精工技研の2019年Q1決算を読み解く

今回は精工技研の決算を見ていきます。

精工技研は精密な金型の製作、および金型を利用した各種コネクタ、部品の製造を行う企業です。

とくに光関連製品のコネクタや検査装置などで知られた企業で、ここ最近の同社の事業の牽引役になっています。

今回は同社の決算を眺めていくとともに、光関連製品の業界動向なども見ていきたいと思います。

とりあえず、先日発表されたQ1決算をざっくりとみていきましょう。

もっとみる

SCREEN(スクリーン)の2019年Q1決算を読み解く~シリコンウエハ洗浄機世界1位~

今回はSCREEN(スクリーン)の決算をみていきます。

SCREENは半導体製造および印刷機器の大手メーカーです。

とくに枚葉式のウエハ洗浄装置やフラットパネルディスプレイ用のコーターデベロッパ、オフセット印刷用CTP装置で世界シェア1位となっている他、

プリント配線基板用直接描画装置シェアでも世界有数の企業となっています。

今回は同社の決算を通しながら、半導体製造装置業界全体の動向につい

もっとみる

アルテリア・ネットワークスの2019年Q1決算を読み解く

今回はアルテリア・ネットワークスの決算についてみていきます。

アルテリア・ネットワークスは昨年12月に株式公開しましたが、直後に公募価格割れ。

その後もカルテル問題およびカルテル隠して上場した有価証券報告書不実記載などの可能性が発覚し代表取締役が辞任

株価も大きく下落してしまいました。

しかし、同社の本業の業績はよくよく見れば非常に堅調。

株価もほぼ全戻し水準まで戻しています。

今回は

もっとみる

ニレコの2019年Q1決算を読み解く

今回はニレコの決算をみていきます。

ニレコは制御装置・計測装置・検査装置のメーカーです。

同社はもともと鉄鋼生産ラインの管理システムから発展した企業で、そこで培った技術をもとに、現在では各種シートなどのウェブコントロール(※1)、画像処理を利用した検査装置なども製造しています。

※1・・・シートや巻物のシワ、ズレ、たるみを発生させないようにコントロールすること

ここもと、電子部品などの製造

もっとみる

小田原エンジニアリングの2019年Q2決算を読み解く~モーターコイル巻線機の世界トップクラス企業~

今回は小田原エンジニアリングの決算をみていきます。

小田原エンジニアリングは巻線機(※1)の製造とライン設計を行う会社です。

※1・・・モーターのコアに銅線を巻き付ける機械

同社はこの巻線機の業界で国内シェア1位、世界シェアでも2位の企業となっています。(注:同社は世界シェア1位と主張しています。)

主に自動車用や家庭用のモーター製造に使われる巻線機を製造しており、ハイブリッド車、EV、P

もっとみる

Uber(Ticker:UBER) Q2 2019 決算発表

8/8、ウーバーの第2四半期の決算が発表されました。

・Q2 2019 ハイライト(前年同期比)
グロスブッキング +31%($15756M)
トリップ +35%(16.77億回)
売上高 +14%($3166M)
EPS 予想 $-3.19、結果 $-4.71(✕)
コントリビューションマージン 14.7%→8.2%(✕)
米国のドライバーの50%以上がウーバープロに登録
ウーバーイーツの利用

もっとみる

ヒラノテクシードの2019年Q1決算を読み解く~MLCCやリチウムイオン電池電極の製造機械メーカー~

今回はヒラノテクシードの決算をみていきます。

ヒラノテクシードはコーティングマシン(塗工機械)の大手メーカーです。

塗工機械といっても馴染みがない方が多いと思われます。

詳しくはこちらのサイトに説明を譲りますが

簡単に言ってしまうと、フィルムや布、箔、紙などの薄い生地の上に、液体を塗って、乾かす機械ということになります。

かつては塗工機械というと粘着フィルムやマスキングテープなどを作る機

もっとみる

京セラの2019年Q1決算を読み解く

今回は京セラの決算をみていきます。

京セラといえば電子部品のイメージが強い会社ですが、実のところその経営は複雑かつ多角化しています。

今回はそのあたりも含めて、同社の経営の実態をセグメント業績ごとに見ていきたいと思います。

まずは先日出てきた決算をざっくりと解説していきます。

京セラ 2019年Q1決算 概況

もっとみる

ダイキン工業の2019年Q1決算を読み解く~空調機器世界最大手~

今回はダイキン工業の決算をみていきます。

ダイキン工業は世界的な空調機・化学品のメーカーです。

日本でも家庭用のルームエアコンや空気清浄機などでよく知られているほか、

業務用には店舗・オフィス用のマルチエアコン、セントラル空調機器、業務用換気装置、蓄熱式空調システム

産業用には冷却器、冷凍機、フッ素化学製品などを製造販売している企業です。

空調分野における世界最大の企業であり、日本を代表

もっとみる

THKの2019年Q2決算(3~6月)を読み解く~LMガイド世界シェア1位~

今回はTHKの決算をみていきます。

THKが主力ビジネスとしているのは、LMガイドやボールねじなどの直動部品の製造と販売になります。

これらはおもに工作機械などの位置決めのために利用されるもので、同社は特にハイエンドの精密加工機分野で最大手となっています。

同社の業績は、工作機械業界の動向や、世界の生産設備への投資の体温を測るバロメーターとして非常に有効です。

今回はそういった視点も踏まえ

もっとみる