手当て療法

手あて

「ぽんぽん、いたい」
「ほら、エビみたいに丸まってごらん」

そう言って、母は胃腸風邪を引いた幼い私のお腹に手を添えて、ゆっくりとやさしくさすってくれたものだった。

布越しに伝わってくるじんわりとしたぬくもりが心地好くて、痛みに耐えている間にすっと眠りに落ちていた。

虚勢がはがれ落ちる瞬間

実はここ数日、たぶん1ヶ月に1回は通過する、彼との”儀礼”が発生していた。

”儀礼”と呼ぶと仰々しく

もっとみる

レイキとスピリチュアル

前回の「レイキは宗教か?」では、レイキと宗教はまったく違うという話をしました。
しかし、「五戒」の説明でも書いたように、悟りがどうのこうのという話は、どう考えてもスピリチュアル的です。
なので、レイキとスピリチュアルの関係を説明しておきます。

スピリチュアルとは何か?

そもそもスピリチュアルとは何かという問題があります。
Wikipediaには、以下のように書いてあります。

英語のスピリチュ

もっとみる

レイキは宗教か?

「五戒」の話から、悟りを得るという話をさんざんしてきたので、中には「レイキは宗教なの?」と思われる人がいるかもしれません。
そもそも漢字で書けば「靈氣」という何やらおどろどろしげな感じもするし、わからないから不安に感じるかもしれませんね。

宗教にある手当て療法

「手かざし」と呼ばれる手当て療法を行っている宗教があります。
そういうこともあって、レイキも宗教の一派ではないかと思われる方もいるよう

もっとみる

「五戒」を説かないレイキは偽物

直傳靈氣に見られるように、日本伝統のレイキでは「五戒」を大切にします。
それは創設者の臼井甕男(うすい・みかお)氏から、「朝夕合掌して心に念じ口に唱へよ」と言われているからです。

一方、西洋レイキではほとんど語られることがありません。
ただ、「五戒」は知らなくても、レイキを使うことはできます。
したがって、病気や怪我を治すのに「五戒」は不要とも言えます。

しかし、タイトルに書いたように少し厳し

もっとみる

レイキの特徴

前の「レイキとは何か?」で、レイキの本当の目的について書きました。
民間療法として病気や怪我を癒すことだけではなく、その先に真の悟りを得るための方法としての目的があるのです。

その話を先に進める前に、ここでレイキの特徴を整理しておきたいと思います。
そうすることが、今後の理解に役立つと思いますから。

レイキの10大特徴

レイキの特徴については、すでに「レイキと気功の違い」で一部を書いています

もっとみる

レイキとは何か?

レイキは、大正末期に臼井甕男(うすい・みかお)氏が始めた民間療法で、手当て療法の1つであると前に言いました。
あるいは、気功のようなものだという話もしました。

しかし前回の「寿命以外にはすべて効果がある」の最後で、「単純に病気や怪我を癒す民間療法ではありません」と言いました。
「私たちの生き方そのものに大きな影響を与えるもの」であると。
ここでは、レイキとはいったい何なのかということについて、も

もっとみる

遠隔ヒーリングの可能性

前に、遠隔ヒーリングは時空を超越したものである、という話をしました。
そのため、遠いところにいる人に対してレイキをすることができます。
そればかりか西洋レイキでは、過去や未来の人に対してもレイキをしたり、氣(靈氣)を送って浄化したりします。
まるで超能力のようなことができてしまいますが、さらにもっと不思議なことができます。

複数の人に同時にレイキをする

西洋レイキには、複数の人に対して同時に遠

もっとみる

ナチュラル・レイキの手の当て方

西洋レイキでは、スタンダードポジションと呼ばれる手の当て方があります。
一方、日本伝統のレイキでは、病腺を感知して手を当てるという方法があります。
では、私が推奨するナチュラル・レイキでは、どのような手の当て方をするのが良いのでしょうか?

ナチュラル・レイキは自由です

ナチュラル・レイキのコンセプトは「自由」です。
つまり、どこに手を当ててもかまわないのです。

西洋レイキのように、スタンダー

もっとみる

ナチュラルレイキの遠隔(2)

前回書いたように、ナチュラル・レイキの「遠隔ヒーリング」は、ただ受け手をイメージし、あるいは言葉に出すことによって、受け手(の魂)を引き寄せ、そこにレイキをするというものです。
特に面倒な手続きは必要なく、ただ目の前に受け手がいると思えばいいのです。
あとは、普通に対面してレイキをするのと同様に、手を当ててレイキをすればいいのです。

過去へのレイキ

西洋レイキでは、未来や過去に対しても遠隔ヒー

もっとみる