生活苦

思えば近くに来たもんだ

わたしが心折れて名前を『・』にした。

そして戻した。

でも音楽はやっぱ戻せない。新しい曲は作ってみたけど消してるのはご存じのとおり(知らない人は知っている人に聞いてみよう!知っている人が誰か知っている人は知っている人をs)

実はその時にこの方に大変にお世話になった。

ずるずるしてても申し訳ない。

誤魔化さないで箇条書きにしようと思う。簡単だし。

①症状

・薬を飲むとかなり痛みが和らぐ

もっとみる

ポジティブ思考

ロシア人の夫は、ひじょーに頭のいいひとです。

数学で強いロシアの中でも最高の理系大学の出身で
めちゃめちゃ頭いいのに、ぜんぜん偉ぶらずに優しくて、
バカなわたしにもものすごくわかりやすいように説明してくれます。

とてもとても頭がよくて、優秀なソフトウェアエンジニアの彼ですが、
言語に対して能力が割かれていないので、日本語は、それでも20うんねん前よりは上達しているものの、ビジネスで運用できるも

もっとみる

珍獣にだって笑い声は聞こえるしそれを悲しむ心くらいある

その昔手相鑑定で、この春が数年後の大きな夢(たぶん仕事のこと)へのスタート、と予言されてて楽しみにしてたんだけど、とりあえず何も始まる気配がない。このまま夏になるんじゃないだろうか…。何が始まるのか具体的なことが鑑定の段階ではわかんなかったのよ。

この春から始めるのは難しいかもしれないが、この春と言わず始めたいことはいくつかあった。でも、たぶんそれらとは違うものなのだろうな。



違うのだろ

もっとみる
ありがとうございます!毎日更新してるので明日も是非読んでくださいね。
7

医局の犬
あっちの病院いけと言われたら はい!行きます!

家族や自分のキャリア形成そっちのけで、上司の言われるままに職場を転々としていた

教授に従順な犬

医局という犬小屋で派遣病院とバイトという餌をもらいながら生活していました

犬は首輪を外します。さようなら犬小屋生活

滞納してた市民税と国民健康保険税と延滞金。総額約230万円を1年で返済した方法

「ふざけんな!2万円も毎月払えねーよ!」

市役所で、滞納している税金の支払の相談をしている時、心でそう叫びました。

相談をしたのは、ある年の1月のことでした。たぶん2012~2013年くらいだったかと思います。

あることがきっかけで相談することになったのですが、それは前年の12月の年末に起きました。

市役所から届く赤い封書の催促状を無視し続けていた僕は、全財産を預けていた銀行を差し押さえら

もっとみる

真夜中の本音。

オードリーさんのラジオを聞きながら、
こたつの中でnoteを書く。

まさにゴールデンTime( ◜ω◝ )

最近はよくYouTubeで1人暮らしをしてる
女性たちの生活ぶりを見るのがプチブーム。

生活を丁寧に自分らしい生活をしている。

いやー、みんなすごいな。

いつか前に「勝ち組、負け組」とか
「女性の品格」とか言葉あったなあ。

自分には無縁の言葉なのに頭に残ってる。

自分を諦め

もっとみる

誰の親かを問われない他人の大人が、親から子どもを分割し収奪する。--子どもの学校化について[10]--『脱学校的人間』第三章

親による子どもに対する収奪は、子どもが「親そのもの」である限りにおいては可能ではないし、成立もしない。少なくとも、その「もの」の自立性に、「親」が気がつかない限りは、できないことなのだ。では「親」は、一体どのようにして、「そのこと」に気がつくのだろうか?
 イリッチが自身の体験として、次のような印象的な話をしている。
「…私は雇い夜警人であるマルコスと、理髪店で働いている彼の十一歳になる息子のこと

もっとみる

ATMの考え

貧しい人は優しいなんて、嘘だと思います。

自分の暮らしに苦労している時に、誰が自分より裕福な人を喜ばそうと思えるでしょうか。
他人に優しくするなんてことは、自分が満ち足りていないと出来ないわけで、事実、私は苛ついている時や不満がある時は他人に優しく出来ません。精神状態ならまだしも、暮らしに苦しんでいる時に他人に優しくするなんて出来ないと思います。
豪雨の中では一つの傘には一人しか入れないように、

もっとみる