昇進するために一番大事だけど意外とできていないこと。それは「自分をアピールすること」です。

謙虚が美徳とされる日本では、自分の成果をアピールすることは難しいです。しかし、淡々と仕事をこなしても、上司は気づいていないものです。

上司に気づいてもらうためにもアピールをしましょう。

ありがとうございます!励みになります!よければフォローもお願いします。
2

体癖(たいへき)理論について

Ryo kurita(栗田涼)

00:00 | 00:30

身体の特性と思考特性は密接に繋がっていて、傾向があるという野口晴哉氏の理論です。

■目標までの距離(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=qjC-pG6xlfA

■ライフ・ドリブンキャンパスの解説資料(PDF)
https://life-driven.work/wp-content/uploads/2019/06/88e86256a3d7c31f132f3a2

もっとみる
リアクションいただきまして、誠にありがとうございます!
13

昨日、妻が昇進した連絡を受けて、缶ビールと、駅のそばで花💐を買って帰ったのだけど、花を贈るってのは、とても気持ちのいいものだな。ずっと手元に残るような『モノ』でもなく、一瞬で消える『消耗品』でもない、はざまの『思い出みたいな何か』って、これから先もずっと大切にしたいなって思う。

TOEIC初心者は試験の時間配分を気にせず受験すべき理由

こんにちは。

就職や昇進のためにTOEIC L&Rのスコアが必要な人も多いのではないでしょうか。

そのために勉強して、試験本番に臨む人もたくさんいます。

そんなTOEICですが、実はTOEICのスコアが700以上の人って、全受験者の上位3割に該当しているって知っていましたか。

スコアが800だと上位13%。

900点以上だと、上位3%とも言われています。

先に言っておきますが、TOEI

もっとみる

キャリアの主導権を握る4つの方法

キャリア権という新しい考え方

日本企業で就職をした場合、正社員として雇用を守ってもらうために、会社のわがままを聞くというトレードオフの関係が成立していました。

このトレードオフの関係も崩壊するのは時間の問題になりはじめています。

人手不足の現状となり、現存の社員のライフデザインに同調をしていかないと組織が回らなくなるという状態に変化をしています。

従業員の満足度を引き上げるために、リモート

もっとみる

生涯1企業で働くことのリスク

生涯一つの会社働く

一つの会社に長く働けば働くほど良いと言われてきた日本企業。

しかし、近年は時代の変化、産業構造の変化により、その体制が崩れ始めている。

人の出入りが激しくなり、正社員であれば雇用が保証されている、ということもなくなってきています。

DODAがビジネスパーソン5,000人を対象に行った調査では、24歳から35歳の方を対象に今の職場(会社)に一生勤め、今と同じような仕事をし

もっとみる

出世したほうが人生楽しい!中小企業の役員であるオレが、出世するメリット3つについて説明する

出世というと、「出世したほうがいい」「しなくてもいい」と賛否両論あるが、実際に出世したオレは「本当に出世してよかった」と思っている。
大げさではなく、出世して人生が楽しくなったとさえ思う。

ということで今日は、オレが思う出世するメリット3つについて説明しよう。

出世すると、ほとんどだれからも何も言われない

出世すると怒られない。
批判もされない。

というか、自分より偉い人があまりいないので

もっとみる

今後の日本企業の【転勤】あり・なしによる採用の変化

就職、進学情報の提供や調査等を行う「ディスコ」が2019年卒業の就活学生に 

「あなたが理想としている働き方」についてアンケートをしている(18年3月調査)。

これによると、「ひとつの場所で働きたい」

「どちらかというとひとつの場所で働きたい」と答えた大学生が67.6%

(5671人が回答)と、約7割が転勤のある会社で働くことへの抵抗を示しています。

日本の終身雇用制度によって生まれた一

もっとみる

給料の高い業種 どういった業種?

働くなら少しでも多くの給与をもらいたいと思うのは当然です。

しかし、同じ年齢、同じような学力・能力・スキルを持っていたとしても会社によってもらう給料は全然違います。しかし給料(お金)の話は皆好きですが、話したがりません。

ですので、情報が広まっていきません。特に中小企業はネット等でも退職者や在籍している社員が投稿するといったことはほとんど見かけません。

ですので、今回、業種によって給料の高い

もっとみる

信用できる、責任感のあるあなたになるには?

あなたが頼られる、信用に足ると認識してもらうためにするのは、【○めないこと】である。

「自分は仕事ができる」

「自分にもっと役職かほしい」

「給料を上げてほしい!」

こんな想いがあったとしても、ただそれだけでは叶うことはないでしょう。

このような希望が叶うには、あなたの評価が上がらなければなりません。

評価をあげるために高めるべきポイントがあります。

それは【責任感】です。

責任の

もっとみる