毛包

「お金持ちは髪がフサフサ」の時代到来

頭皮の毛髪の毛根を包み込む「毛包」。健全な毛包の数が髪の本数に直結。
 つまり、薄毛(ハゲ)の程度は「毛包」で決まります。

 老化や生活習慣の乱れによる「血行不良や栄養不足、酸化」により、「毛包」が退化して冬眠化し、抜け毛が急速に進行。

 この薄毛(ハゲ)を一挙に解決する方法が開発されました。
それは
①自分の毛包をクローン技術で大量培養
②毛包を支える地肌を3Dプリンターで生産
③毛包を支え

もっとみる
嬉しいです。
8

ハゲ(薄毛)の原因は「17型コラーゲン」

毛が生えてくる毛穴の奥の「毛包」。その毛包には「毛包幹細胞と色素幹細胞」が存在します。
 ■毛包幹細胞: 毛髪の素
 ■色素幹細胞: 黒髪の素

 そしてそれらを維持するのに重要な役割を果たしているのが17型コラーゲン(タンパク質)。

 この17型コラーゲンは加齢とともに減ってゆき、毛が細く本数も減少して薄毛⇒ハゲ(白髪も) と進行してゆきます。

 この重要な「17型コラーゲン」ですが、現時点

もっとみる
嬉しいです。
6

免疫(制御性T細胞)で"髪が生えた!"

かわゆいハトちゃんの頭はツルツル(薄毛? 短毛)ですが、ビロードのように柔らかです。

 薄毛(ハゲ)の原因は
①遺伝
②悪い生活習慣(食事、睡眠、運動習慣など)
③ストレス
 が大半といわれてきました。

 ところが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究で
炎症を制御する免疫細胞の一種である制御性T細胞(Treg)が、「毛包幹細胞」による発毛の促進に欠かせない要因である事が判明。
 「毛

もっとみる
やった~
5

2020年に、再生医療で「髪フサフサ」

とうとう、理化学研究所と医療ベンチャー企業のオーガンテクノロジーズが、再生医療による「毛包の大量培養技術」を確立して、2020年にも実際の薄毛治療で実用化予定になっています。

 頭皮の健全部の頭髪の元となる「毛包」をサンプリングして、特許技術で大量に培養し、頭皮に移植するものです。
 20日ほどの培養で「1万本」の移植が可能とか。

 最初は男性型脱毛症(AGA)患者への適用ですね。
これで、従

もっとみる
嬉しいです。
1