準決勝

番外編サッカー ルヴァンカップ

10月9日(水)1900キックオフ
ルヴァンカップ 準決勝
#川崎フロンターレ
vs
#鹿島アントラーズ
@等々力陸上競技場
入場者数 18,412人

横浜でのお仕事終わりにルヴァンカップ!
久しぶりのサッカー。

お仕事の関係で前半15分くらいで到着。
あのなんともいえない高揚感が
競技場の外まで伝わってきて
ダッシュで中に。

試合は3-1で川崎F勝利。

そして先程終わった第2戦は

もっとみる

甲子園にもっと熱狂するために「熱闘甲子園」見ようよ、って話

やあ、ぞのだよ。

夏も真っ盛りということで、体調はいかがでしょうか。

夏といえば、甲子園。高校生が炎天下で白球を追う姿は多くの人を魅了します。

そんな球児たちに焦点を当てた番組、「熱闘甲子園」をご存知でしょうか?毎試合生まれるといっても過言ではないドラマをさらに劇的に届けてくれる、朝日テレビ系列の番組です。

毎年甲子園の時期になると熱闘甲子園見たさに駆られるぞのでございます。そんな人も少な

もっとみる
励みになります!!!
1

ミトのエース ~2019夏大ベスト4~

※今回の記事は、かなり野球や漫画のマニアックな内容となっていますことを、先にお断りしておきます。漫画『ダイヤのA』を未読の方には「なんのこっちゃ」の部分も多々あると思いますので、よろしければぜひこの機会にご一読していただければ…。

1、「常総学院、敗れる~~ッ!!」

茨城県の高校野球夏大、地区予選もいよいよ大詰め。開幕前にこのような記事を書くほど、私は注目しておりました↓。

7/22(月)に

もっとみる

帝京大学ラグビー部 全国大学ラグビー選手権大会・準決勝 対東海大学

新春1月2日(日)、国立競技場で「全国大学ラグビー選手権大会・準決勝」が行われました。相手は、去年のメンバーを多く残し、関東リーグを独走状態で勝ち抜いた東海大学。前回の決勝の再現となるこの試合で、帝京は見事な勝利を飾りました。

南米選手権(1182字)

組み合わせ抽選が行われ、
日本はCグループで、
ウルグアイ、チリ、
エクアドルと同居した。
ウルグアイの本気は如何程か、
北海道地震で中止になった
チリとは此処で対戦と、
まだアジア杯は終わっちゃ
いないのだけど、頗る
夏も楽しみになった。

ベトナム戦までアジア杯全5戦1点差の辛勝と、
まあアジアは厳しいとか難しいとか戯言が
飛び交うおかしなムードが漂ってきている。
但し、敵にとっては致命的な、

もっとみる

高校ラグビー決勝の行方

桐蔭学園vs東福岡を見て

まず東福岡は、桐蔭学園にとって苦汁をなめさせられ続けた因縁の相手である。同行優勝となった松島・小倉の代が一番勝てそうであったが、あの黄金メンバーでさえ勝てなかったのである。

昨年、春の選抜で勝ったものの、GWのサニックスワールドユースでは敗北。セブンズや夏の菅平の結果はわからないが、圧倒できない相手であることに変わりない。

その因縁の相手に今日桐蔭学園が勝った。勝因

もっとみる

2020年東京五輪に向けて!アメリカ一強体制は続くのか?

アメリカの3大会連続金メダルで終えた2018年FIBA女子バスケットボールワールドカップであるが、このまま2020年東京五輪に向けてアメリカの一強体制が続くのかを考えてみたい。
結論から言うと筆者の観点では“2020年の東京五輪もそれ以降もしばらくアメリカの一強体制が続く”と考える。理由はシンプルに2つ挙げる。

1.インサイドのタレントレベル
2.世代交代の成功

である。理由を説明する前に少し

もっとみる

FIBA女子バスケットボールワールドカップ!最強アメリカの勝因と日本女子バスケ代表が2020年東京五輪での金メダルを目指すために

2018年FIBA女子バスケットボールワールドカップはアメリカの優勝にて幕を閉じた。アメリカの強さは圧倒的であり簡単にデータで示す。
・1996年のアトランタ五輪以降国際大会で100勝1敗
(1敗は12年前の2006年のワールドカップ準決勝ロシア戦)
・ワールドカップで22連勝中
・オリンピックも入れると国際試合で46連勝中
・46連勝中における相手との点差は平均で35.5点!!
とあまりにも強い

もっとみる