今夏流行中の『手足口病』って?

ヘルパンギーナや咽頭結膜熱(プール熱)を含む三大夏風邪の一つに挙げられる『手足口病』ですが、ウイルスが何種類もあるので、繰り返し発症してしまう場合があり注意が必要な感染症です。一体どんな症状があるのか、登園・登校停止期間はあるのか等をご紹介します。

手足口病の概要

潜伏期間:3~6日間
感染経路:①飛沫感染
      くしゃみや咳等がかかった場合
     ②接触感染
      唾液や鼻水

もっとみる

給食の牛乳

常識を疑う大切さに気がつかされました。昨日の読売新聞に給食の話題が載っていました。

「ご飯に牛乳は合わない」という記事です。2008年頃より、指摘されて変わり始めているそうです。

私が子どもの頃は当たり前のことでした。考えたことすらなかったと思います。

もっとも、今の給食はパンの割合が少なくなっているのも事実です。小学校の献立表を見てみると、パンは一週間に一回くらいです。

麺類の多さも目を

もっとみる

脳だまし作戦

アーユーボーワン、たけまるです。
写真はうちの冷蔵庫模様です。
中学生の男の子がいるとこれくらい平気で飲んじゃうと思いますが、
うちにはいません。
無類の牛乳好きおじさんがいるんです。
おなかポンポコリンの。

最近、やっとこせ低脂肪牛乳への変更に成功しました。
写真にある低脂肪じゃない「らくのう牛乳」はヨーグルトマシン用です。
つまり、低脂肪牛乳3本と飲むヨーグルトに変身用の牛乳が1本です。

もっとみる

乳牛のこと知らなかったよ

昨日、お義母さんが、とある牛乳会社の工場見学に行ってきた。その話によると、

・母牛は妊娠、出産すると、子牛に少しだけ初乳を与えた後、残りの乳は人間に搾乳される。

・母牛は、5回ほど人工的な受精・妊娠・出産を繰り返し、妊娠できなくなると、屠殺されて牛肉になる。

とのことだった。

ちなみにお義母さん、1歳の娘に授乳中の私の横でにこにこしながら話していたんだ。私は同じお乳を出す存在として、母牛の

もっとみる

命を繋いでいくこと

今日、私がフォローさせてもらっている酪農家の奥さんのツイートに対し、こんなコメントをしている方がいた。

この方が望む世界はどんな世界なのだろう。
きっとこれだけ酪農家に対して攻撃的なのだから、命あるものを食す文化が無くなり、畜産業が衰退した世界を望むのだろう。

私は自分が生きるために牛を飼うのであって、牛のために牛を飼っているわけではない。どこまでも自分中心だ。
美味しい餌(食いつきいいし美味

もっとみる

【イベント】アニマルウェルフェアーしあわせの牛乳トーク

フォトジャーナリスト、安田菜津紀さんのHPで、「しあわせの牛乳」という児童書の写真を担当していて、トークショーがあったので行ってきました。

なかほら牧場は、最近はグラスフェッドバターの人気で、雑誌にも掲載があったり、私も取引先から教えてもらったことのある、有名な牧場です。
ただ、この本を読むまでは、山地酪農という言葉も知らなかったし、現代の酪農の現状をきちんと理解してなかった。

アニマルウェル

もっとみる

甘えるワンちゃんと"フードアレルギー"

食べ物によるフードアレルギーで有名なのは
①小麦製品  原因はグルテン(タンパク質)  
  パン、小麦粉、揚げ物の衣、ケーキ、うどん、パスタ、カレーのルウなどいろいろ
②乳製品  原因はカゼイン(タンパク質)  
  牛乳、チーズ、ヨーグルトなど
③卵、果物、甲殻類

 海外セレブの間では、小麦抜きの「グルテンフリー・ダイエット」が大人気。
 パンに関しては
■パン食はゴハンの3倍早く老ける

もっとみる