【英語/English】頻出表現/Common Use vol.102

20190625
■今日のテーマ:
-表現として「~と同様に」の接続詞を押さえよう。

*TOEIC 450~700を目指すレンジの方を対象として家庭教師を承りますので、お気軽にご相談くださいませ。

*毎日継続して英文に触れることで「語感」を養うことを目的とし、私的なメモ感覚で、毎日英文をピックアップ・紹介しています。なお、より語感を刺激し鍛えることができるように、2/19からゲーム感覚を取り入

もっとみる

娘とスタバに通った2年

今日の話は、娘とスターバックスに通って生まれた、「どうにでもなるさ、と軽く捉えたことでちょっとだけ前進した」コミュニケーション力について。

私の暮らしている地域には、10メートルおきにスターバックスがあります。あながち、うそではありません。笑

住んでいた家の近くにスターバックスができてから、土日どちらかの朝ごはんをそこで食べることが増えました。いつのまにか、私の名前も覚えてくれて、とっても行き

もっとみる

(六)支店解体

外国から日本に帰る便のスペースを貨物で埋める事を目的としたJPTの特徴は売上の割合に中国の顧客が多い事であった。中国の顧客は著しく利益率が低いが貨物量は多い。逆に日系の顧客は扱い量的には多くないが利益率が高い。よって利益のバランスとしては日中半々といった配分になっていた。

赴任して半年あまりが経つ頃、ふいに日本の協力会社の要請で手配した案件の詳細に目を通していると想定されている利益よりかなり低い

もっとみる

海外2年目で考える駐在員のメリット

台湾に駐在で住むようになってから、1年半が経ちました。
駐在当初非日常だった全ての景色は、いつの間にか当たり前になりました。

そしてふと最近思ったこと。
驚くほどあっという間に時間が過ぎている。

日本にいても、毎年「一年は早いなー」なんて考えていたけど、台湾に住んでから今まで、感覚値としては5,6ヶ月です。
全然盛っていない、本当に素直な感覚です。

こんなことを感じたきっかけで、自らの生活・

もっとみる

駐在員の妻でもない、学歴も普通、田舎育ちのド貧乏、金なしコネなしの私がなぜNYで占い師として成功できたか。

NYで好きな事を見つけて自分のビジネスで成功してます!とキラキラ輝いている憧れの女性達のバックグラウンドを聞くと大体が、駐在妻、もしくは駐在妻で元大手広告代理店、金持ちのアメリカ市民と結婚した人、米エリート大学卒でバリバリキャリアを積んで来た女性達が多い。

もっとみる

【英語/English】頻出表現/Common Use vol.101

20190614
■今日のテーマ:
-表現として「データ漏洩」を押さえよう。

*TOEIC 450~700を目指すレンジの方を対象として家庭教師を承りますので、お気軽にご相談くださいませ。

*毎日継続して英文に触れることで「語感」を養うことを目的とし、私的なメモ感覚で、毎日英文をピックアップ・紹介しています。なお、より語感を刺激し鍛えることができるように、2/19からゲーム感覚を取り入れ、空欄

もっとみる

不動産屋と最終確認の電話。鍵を渡す日時を決めたのと、防犯のためにカーテンを付けたままにする許可を得た。生協やダスキンモップなどの定期サービスも今日で全て切ったので、解約系の連絡は、あとは電気と水道の精算だけ…の筈。他、月末の粗大ゴミ集荷に向けて、ベッドを解体する機会を伺っている。

【英語/English】頻出表現/Common Use vol.100

20190613
■今日のテーマ:
-慣用句「AをBに変換/転換する」を押さえよう。

*TOEIC 450~700を目指すレンジの方を対象として家庭教師を承りますので、お気軽にご相談くださいませ。

*毎日継続して英文に触れることで「語感」を養うことを目的とし、私的なメモ感覚で、毎日英文をピックアップ・紹介しています。なお、より語感を刺激し鍛えることができるように、2/19からゲーム感覚を取り入

もっとみる

「アジアリクルートの会」というカオスながらも原点を感じる会を、上海で

上海に来ていました。
今回、アジア中から約60名の現役&元リクルート社員(通称 元リク)が集結するのだ。アジア各国各地で開催して、実はもうこれで16回目となる。

今回、僕は現役Rのベルと、中国ビジネスの長い大西さんと、共に幹事のひとりとして名を連ねていた。第11回の香港大会でも初めて幹事をしたが、その時は基本的に香港在住者と共に進めていたので、大きな負担はなかった。
でも今回は居住者が不在。そし

もっとみる

(五)中国の商習慣

中国の商習慣の特徴として賄賂はみなさんすぐ思いつくだろうが、これは中国に限った話ではなくどこにでもある。グアテマラやベトナムでもあった。日本でも、談合など間接的な形では不公平な取引はいくらでもある。ただ、中国が圧倒的に違うのはこの習慣がビジネスの根幹を成しているところだ。合理的とか非合理的を超えて普通の事なのである。中には俺はこれだけ賄賂を貰ってるんだぞ!と影響力を誇示する為に公言する人さえいた。

もっとみる