毛利亘宏

「演劇」をガッツリ訓練してきた役者が2.5次元舞台に参画することの意味【後編】

昨日は前編として「2.5次元舞台のイメージ」について綴りました。本日は後編「訓練してきた役者が参画することの意味」という、このテーマを立てた時点で本当に書きたかったことを綴ります。

近年、ガチでトレーニングしてきた俳優が2.5次元に参画する機会も増えてきたように感じています。そこで、あくまでも私見ですが「特にどんな人が向きなのか」「どんなスキルが求められるのか」そんなことを書いてみることにしまし

もっとみる

観劇ログ(2018年下半期)

今年の観劇はここまでかな、ということで、2018年下半期の観劇ログ。noteの過去記事引用でお送りします。表記はチラシまたは公式ページの記載に準ずる。基本的には団体名『タイトル』で記載。一部の公演に関しては冠『タイトル』で記載。

◎劇潜サブマリン『Vの果て』
◎CEDAR『建築家とアッシリア皇帝』
◎少年社中『機械城奇譚』
◎Kawai Project『お気に召すまま』
◎タグステ『YOSHIT

もっとみる

少年社中 第35回公演『機械城奇譚』観劇(9/6 19:00)

少年社中20周年記念第三弾 少年社中 第35回公演『機械城奇譚』についての雑記です。劇団公式サイトはこちら。ネタバレは含みません。ただただ愛を語るだけの記事です。

先の投稿でも記した通り、今回の『機械城奇譚』という作品は再演。

初演は2010年で、その時の観劇では絶望とやるせなさの混じった、せつないと言う言葉では足りないくらい強烈なせつなさを味わいました。救いのない感じ。しかし個人的にはその重

もっとみる

今宵は少年社中の『機械城奇譚』を観にゆくよ。

今日は少年社中 第35回公演『機械城奇譚』を観にゆくよ。

観劇後に感想記事として投稿しようかと考えていたのだけれど、「この作品については観劇前にも書いておきたいな」「初演を思い出しておこう」って。

初演観劇時には……

2010年の初演も観ているのですが。

いやぁぁあああ!!!
もぅ、ねぇぇえええ!!!

グッサグッサ刺さるんだこれが。
思い出しただけで泣きそうになる。

DVDも持っていて

もっとみる

観劇ログ(2018年上半期)

Twitterやnoteのログをコピペしたり引用したりでお送りします。一部は思い返して直打ち。表記はチラシまたは公式ページの記載に準ずる。基本的には団体名『タイトル』で記載。一部の公演に関しては冠『タイトル』で記載。

◎劇潜サブマリン『ファミリィゲーム』
◎JAM SESSION.13『ヴェニスの商人』
◎舞台『99才まで生きたあかんぼう』
◎7millions-ナナミリオンズ-『ナカヨクヤリナ

もっとみる