生きるには、 空気と水。 それと、美味しいものがちょっと必要。 それが、僕の体と心をつくります。

英文字のないイラストだけのものをダウンロード販売しています。
もしよろしければ、こちらからどうぞ。

課金していただくとダウンロード画面になります。

※イラストはJPEGです。

もっとみる
うれしい!ありがとうございます!
11

缶コーヒーコミュニティ

今日も暑い。
用事があって、房太郎さんを訪ねた。
夏休み中の双子の孫は、バナナアイスを頬張ってセミを追っかけていた。
自宅の軒先に、陶器のテーブルとイスが置いてあって、いつもそこがコミュニティの場となっている。
そして、きまって缶コーヒーを出してくれる。
いつも同じ銘柄だったのに、今日は違う缶コーヒーを出してくれた。
銘柄は違っても、微糖や無糖ではない、ミルクたっぷりな甘いコーヒーに変わりはなかっ

もっとみる

渋谷deお国自慢 甲府市デラックス 190728

2019年7月28日(日)7:30-8:00放送

00:00 | 00:30

【番組メッセンジャー】
加賀谷はつみ(シンガーソングハイカー)
庄司明弘(番組プロデューサー)

【甲府市探検隊 番組レポート】
杉山桃子(渋谷のラジオスタッフ)

今回は、甲府市帯那の田んぼで行われた田植えレポート!
渋谷の農家・小倉崇さんが代表を務める「アーバン・ファーマーズ・クラブ」のみなさんが参加。
子供から大人まで、30〜40人が参加しました!
田植えのあとは、恵比寿新聞の高橋賢次さんが

もっとみる

【もりとう農園合同会社(農業生産法人)】新規就農者を支援するための農業機械を購入したい

皆さんは今の農業現場の実態をご存じでしょうか。

農業現場は、高齢化が進み耕作放棄地が増え、衰退が加速してきます。
日本には約137万件の生産者がいますが、大半は高齢者。
毎年40歳未満の新規就農者が1~1.5万人いますが、1/3が5年以内に離農すると言われています。
食・農業に興味がある若者は多くいますが、実際に就農しても生活が出来ないケースが多く、定着するには高い壁があります。

新規就農者の

もっとみる

あんときのデジカメ 梅雨の晴れ間の瀬戸のさぬき浜街道 with OLYMPUS SZ-10

(はじめに)先日の梅雨の晴れ間、瀬戸内海沿いのさぬき路を自転車で走ってみました。まるで夏の到来を告げているようにも見えた瀬戸内海の情景を、オリンパスのSZ-10でスケッチしてみました。

たくさんある梅雨を表す言葉

 「空梅雨」や「走り梅雨」、あるいは「荒梅雨」など梅雨を表す言葉はたくさんあるそうです。

 こうした言葉の背景には、雨をいやがらずに楽しもうという智慧や、あるいは雨露から命を授かっ

もっとみる
スキありがとうございます。
3

日記 昼寝の季節

七月一日をもって田植えを完了した。二日頃から「半夏生」であるが、それまでに田植えを了う習わしだ。なんでも、これ以後に植えても収量が少ないという。だからそれを念頭に毎年奮闘する。今年も辛々なしおえた。
 森下さん曰く、むかし百姓は半夏生から昼寝を解禁したそうだ。田植えが済み、梅雨が明けかけ、気温が高まる時節であるから、道理にかなった慣習といえよう。そうしてこの頃、この辺では「田休み」という慰労の宴会

もっとみる

【たなまち農園日誌 20190630】〜6月、のら会 お値段以上、〜

【今日の作業】
・サトイモの土寄せ
・田植え完了→片付け

今日は6月の「農を楽しむ会」

皆さんで田植えの補植をした。

参加者の方のひとり、

「田んぼからニトリが見えるのも珍しいよな。」

そう、八尋さんの畑と田んぼは、住宅地、筑紫野市のど真ん中にある。

八尋さんが農業をはじめたときは、田んぼしかなかったのだが、それから筑紫野市の市街化計画のもと、今はほぼこの住宅街には八尋さんの畑しか残っ

もっとみる
読んでくださって、ありがとうございます!
2
英語で「ありがとう」 サンキュー Thank you
13