから大人しく従って性行為をした。もちろんそれも同意じゃない。

「同意」というのは、「私、あなたとセ

もっとみる

慰安婦とは性奴隷である。その責任は日本政府にあり、日本政府は戦争犯罪国である。

慰安婦は日本政府と軍の組織的な強制連行、または、お国のための良い仕事と言われて申し込んで騙された婦人に対する性奴隷です。本多勝一の「天皇の軍隊」には、なんと国防婦人会まで慰安婦として軍隊奉仕させられていた事実をつきとめています。国防婦人会もお国のためにと騙されて満州慰問したら、男たちが性の慰みにしてしまったのです。
慰安婦とは、本人の意志として生活のために春を売るとはそういうものではなく、慰安所設

もっとみる