方法論

「方法論」と「STORY」

noteを始めます。

 ※公式ブログがあるのですが、あちらは脚本の書き方や勉強の仕方に特化した内容になっており、他のことが書きにくい感じになりました。こちらでは、それ以外のことを自由に書いて行きたいと思います。

 今回は「方法論」と「STORY」についてです。知り合いに聞いた話で、なるほどと思ったので、その人の許可を得てシェアします。

 人は何かを実現しようとしたとき「方法論」と「STORY

もっとみる
スキありがとうございます!
34

【ブログのコツ】結論は簡潔に・最初に!

結論は最初に!簡潔に!

今日のノートはこれだけです。

PREP法ってきいたことありますか?

PREP法とは

POINT=ポイント、結論
REASON=理由
EXAMPLE=事例、具体例
POINT=ポイント、結論を繰り返す

つまり結論は最初に持って来て、簡潔に述べるべき。

最近ダラダラブログを書いていても、仕方ないなと感じてきました。

ただのSEO用の水増しになって何を言いたいのかわ

もっとみる

「箱」と対峙するー序ー

博士課程として先日やっと論文を投稿し,後期の研究計画でさまよいながらもとりあえず歩き続けてる院生です,こんにちは.
夏休み前に研究室でこんなものを書いてモヤモヤしていたら,後から来たB4の後輩に「ガリレオ(多分ドラマの方)みたいですね」と言われたけれど,実際そんなに大したことは書いていない.

今日から何回か,できれば長くしたくないので3回くらいに分けて「箱」,特に「紙箱」の話をしようと思う.(単

もっとみる
大変恐縮でございます…(頭が地面にめり込んでおります)
3

構想力の方法論

武蔵野美術大学大学院 造形構想研究科 造形構想専攻
クリエイティブリーダーシップコース 
クリエティブリーダーシップ特論 第3ターム

 「構想力の方法論」 多摩大学 教授 紺野 登先生  2019/9/11

第3タームがスタートしクリエイティブリーダーシップ特論二人目のゲストには、武蔵野美術大学に市ヶ谷キャンパスが新設される前の鷹の台キャンパスでの夏のオープンキャンパスで大学院造形構想研究科

もっとみる

間違いねんじゃね馬の見つけ方

この方法論はたぶん凄い物です。本当は書きたくありません。100万積まれても、です。ですが、“間違いねんじゃね”と言う根拠を知りたい方も沢山おられることでしょう(妄想)。ですので今回誰にも買われないことを祈りつつ、書くことを決めました。物凄く簡単なことなのです。あ、それと最初に言わせて頂きますが、なぜこういうことが起こるのかは私もわかりません。分かりませんが何故か馬券圏内に馬が来てしまうのです。

もっとみる
誠にありがとうございます。
1

ミーティングはかくあるべき 〜ジャパニーズミーティングはダメダメよ〜

小生が経験したことがすべてだと思ってはいない。しかし、他から聞こえてくるミーティングも同様だったので、書いてみることにした。

以前会社に所属していたとき、こういう方針のミーティングが多かった。

大枠としてはこのようにしたい。それについてどうしたらいいか?

こういうミーティングが行われるケースの共通点として

・主催者が 偉い人 or 非エンジニア(IT企業)
・偉い人から降ってきた案件
・参

もっとみる

ライフハック#1 便利ツールとハウツーの話

ライフハックとは、生活の質ひいては人生の質を上げるためのあらゆるハウツーのことを言います。
生活術、仕事術、便利術、時間管理術…etc

もともとはもっと専門的な「効率よく生産性を上げるための仕事術」という意味で使われていた言葉ですが、最近では広義に「生活術」として認識されています。ちょっとした工夫や裏技など生活の役に立つ、あらゆる知恵や方法のことですね。便利グッズやアプリなどのツール自体を意味す

もっとみる
スキありがとうございます!また来てくれると嬉しいです
1

Hello drawing!

世の中にうらやましい人というのはいるもので、私にとって、その最もたるものが「芸術的な人」かもしれません。

描く、撮る、彫る、歌う…
不器用な私は、どれもからきし。
それらを難なくこなせる方を、憧れの目で見てしまいます。

特に、絵を描ける方。
人間の得る情報は視覚に頼るところが多いため、デザイン分野に限らず、言いたいことが絵で伝えられるって強みだな、と思います。

前に観たテレビの番組でも、外国

もっとみる
よろしければシェアもお願いします◯
4

§16 海外で名前を覚えてもらうための一考【旅ログ ウガンダ編 X.】

本稿は、この一つ前の投稿の続きです。
読まれていない方はこちらを先に読んでいただけると幸いです。

今日は、名前が「ちたか」というヘンテコなものになるに至った経緯です。

それでは、本編に移りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人それぞれが持つ名前には、つけた人の想いや、先人なり言葉なり、そのモチーフとなったもの自体が持つ意味を内包していることがほとんどだ。

とりわけ漢

もっとみる
ランチパックはトースターで焼いてから食べる派です。
10

モデルベース要件定義手法RDRAの紹介

モデルベースの要件定義手法であるRDRAのワークショップに参加しました。

自社におけるアプリケーション開発の組織的品質向上を計る上で、ベースとする標準手法を模索していた折、アクティアの高崎さんのTweetをきっかけにこのRDRAを知りました。書籍を紐解いた第一印象で、複雑すぎず簡易すぎず、うちの組織と相性が良さそうに思い、まずは使ってみるべしと私が担当しているある社内PJで適用を開始しました。今

もっとみる
スキありがとうございます!
4