法人営業の大事なこと

農産物の輸入の仕事をしています荒川防火水槽研究会と申します。名前は趣味のブログからそのまま使っています。

 私の仕事のメインはグループ会社向けの原材料の仕入れですが、その商材をそのまま外部のお客様に販売する仕事もしています。仕入れ部門でもあり #法人営業 もするという、割と守備範囲の広い仕事です。

 労力は、仕入れよりむしろ販売の方が大きく、法人営業に伴うエンタテイメントや #接待 をする場面

もっとみる

vol.16 知っている気持ちの幅を広げる〜サービスマンは知っている。本当にモテるための方法論〜

「その時その時の自分に素直に従えばいいじゃん」

作家であり、映画監督でもある辻仁成さんの言葉です。

なにかでことを成した方は自分をものすごく大切にしながら、人の気持ちはそれ以上に大切にすると思っています。

こんにちは、フリーランスソムリエの鵜沼です。

先日のブログで

どういう場なのか?自分、そして相手の気持ちはどうか?
と色々な要素と情報を手に入れて推察する”予測するチカラ”が必要です。

もっとみる
読んでくださってありがとうございます!感想聞かせてください^^
5

vol.15 気配りは自分のわがままから始まる〜サービスマンは知っている。本当にモテるための方法論〜

いいものは失ってから気づくことが多いってことありませんか?

大切にしていたものや必需品。いつもそばにいてくれた人や、地震で水が出なかったり、電気を失ったときも。

そのたびに落胆、後悔や反省もしますが、次に活かすための成長のきっかけになるので感謝もしています。

感謝をすることで心の整理がついたりもしますから。

こんにちは、ウヌマです。

気づくということは、接待やデートでも必要なことです。

もっとみる
スキ嬉しいです!書く励みにします。ありがとうございます^^
5

vol.14 モテるために身につけたい基本テーブルマナー「フレンチ初級編」〜サービスマンは知っている。本当にモテるための方法論〜

あなたがテーブルに着くとキレイに畳まれたナプキン、磨き上げられたシルバーが何本も目の前にあります。

まずはナプキン。

ナプキンを広げるタイミングは、ドリンクやお水を持ってきてくれたとき。
二つ折りにして、折り目を自分の方に向けて太ももの上に置きます。

口や手を拭くのはナプキンで、二つに折りたたんだ内側の端を使ってください。

今は日本らしく”おしぼり”を用意してくれているところもあるので、こ

もっとみる
スキ嬉しいです!あなたのお役に立つ記事になっていたら嬉しいです^^
4

vol.13 テーブルについてからのおさえておきたい3つの会話〜サービスマンは知っている。本当にモテるための方法論〜

テーブルに座り、これからあなたがすることは3つの会話です。

この3つの会話を円滑にすることが成功への道、つまりモテる道につながっています。

まずはサービススタッフとの会話です。

あなたはホストです。

あ、勘違いしないでくださいね。席の隣りに座り接客したりする夜のお仕事ではありません。

ゲスト(お客さま)に対して「もてなす側」のことをホストと言います。

デートや接待において、その場を取り

もっとみる
スキありがとうございます!また読んでくれたら嬉しいです^^
2

オーストラリアのレストランで働いたから気付く、日本の接待・会食文化の異常さよ。

日本の会食や接待文化が苦手だ!というのは、私だけではないと思う。私は今オーストラリアの某日本食レストランでたまに働いているのですが、たまに出張で来ている日本人サラリーマンのお客さんが来ると改めて「なんなんだこれは」と感じるので今日はそれを書いてみようかと。

日本食レストランでも22時に閉まるオーストラリア

大前提として、私が働いているレストランは22時に閉まる。日本では24時間営業の居酒屋や

もっとみる

接待によるメリットとデメリット

こんにちは、スタートアップベンチャーで働くカワダです。

3日連続で飲み会に参加した事で、完全に日報が滞り反省をしつつ、そのメリットとデメリットを観察できたので簡単にまとめます。

また、飲み会(=接待)に3日連続して参加した意図は、日々の訪問で思考する余裕がないことに気付いたことからでした。

訪問、商談が増えると日中タスクができないので、夜タスクをこなす事になる。夜タスクをこなすと思考の整理や

もっとみる

仕事でブログを書く時間がない。

こんにちは、イケメンブロガーです。

今週は、凄く忙しい週でした。

11日でブログが止まっていますが、
12日は、仕事終わりに接待。

取締役クラスの方々の接待をなぜか、専務に連れられて同行し、次の日には、
売り上げ8,000万円の契約が取れそうで、
その提案書作りに追われたりとバタバタな一週間でした。

ちなみに、明日も午後から、政治家とのパーティが入っています。

これも専務に同行です。

もっとみる

若者を魅了した「堀江イズム」とは

2019年5月10日付新R25には、「飲み会は“意味”を込められるかが勝負」田端信太郎が教える“飲み会・接待”の極意と題し、リクルートにて「R25」を立ち上げた後、ライブドアにて堀江さんの下で働いていた経験のある田端信太郎さんのインタビュー記事が掲載されていました。

https://r25.jp/article/675681850121580227

以下文中転載。

ライブドアに入ってビックリ

もっとみる

カラオケは酔ったら最強

カラオケ中、歌詞をみて泣けるようになった。

仕事の接待で二次会にカラオケへ行くようになり、カラオケは仲のいい友達とただ楽しむだけのものではなくなった。眠くても帰りたくても、誰かが歌う曲をきいて合いの手をとり、一緒に歌う。心から楽しめていなくても、楽しいフリをする。もちろん楽しい瞬間もあるけど、「あ、いまのわたし笑ってるな」と感じてしまう。

そんな中、カラオケ中に歌詞に心打たれるようになった。誰

もっとみる