正当防衛

言葉に棘があるのはだいたい自衛するため

軽自動車税の存在を母が忘れていました…しかも期日過ぎてた…

私も私で「そーいや自動車税来ねえなぁ」と思い、ぐぐってみたらもう期日過ぎてて「えっ」ってなって実家に電話した結果がこれだよ!
(ちなみに母は固定資産税関連の書類だと思ったらしい)

電話したあとに気づいたんですが、自動車税の存在を忘れたことについて頭に血がのぼった自分がいて、言葉がきつくなっていました。
言葉に棘があるのは昔からなんです

もっとみる

酒癖悪いは命取り。

私の友人は
酒に酔うと
会計時にお金を置くトレーと間違えて
空いたサラダの皿にお金を置きます

そう言えばいつだっから
ハリウッド女優のシャーリーズセロンの
お父さんが
超酒癖悪くてさ
あんまり酷いもんだから
お母さんがお父さんを射殺したって
聞いたことがある

そんでもって
結果的に正当防衛が認められたらしいんだけど

まぁ何が言いたいかって
酒癖悪いは命取りってこと。

#お酒 #お金 #女子

もっとみる

ハラスメントの正当防衛

2013.12、前職で元共同作業者で70代の同僚にミスを指摘され、説明をしても理解されずに口論に至ったことから、

アンタ、ちょっと頭おかしんじゃないの⁈

と吐き捨てられ、明らかに両親から受けている #モラハラ と感じたので、

今の発言、もう一度言ってください!!

と、咄嗟的に #正当防衛 に出た。

その発言をした私に加害者のひとりである元出向社員のに

仕事中だから静かにしてください!

もっとみる

【ぶんぶくちゃいな】過失か、過剰か、あるいは正当防衛か

これまでもこの時期に散々書いてきたけれど、3月の中国は「政治のシーズン」である。北京の人民大会堂で年に1度の全国政治協商会議(「政協会議」と呼ばれる)と全国人民代表大会(同「全人代」)が開かれるからだ。中国人はこの2つの会議をまとめて「両会」と呼ぶ。

中華人民共和国は「中国共産党が指導する」ことを玉条とする国家であることは周知のとおりだが、実は中国には中国共産党以外の政党やその党員になることが許

もっとみる

世間知らずが何とやら

渡る世間は鬼ばかりの岡倉の大将が、「この世間知らずが。」とほざくが、元闇市の非行少年がバラック小屋から立てた築地のような不潔な環境で、手を洗ったかどうかも分からない大将が握った寿司は、生暖かくて、食えたものではない。生体反射で嗚咽して吐き出してしまう。それは当然として、「世間知らず。」と豪語するからには、岡倉の大将は、世間のことに詳しいらしい。それならば、その食材は何処から仕入れたのか。「あー、う

もっとみる

刑法の構造と逮捕の意味から考える警備業のリスクマネジメント

1. 警備員は悪い奴を見つけたら戦うべきだとおっしゃる方もおられるが、それはできない。そんなことをすれば刑法にひかかって逮捕される可能性があるから。警備員は権限がなくあくまで一般人。

 2. 刑法の構造はいわば形式から実質を考えましょうというもの。

(1)例えば警備員A(以下A)が工事中の契約施設の巡回中、不審者B(以下B)を発見したとする。「そこの君、何をしている?」と聞いたところ、相手は素

もっとみる

アンパンマンの問題解決手段

この日本で育児をするにあたってアンパンマンは避けることができない。
 アンパンマンを知ることなく大人になることはほぼ不可能だというくらい、生活の至るところにアンパンマンがいる。
 つまり、アンパンマンは日本中の子どもか共有する知識であってアンパンマンの世界の価値観は日本の平均的価値観になっていると思う。倫理観と言ってもいい。
 前から気になっていたのはアンパンマンが最後はアンパンチという暴力によっ

もっとみる

例え、ワタシが間違っていたとしても
ワタシは正当防衛という技で
人を殺すことはないようにしよう。

どんな理由があったとしても
人を傷つけていい理由にはならないし

優しくされないからといって
自分が優しくない理由はない。

ワタシが、傷つけ優しく出来なかった人
ごめんなさい。