情報の扱い方

情報を生かしていくにはどうしたらいいでしょうか?とよく聞かれます。答えは簡単で、情報を得ることにリスクを意識する。ということです

普段は学習するときとにかく無秩序に大食いするように体に入れようとしがちです。でもそれじゃ知識じゃなくてただの言葉なんですよね。だから知識というのはその「知識そのもの」についてわかっていないと、むしろ固定観念になってしまいます。だからこの情報を摂取することで自分にマイナ

もっとみる

「獲りいけ、奪われるな。」

3日連続「第三の波」について書いたけど今日で最後。

俺はこの本にかなり刺激を貰い、たくさんnoteのネタにできて良かった。笑

現代に生きる人間にとってかなり重要なポイントがたくさん書かれているからぜひ読んでもらいたい。

では、本題。

第三の波の文明にとってもっとも基本的で決して尽きることのない資源があるという。

それが、情報と想像力だ。

この2つによって今日の限りある資源に取って代わる

もっとみる

尻込みと踏み込み

おはこんばんにちは!

チャレンジした方がいいのに

チャレンジするか悩む。

人って環境の変化に敏感で
できるなら現状維持のままがいいんです。

だから新しいことに尻込みしちゃう。

私も踏み出すのが怖い時があります。

けれど、一歩踏み出すことで

見えてくる世界があります。

チャレンジしないで後悔するより

チャレンジした後で後悔する。

その方が成長につながると思います。

現状維持も戦術

むかし先生に書いたものをみせてるときに言われたことがあります。

あなたは文章をまとめてるだけで自分のエッセンスがない。

最近の本はまとめばかりなので仲間がいっぱいいますねとか気のきいたことはいえず、そのまま自分は意見がなく、新しい考えを持っていない人間だと肩を落としました。

今まで地球に生まれた人は1000億人以上いるそうです。その中で新しいことをするのって難しいですよね。

だから、流行や

もっとみる

安定している現状を思い切って手放す No.231

あなたは安定している状況を手放す勇気はありますか?

昨日は月に一度の陰陽五行論塾に参加させていただきました。
昨日も塾長から多くの学びをいただきましたが、特に心に残ったのが「安定を手放す」という話でした。

安定している状態にしがみつこうとするから不安定になり倒れるが、思い切って安定を手放し不安定なところへ飛び込むから結果として安定してくるという話でした。

にわかには信じられないような話ですが

もっとみる

07「現状維持プログラム」

人間の身体は現状維持をするようにプログラムされている。
 たとえば転んで血を出すようなケガをした瞬間、何も意識していなくても血管は収縮し、血液は凝固し、白血球が活躍して傷が修復されていく。
 空腹時には餓死をしないようお腹を鳴らして合図してくるし、夜には活動し過ぎて身体を壊さぬよう、眠気を発生させて休ませようとしてくる。
 これがあるから僕たちは今日も明日も変わらずに生きていけるとてもありがたい機

もっとみる

選択力を鈍らせる「感情バイアス」

人生は選択だらけです。

今日のお昼ご飯はなににしようか、仕事は何から始めようか、帰ったら何をしようかと、毎日様々なことを悩み、そして選択しています。

何が正しい選択か……ということは、結局選んでいない選択の結果を見ることができないのでわかりません。

ですので、いつだって正しい選択をしなければならない、と考えるのは不毛なわけですが、「後悔しない選択」をしていくことは可能です。

今回はそんな「

もっとみる

やっぱり身体からの情報って、かなり思考にも影響する。

調整の行き届いた環境であれこれと思考を働かせるだけじゃ、たどり着けないところってある。

馴れ親しんだ環境から、いつもちょっとだけハミ出し続けてみる。

それが現状を維持する最低ライン。

「どうすれば楽しくハミ出せる?」

緑の都会🌳🏙

東京駅の八重洲南口のバス乗り場の2階は、壁一面が緑化されていました🌳


地球温暖化対策だと思います🌍


異常気象を何とかしないと本当にヤバいという感覚は全員がお持ちだと思います😱


7,000,000,000人という途方もない人数を収容できる施設は地球上にないですし


カロリーベースだと全人類をまかないきれるほど食糧はありますが、残念ながら食べられる食糧が捨てられています。


飢餓
もっとみる

24歳の焦燥

ふと思いついてInstagramのストーリーに、今考えているとりとめもないことを書き殴って投稿したところ、思いがけず20人ほどから反応がきて驚いた。同じようなことで悩む同世代が多いことを知り、改めて文章にしてみようと思い立った。

それは、形のはっきりしない不安の話だ。

新卒で今の会社に入ってから、まもなく1年が経とうとしている。

つい最近まではとにかく必死だった。覚えなければならないこと、や

もっとみる