生活保護、病院受診時

あらかじめ、病院の受診時、役所の介護福祉課に行き、医療券というのを発行して貰わなくてはならない。

役所が閉まっている時間帯の時は、生活保護受給者証を提示し、自分は生活保護を受けてますという事を病院窓口に知らせる。

それにより医療券は後日発行される。

今もだけど、自分が生活保護受給者だという事を、初診の病院に知らせる時はとても恥ずかしい。

やはり、生活保護への偏見はあるので、そういう目で見ら

もっとみる

生活保護の受理

生活保護の受理は、申請してから2週間ほどで受理された。

2週間の間に、子どもが一度病院にかかった。

この受診は、旦那の社会保険から受診した。

2週間後、私は晴れて生活保護が受理され、旦那の保険証を勢いよく…。

ゴミ箱へ_(._.)_

これは、真似しないで下さい。

保険証は、離婚が決まると相手に返さなくてはなりません。

これはすみませんでした、元旦那。

実家に居ながら、生活保護

すぐに実家を出る意志、大体の新居の目星をつけているのがケースワーカーに了解されると、実家に居ながらにして生活保護を受理される。

これはかなり、稀なケースだと思う。

私の場合自前に相談員に事情を話していた事もあり、相談員が何かしら、ケースワーカーに働きかけていたのだと思う。

実家の母には、私に約3万の現物支給をしますという申立書を書いて貰った。

仕事を探すのは、旦那がまひ子の幼稚園を辞めれて

もっとみる

住まい探し

生活保護の条件で、家賃は4万円以内と定められていた。

なので、その条件にあった物件を探し始めた。

ところが不動産に行くと、この地域自体物件が非常に少なく、物件は限られていた。

小学校近くを希望していたが、小学校近くの物件はほとんど無く、値段も高めで絶望的だった。

さらに、時期的に今はあまり出入りが無く、すぐに物件を探すのは困難が予想された。

この頃から、生活保護関連で私をサポートする人=

もっとみる

生活保護申請

介護福祉課を訪れた。

私は窓口で、今の事情を職員に説明するとプライバシーの保護として別室へ通された。

実に3時間近く話しただろうか。

散々話した後なのに職員は、

「認定されるかは分かりませんが、するだけしてみますか?」

と、私に訊ねた。

引き下がるわけにはいかず、もうこれしか手段が無く、

「やってみます。」

と答えた。

今思えば、生活保護の窓口としては出来る限り保護を受ける人を減

もっとみる

ネイルに火を点けて

爪に火を点す。
そろそろ、そんな生活にシフトしていかなければ。
極端にはしない。たちまちへばってしまう。ダイエットと同じで、極端にやっているとあとで必ずバーッと衝動的に使ってしまうだろう。
吝嗇家(どケチ)にもなりたくない。
できるとこから少しずつ。

まず、煙草の本数を減らすことにした。
吸わない人々はそりゃもう100パー、おっしゃる。
「やめなよ」。
私は「そうですねえ」なんて

もっとみる

選挙いきましたか? 期日前にいった方が空いてて楽です☺️ 誰でも簡単に投票先を決められる方法をお教えします🗳

だいぶ前に、将来の人々のために選挙に行きました🗳

投票日は混むと思うので、空いているうちに済ませました。

投票いくのがめんどう

誰にも投票したくない

投票したい人がいない

政治に興味ない

政治よくわからない

わたし/おれが行ってもどうせ変わらない

選挙いっても意味ない

白紙投票という選択をしている

誰が政治家になっても国民の生活はよくならな

もっとみる
私の記事をスキしていただいたあなたに送ります。スキ!
7

風俗で生きた女とフェミニズム

「マツコが日本の風俗を紐解く」
たまたま録画フォルダを漁っていると、そんな番組があったので興味が湧いて視聴した。
かなり衝撃的な内容で、かつ非常に考えさせられる番組だった。

「風俗」というと、まあ男性がエッチなサービスをしてもらうイメージが強い。
今の風俗業界は、とても商業的だと思う。
彼女たちが働く目的は「金」だ。
正直な話、今どき職なんていくらでもある。ぶっちゃけ生活保護などもあるし。
まあ

もっとみる