暮らしと学問 8 田植えを撮影するために立ち止まり考えてみたこと

(はじめに)暮らしを安定させる大切な要素が日々のルーティーンワークですが、時としてそれは、生活から面白味を奪うものにもなります。この矛盾を解決するために必要なことは「立ち止まる」こと、そして「考えてみる」ことだと、田圃の前で考えてみました。

暮らしの安定とその面白味のなさ

 日常生活は、同じことの繰り返しがどうしても多くなります。しかし、つつがなく同じことが繰り返されることによって、日常生活は

もっとみる

考える

みなさんこんばんは。
Takuです。

私たちは毎日何かしらの選択を迫られています。
今日のご飯は何にしようか、
テレビをみようか本を読もうか、
風呂に入ろうかYouTubeをみようか、
などなど、
このような小さい選択をするにあたっても、私たちは「考える」ことを必ずしています。

私はこの「考える」ことを極力減らすことを心掛けているといったことを以前に書きました。

では、私が全く何も考えずにた

もっとみる

暮らしと学問 7 エアコン掃除をしながら考えたこと

(はじめに)先日職場で家庭用のエアコンを清掃しました。エアコン清掃なんて業者に依頼するものと考えていましたが、自分でもできることに驚きました。私たちが「普通だよ」と思っていることって実は、自分だけがそう思っているのかも知れません。

エアコンって、自分たちで掃除できるものなんですか?

 先日、出勤すると、「ウジケさん、今月の前半でエアコンの清掃してしまうから!」という指示が上司からありまして、ち

もっとみる

音楽とは

モノゴトの本質を考える訓練をしてゆこうと思います。

今回は「音楽」についてです。 音楽、私たちになくてはならないものですね。 朝の音楽は気分を高めてくれますし、気持ちが落ち込んだときの共感、または、心を静めたいときにも活躍します。 空間を埋めるような役割もありますね。 まさに無くてはならないものです。

太古の昔から音楽はありました。 木を棒でただ叩いてリズムを作るものは、昔も今も”音楽”の基本

もっとみる

社会人3年目の終わりと平成の終わり

平成最後の夢は、彼氏と喧嘩をする夢だった
沖縄に旅行に来ているのに
泊まらずに船で帰ろうとする彼氏を
ひたすら詰るという夢だった、わらえる

前の拙い記事に20日以降たってからスキがきて
noteは面白いコミュニティだなあと思う
あんまり資本主義的ではない

ここ最近は、何がしたいんだっけなあと
絵に描いたような社会人3年目の終わりを迎えていて
消滅したくなる日々だったけど
会社に入った時も、やり

もっとみる